ピッチ、ピッチ、チップ、チップ初入荷♪

休市日明けの6月2日木曜日、支笏湖・洞爺湖の「チップ漁」解禁に伴い、支笏湖・洞爺湖産チップが初入荷しました。

03

アイヌ語では”薄い魚”を”カパッチェプ”と言うようですが、その魚を意味するチェプが訛ってチップとなったようです。

04

笹の葉がとってもステキです。

そもそもチップはヒメマスとも呼ばれ、ヒメマスは湖に残るのに対し、同じ種類のベニザケは海に降るので、呼び方が違うんだとか。

うんうん、湖で育ったからこんなにキレイな銀色の肌をしているんですね。

06

せりが始まる前からこの熱気です!

ちなみに卸売業者さんに聞いたところ、今年のチップは量も多く、魚体も大きいようですよ!

なお、昨日は休市日といって市場は休みの日なのですが、わざわざ支笏湖まで行って、チップを集めてきたとか。

そのような努力があって、今日のチップ初入荷がこれほど大いに盛り上がっているんですね!

07

こちらは何と生きています!

生きたままのチップを何十匹も運んでくるのは、たいへん手間がかかるとか。

でも、鮮度がいいので、とてもおいしいらしいですよ。

11

10度くらいの低温を好むということで、氷も入っています!(写真右)

今日のせりでは一匹何千円以上のものも!!!

さあ、せりが始まりました!

せっかくなので、動画を撮ってみました。写真をクリックしてご覧ください。

12

写真をクリックすると動画をご覧になれます。

初入荷なので、せり値もなかなかのものだったようです。

8月くらいまでの期間限定品のチップ。ぜひご賞味ください!

Comments are closed.