Archive for 5月, 2018

報道機関の皆さまへ(「夕張メロン」初せり日時のお知らせ)

火曜日, 5月 22nd, 2018

毎年恒例の「夕張メロン」初せり日時が決まりました。

取材を希望される場合は、当ホームページのトップページ「報道機関・メディア等のみなさまへ」取材等のご案内を参照いただき、「取材・撮影等許可申請書」の用紙をダウンロードの上、記入いただき、平成30年5月25日(金)までにFAX611-3179に送信していただくか、当日管理センター1階守衛室へ提出していただきますようお願いいたします。

日時:平成30年5月26日(土) 午前7時00分~
会場(所在地):中央区北12条西20丁目 中央卸売市場 青果棟卸売場1階 B-9付近

その他:当日は管理センター1階守衛室にて「取材の腕章」を受け取り後、入場されますようお願いいたします。

また、駐車場がありませんのでタクシー等での来場をお願いいたします。(通行規制を行っておりますが、取材である旨申し出てください。)

なお、一般の方は、せり場への入場ができませんのでご了承願います。

写真は昨年のものです。

昨年のせり場の様子です。

市場で学ぶ・作る・食べる「やさい・くだもの料理教室」参加者募集!!!

火曜日, 5月 22nd, 2018

札幌市中央卸売市場 青果部運営協議会では、今年度も料理教室を開催いたします。

料理研究家から有名店のシェフまで魅力あふれる講師の先生方が、野菜・果物をもっと手軽においしく食べられるレシピをご紹介する人気のイベントです。
そして、夏休みの7月31日には「サッポロさとらんど」で芋ほり&スープカレー料理教室も開催されます。奮ってご応募ください!

写真は平成28年度のものです。

申し込みは下記の募集案内をご覧の上、希望する料理教室の締切日までに、ハガキ、メールまたはFAXにて、下記必要事項を記載してご応募ください。

今年度の募集案内はこちらです。

【必要事項】
①郵便番号、②住所、③氏名(ふりがな必須・親子の場合はお子さまの氏名も必須)、④年齢(親子の場合はお子さまの学年も必須)、⑤電話番号、⑥参加希望日、⑦駐車場の要・不要、⑧このイベント開催を知った情報源(HP・エコチル・区民センター等)

★申し込み先
【郵送】
060-0012 札幌市中央区北12条西20丁目 札幌みらい中央青果(株)内
青果部運営協議会「やさい・くだもの料理教室」事務局行
【FAX】
011-631-0023
【メール】
unei@sapporomirai.jp

・お問い合わせ先電話番号 011-641-5440
(受付時間は水・日曜日を除く9:00~12:00、13:00~16:00)
なお、電話での申し込みは受け付けていません。

メロン初入荷第2弾!「追分アサヒメロン」と「愛別メロン」です!!

火曜日, 5月 8th, 2018

5月8日、「追分アサヒメロン」と「愛別メロン」が初入荷しました。

左が追分アサヒメロン、右が愛別メロンです。

まずは、JAとまこまい広域追分支所から初入荷した「追分アサヒメロン」のご案内です。

昨年と同日の入荷で、本日は17ケース入荷しました。

産地の安平町追分の寒暖差と、適切な温度管理により、みずみずしく糖度の高いメロンが生み出されているとのことです。

続きましては、JA上川中央から初入荷した「愛別メロン」です。

昨年より6日ほど遅い入荷で、本日は6ケース入荷しました。

愛別町は北海道のほぼ中央に位置し大雪山連峰、石狩川を望み、また、きのこの生産が盛んで「きのこの里」として全国的に知られている町です。そのような恵まれた豊かな自然の中で育った「ルピアレッド」です。

試食コーナーもありました。

こちらは追分アサヒメロンです。

共にルピアレッドという品種で、果肉は濃いオレンジ色をしており、あっさりとした甘みと、とろける舌触りが好評とのことです。

こちらは愛別メロンです。

試食してみました!

共に選別されたメロンとのことだけあって、色・形も良く、甘くジューシーで、どちらもとてもおいしかったです。

常温(18℃~20℃位)にて追熟させ、底部を指で押して柔らかくスポンジのような弾力持った頃が一番おいしく食べられる時期で、食べる前に1時間~2時間ほど冷蔵庫で冷やし、果肉の温度は12℃~14℃が一番おいしく食べられるとのことです。

いよいよせりが始まりました。

こちらは追分アサヒメロンのせりの様子です。

白熱したせりの結果・・・

どちらもご祝儀価格がつきました!!

今後も、続々と道内産メロンの入荷が続きますので、どうぞご期待ください。

今年最初の道内産メロン、「びらとりメロン」が入荷しました!!

火曜日, 5月 1st, 2018

5月1日、青果部のせり場に、道内産の「びらとりメロン」が初入荷しました!

JAびらとりの「びらとりメロン」です。 昨年より1日早い入荷で、本日は5ケース入荷しました。

びらとりメロンは、JAびらとりの「ニシパの恋人」ブランドの一つで、上品で、豊かな味わいが好評です。ちなみに、ニシパとは、アイヌ語で紳士・旦那・金持ちという意味だそうです。

試食が用意されていました。色・形もよく、甘くてジューシーでした!

今年のせりの様子です。

こちらが、ご祝儀価格がついたメロンです!!

今後も道内産メロンの入荷が続きますので、どうぞご期待ください!!!

平成30年5月1日、札幌みらい中央青果株式会社が誕生しました!!

火曜日, 5月 1st, 2018

当市場の青果部卸売業者の「丸果札幌青果株式会社」と「札幌ホクレン青果株式会社」が、平成30年5月1日付けで統合し、「札幌みらい中央青果株式会社」が誕生しました。

新会社の営業開始にあたり、挨拶や、手締めが行われましたので、その模様をお伝えします。

勇﨑 恒宏会長(旧丸果札幌青果社長)からの挨拶の模様

札幌市中央卸売市場長 片貝 太からのあいさつの模様

髙橋 守社長(旧札幌ホクレン青果社長)の音頭による、当市場青果部の卸売業者伝統の「三本締め」の模様

最後に、新会長と新社長により握手が交わされました。両社のノウハウと実績を併せ、経営体質の強化を図り、より安全で安心な青果物供給の実現を目指すとのことです。

札幌みらい中央青果株式会社ロゴマークです!!

札幌みらい中央青果のロゴマークは、「懸け橋」をイメージしたパーツで構成されています。中心部は「消費者」と「生産者」が繋がり、生み出す「豊かな循環」とその先のみらいを表しています。また、その2つの接点からは、さらに新たな懸け橋が派生し、今後ますます高度化・多様化する情報・人・流通の「起点(ハブ機能)」を担い、活かし、発展させていく同社の気概が込められています。(札幌みらい中央青果株式会社HPより引用)

せりの様子(白かぶ)

威勢のよいせりで、札幌みらい中央青果としての新たなスタートが切られました!