Archive for 4月, 2015

平成27年度「せり人」登録証交付式を開催しました

木曜日, 4月 30th, 2015

髙橋中央卸売市場長から登録証の交付を受ける「せり人」新規登録者

 

平成27年4月28日火曜日に、平成27年度「せり人」登録証交付式を開催しました。

今年度、新規に登録された方は16名(水産9名、青果7名)、更新された方は65名(水産44名、青果21名)の計81名の方に登録証を交付しました。

 

新規に登録された16名は筆記試験に見事合格し、「せり人」として登録されました。更新された方たちにも口述試験が実施され、もちろん合格しています。

 
「せり人」になるには、中央卸売市場に関する法令や規程に精通しているのはもちろんのこと、生鮮食料品等に関する専門的な知識も必要となります。日頃の卸売業務経験に加え、これらの専門的な知識をフルに使って、市民のもとへ安心・安全な生鮮食料品を提供する役割を果たしているのです。

「せり人」としての宣誓

「せり人」のみなさん、これからも私たちのおいしい食卓のために頑張ってください!

ウド、どう?

火曜日, 4月 28th, 2015


青果の売り場に堂々としたウドがあったので、今日はウドのご紹介。
ウドで真っ先に浮かんだのが「ウドの大木」ということわざ。

大木と言われていますが、調べてみるとウドは木ではなく多年草の植物。

高さ2~3mまでに成長しますが、大きくなると食用にならず、草なので柔らかく、木材のようにも使えません。

そんなことから「体ばかりが大きくて役に立たない」といったことわざになったようです。
でも裏を返せば、大きくなる前の若い茎や穂先は食用として好まれているからこそ、こんなことわざが生まれたのかもしれませんね。


ウドには白いものと緑のものがあります。白いものは「軟白ウド」、緑のものは「山ウド」と言われています。光を当てずに育てたものが軟白ウドとなります(ホワイトアスパラみたいですね)。

山ウドは軟白ウドに比べ、ウド独特の香りが強いそうです。

シャキっとした食感やほのかな苦味が特徴のウド。酢味噌和えや天ぷら、きんぴらなどで春の味を楽しんでみては。
みなさまの食卓に、ウド、どう?

=TJ=

タコで乗り切れ!

月曜日, 4月 27th, 2015

今日の札幌は最高気温が25度になる予報です。4月の札幌で最高気温が25度になるのは珍しいことです。沖縄の最高気温とそれほど変わりません。

 

突然の暑さで体が疲れたり元気が出ないなど、体調を崩していませんか?

ということで、今日はタコをご紹介します。

 

 

タコには多くのタウリンが含まれています。タウリンは肝臓機能を高め、疲労回復の効果があるそうなので、タコを食べると元気になれます!
しかも元気になるだけではありません。

タコは旨味たっぷりで大変おいしいのです。どうしてそんなに旨味たっぷりかというと、魚介類には普段食べているものの旨味成分が身に移ると言われています。
タコは甲殻類や魚、貝類などを食べます。甲殻類はエビやカニ、貝類にはアワビなど、おいしいものがたくさん。そんなおいしいものを食べている(うらやましい…)ので、タコは旨味たっぷりなんですね。

さらにタコの足は八本。「八」は末広がりで縁起がいいんです。

 

旨味たっぷりのタコの頭と足

 

おいしくて元気になれるタコを食べて今日の暑さを乗り切ってみては。

末広がりでいいことあるかもしれませんよ。

 

=TJ=

母の日のプレゼントにどうぞ!

金曜日, 4月 24th, 2015

お母さんの日頃の苦労をいたわり、お母さんに感謝する日である「母の日」。

今年の母の日は5月10日の日曜日です。

 

みなさんはもう母の日のプレゼントを何にするか決めましたか?

毎年、「今年のプレゼントはどうしよう…」と悩んでいる方も多いのでは。今日はそんな方たちに特別なリンゴをご紹介します。


「カーネーション」の絵とともに「お母さんありがとう!」の文字がきれいに入っています。

作り方は…

リンゴに袋をかけて育てます。

ある程度の大きさになったところで袋を取ります。

リンゴに「カーネーション」・「お母さんありがとう」のシールを貼ります。

太陽の光でシールが貼られたところ以外がどんどん赤くなります。

きれいに色づいたところでシールを剥がしてできあがり。
かなり手間がかかっています。

生産者の方が手間を惜しまずに育ててくれたことで、こんな素敵なものができるんですね。


主にデパートなどで販売するそうなので、まだ母の日のプレゼントを決めていない方はぜひいかがでしょうか?

お母さんが喜んでくれたら、生産者の方の苦労をいたわり、生産者の方への感謝も忘れずに。

 

=TJ=

レタスいろいろ!

