報道機関の皆様へ(「札玉(札幌タマネギ)」初競り日時のお知らせ)

古くから栽培され、札幌で最も生産されている作物のさっぽろブランド「札玉(札幌タマネギ)」の初競り日時が決まりました。

「札玉」は、明治13年に札幌近郊の元村(現在の東区北15条から北30条、東16丁目から東22丁目辺り)で本格的に栽培が始まり、我が国のタマネギ栽培の先駆けとなったもの。札幌村郷土記念館(東区)にある札幌玉葱記念碑にも「わが国の玉葱栽培この地にはじまる」と刻まれています。

取材を希望される場合は、当ホームページのトップページ「報道機関・メディア等のみなさまへ 取材等のご案内」を参照いただき、「取材・撮影等許可申請書」の用紙をダウンロードの上、ご記入いただき、管理センター守衛室へ提出されますようお願いいたします。

日時:平成24年10月1日(月)午前6時30分頃~ (入荷状況等により時間が変更となる場合があります)

会場(所在地):中央区北12条西20丁目 中央卸売市場 青果棟卸売場1階(丸果札幌青果株式会社 野菜部卸売場 A-7付近)

その他:生産者の皆さんが来場予定です。当日は管理センター1階守衛室にて「取材・撮影等許可申請書」の提出と合わせ、「取材の名札」を受取り入場されますようお願いいたします。また、駐車場のスペースがありませんのでタクシー等での来場をお願いいたします。通行規制を行っている場所から入場できます。

写真は別産地のものです。

なお、一般の方の競り場への入場はできませんのでご了承願います。

Comments are closed.