「札幌青果卸売協同組合全体会議」でコンプライアンスの徹底について説明がありました

7月25日金曜日、札幌青果卸売協同組合の全体会議が開催されました。

これは、定期的に当市場の青果部の仲卸各社の代表が一堂に会して行う会議です。

当市場ではこれまでに、新たに立ち上げたコンプライアンス推進会議において、5回にわたり、コンプライアンスの徹底について議論を重ねてきました。
その中で市場全体としてのコンプライアンスの徹底に関する取組についてまとめられた内容が、7月31日に開催の札幌市中央卸売市場活性化ビジョン推進委員会において審議されることについて、コンプライアンス推進会議の副委員長である、札幌ホクレン青果株式会社の増田社長より説明されました。

説明の様子

続いて、事務局より、札幌青果卸売協同組合独自の取り組みとして、各組合員の従業員向け研修会の開催を検討しているとの連絡がありました。
会議の様子

このような地道な取組により、市場全体のコンプライアンスが徹底されることが期待されます。

Comments are closed.