月曜日, 4月 20th, 2015

青果の売り場には野菜や果物のダンボールが積まれ、せりにかけられるのを待っています。

いろいろな名前が書いてあるダンボールがありますが、これらはすべてレタスです。

みなさんがよく知っているレタスは玉レタスと呼ばれるもので、そのほかには球状になっていないサニーレタスや焼肉屋さんで出てくるサンチュなどもレタスの仲間なんです。

レタスの語源はラテン語のLac、乳・牛乳などの意味から来ていると言われています。また、和名ではチシャと言いますが、これは乳草(ちちくさ)が訛ってチシャになったと言われています。これはレタスの切り口から白い乳状の液体が出てくることから名づけられたようです。

レタスの目利きのポイントですが、玉レタスは芯が10円玉くらいで変色していないもの、葉がギッシリ詰まっているよりもふんわり柔らかなほうが美味しいとのことです。サニーレタスなどは、葉の先のほうまで色がきれいで張りがあり、みずみずしいものが美味しいそうです。

芯が10円玉くらいの大きさで変色していないものがgood

色がきれいでみずみずしいものがgood

いろいろなレタスを買って食感の違いを楽しんだり、レタスごとに調理方法を変えるなどして、食卓に変化を出してみてはいかがでしょうか。

=TJ=

「サクラマス」(本マス)入荷しています

土曜日, 4月 18th, 2015

4月も中旬にさしかかり、すっかり春となりました。
当市場には、3月ごろより「サクラマス」が入荷中です。

サクラマスは主に北海道、東北地方、本州の日本海側にかけて分布しており、日本海で漁獲されるサクラマスは、「本マス」とも呼ばれます。

サクラマスの稚魚は河川で孵化します。
約1年を生まれた川で過ごした後に、海に降りて50cmから60cmに成長し、約1年後の春に産卵のため、川へ帰ってきます。

ただ、すべての個体が海に降りるのではなく、河川に残ったサクラマスも一部いて、それらはヤマメと言われ、ほとんどが雄の個体なのだそうです。
ヤマメは海から川を遡上して戻ってきた雌のサクラマスとペアリングするのだそうです。

こちらは本日入荷した、せたな産です。

せたな産サクラマス

こちらは津軽海峡産。

津軽海峡産サクラマス

卸売業者さんに聞いたところ、今年は入荷量が少ないこともあり、値段は高値傾向にあるそうです。
5月いっぱいまでは入荷があるそうですよ。

食べ方としては、バター焼き、ルイベがお勧めなのだとか。
富山県では押し寿司としても人気ですし、フライやムニエルなどにも合うようです。

春の訪れを感じさせるサクラマス。
ぜひ、ご賞味ください!

ギョウジャニンニク入荷中!

土曜日, 4月 11th, 2015

青果の売り場にはギョウジャニンニクが入荷されています!

ギョウジャニンニクにはニンニクよりも多いアリシンが含まれているそうで、このアリシンにはビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果があるそうです。ということで、ギョウジャニンニクは食べると元気になれることから、修行僧が食べると修行にならないため食べることを禁じられたという話もあるようです。

北海道ではヒトビロと呼ばれていますが、ヤマビル、ヤマニンニクなどの別名もあるようです。

卸売業者さんによると葉の開いていない状態を好む人もいれば、葉の開いている状態を好む人もいるとのことで、市場にはどちらも出荷されています。

葉の開いていない状態

葉の開いている状態

てんぷらにしてもよし、醤油漬けにしてもよし、卵とじにしてもよし。

春は入園、入学、進級、入社等で何かと忙しい時期です。

ギョウジャニンニクをモリモリ食べて、この時期を元気に乗り切ってみてはいかがでしょうか。

=TJ=

 

オホーツク海より、毛ガニ入荷中です!

木曜日, 4月 2nd, 2015

このところ、朝晩の冷え込みも和らぎ、昼間の日差しが暖かく感じられるようになった4月2日木曜日、本日は「毛ガニ」を紹介いたします。

毛ガニは、オホーツク海と太平洋側に多く分布し、水深が150mより浅く水温15℃以下の底質砂か砂泥の場所に生息します。
冬期間は流氷に埋め尽くされ、海が閉ざされていたオホーツク海でしたが、3月中旬以降は、流氷が岸を離れる「海明け」となり、「毛ガニかご漁」が解禁となりました。

解禁以降、オホーツク海側の幌延町、枝幸町、雄武町、興部町沙流などから、「毛ガニ」がこのところ多く入荷しております。

こちらは興部町沙留産。

興部町沙留産毛ガニ

写真の容器は毛ガニが4㎏程度、入っています。
何尾入っているのかが書いてあるので、1尾あたりどのくらいの重さかわかります。
例えば、こちらの雄武産は、容器に5尾入っており、重量が3.8㎏と表示されていますので、一つおよそ760g程度となります。
このところは、9尾から10尾入りのサイズが多く入荷しており、1尾がおよそ400から450gの毛ガニが多いそうです。

雄武産毛ガニ

卸売業者さんによると、4月10日ごろまでは、入荷量が多い状況が続きそうとのことですよ。

まだ流氷が去ったばかりで、海水温が低いことから、この時期の毛ガニは身がたっぷり詰まっており、ミソの味も濃くて、まさに、今が「旬」の味覚なのだそうです。
理由は、流氷が運ぶ豊富なプランクトン。
たっぷりと餌を食べた毛ガニは、風味が豊かでうまみを増しているとのこと。

「海明け」とともにオホーツク海から当市場に入荷する北海道の味覚の代表、毛ガニを味わって、春の訪れを感じてはいかがでしょうか。