市場へ見学に来ました(7月21日)

先週、市場へ見学にいらっしゃった小学生の皆さんをご紹介します。

7月21日には、札幌市立石山南小学校5年生の33名が市場に足を運んでくれました。

石山南小学校では、5年生になると食料の生産や流通について学習をするのだそうです。

 

引率された先生は、「農家の方が野菜や果物を収穫したり、漁師の方が魚を獲ってから、生鮮食料品としてお店に並ぶまでの過程を実際に目で見て知ってほしいです。」と、話してくれました。

 

競り場を興味深く見ています。何が行われているのかな~

 

手際よくお魚をさばいていましたよ

 

真剣に見ていた男の子は、「普段生きたお魚を見る機会があまりなくて、市場で見れるとは思っていませんでした。」と、びっくりした様子で話してくれました。

 

また、見学には青果部の仲卸業者さんも同行して、質問に答えました。

 

仲卸業者の株式会社北一藏重商店さんを見学

「青果で今一番おいしいものは何ですか?」という、児童の質問に、

「北海道産のメロン」、「北海道産のサクランボ」、「北海道産のスイカ」と、笑顔で答えていましたよ。

 

 

Comments are closed.