世界最大のかんきつ類!晩白柚(ばんぺいゆ)

この時期の果物といえば、かんきつ系。

競り場で巨大な物体を発見!!

その名も「ばんぺいゆ」!!

直径は20センチほどあります。

熊本県八代市で2005年1月に収穫された、重さ4,858g・直径26cmの晩白柚(ばんぺいゆ)が、「かんきつ類ザボン区分で重量世界一」として、ギネス世界記録に認定されているそうです。

すごいですね!!

さて、このばんぺいゆ、どのようにして頂くかというと。

とても日持ちが良いようで、まずは玄関先に置いて「香り」を楽しみ。

そして皮が柔らかくなって熟した頃に、甘みと酸味のバランスのとれたさっぱりとした実を楽しむ。

そして、皮も晩白柚漬けにしていただく(黄色い皮の下にある白い部分を甘く煮付けたもの)。

こんな2度3度と楽しめる欲張りで大きなかんきつちゃんです。

お試しあれ!!

tanu。

Comments are closed.