トピックスTopics

ブログ検索

アーカイブ

カテゴリ: ‘市場ブログ’

【お知らせ】水産物部における取引方法等の変更について(令和2年10月27日)

火曜日, 10月 27th, 2020

新型コロナウイルス感染防止に係る水産物部における取引方法等について、市内の感染状況等を踏まえて、「まぐろ」と「さんま」のせり取引を再開しておりましたが、10月31日(土)をもって取引方法の変更期間が終了することから、水産物部関係団体と協議を行った結果、下記のとおり取引方法の変更期間を延長することとしました。

1 取引方法等の変更
(1)「さんま」を相対取引に変更(現在はせり取引)
(2)「やりいか」、「はたはた」をせり取引に変更(現在は相対取引)
※上記(1)、(2)以外の品目は、現行の取引方法を継続します。
※上記(2)のせりの場所は、現在「さんま」のせりが行われているエリア

2 取引開始時間
(1)「さんま」は午前3時30分
(2)「やりいか」、「はたはた」は午前6時10分から続けて行う
※上記(2)のせり取引時間は、2品目合わせて5分以内とする。

3 取引方法等の変更期間
11月2日(月)~12月29日(火)
※今後の感染状況によっては、期間を短縮もしくは再延長する場合があります。

4 その他(詳細は下記「水産物部関係団体あて通知文」を参照)
(1)密集・密接状態を避けるため、指定された以外の者はせり開始から終了まで、せりエリア内への入場を禁止します。
(2)卸売業者、仲卸業者、売買参加者等は卸売場に入場する場合は、帽子及び標識、マスクもしくはマスクに準ずるもの(タオル等)を着用してください。
※マスクは「あご」にかけずに、必ず口を覆うように着用してください。

水産物部関係団体あて通知文(PDF:139KB)

柿が入荷しています!

火曜日, 10月 27th, 2020

10月も終盤となり、朝晩の冷え込みが強まってきた札幌市内です。
当市場の卸売場もだいぶ寒くなってきました。

そんな中、当市場では秋を代表する果実の「柿」が入荷しています!

秋の果物「柿」

さて、柿には「甘柿」と「渋柿」があることはご存知でしょうか。
農林水産省のホームページによると、柿の渋みのもとは水溶性タンニンと呼ばれる物質によるもので、渋柿の場合はこれが口の中で溶けることで渋みを感じるのだそうです。
甘柿も、幼果のときには渋みがあるものの、収穫時になるとタンニンが「水溶性」から「不溶性」へ変化することにより、渋みがなくなるのだそうです。
また、渋柿はアルコールや炭酸ガスを使って処理(渋抜きと言います)することによって、タンニンが「不溶性」に変化し、甘くなります。

日本全国でたくさんの品種の柿が生産されており、ブランド化されているものも数多くあります。 その中から、当市場に入荷しているブランド柿をご紹介します。

まずは、新潟県佐渡地区で生産されている「おけさ柿」です。 

JA羽茂のおけさ柿
JA佐渡のおけさ柿
JA越後中央のおけさ柿

JA羽茂、JA佐渡、JA越後中央からそれぞれ出荷されています。
こちらの「おけさ柿」ですが、例年は産地の皆様が来場しトップセールスを行っていますが、今年はコロナウイルスの影響により、リモートによるトップセールスが行われました!

リモートトップセールス
JA越後中央 経営管理委員会会長 髙橋 七郎様のご挨拶
JA佐渡 常務理事 松井 和幸様のご挨拶
JA羽茂 代表理事組合長 本間 晧様のご挨拶
全農新潟県本部 県本部長 安藤 稔様のご挨拶

産地関係者の方々より、ご挨拶がありました。

今年の「おけさ柿」については、夏の高温により若干の着色遅れがあったものの、台風等の被害もなかったため着果・肥大は問題なく、昨年を上回る出荷量となっているとのことです!

ところでこちらの「おけさ柿」、品種は「刀根早生」と「平核無(ひらたねなし)」という2種類があります。
本日入荷していたものは「刀根早生」、11月上旬には「平核無」が出荷ピークを迎えます。
ここで問題ですが、「刀根早生」と「平核無」は甘柿でしょうか?渋柿でしょうか?

甘柿?渋柿?

答えは「渋柿」です!
そのため、炭酸ガスやアルコールによって渋抜きをして出荷されていますので、食べる時には甘い柿となっています!
種が無く、まろやかな甘さが特徴です。

続いて、山形県で生産されている「庄内柿」です!

庄内柿①

こちらも、品種は「刀根早生」と「平核無」が中心です。

庄内柿②

箱に「産地脱渋」と書かれているため、こちらも「渋柿」です。
山形県は昼夜の寒暖差が大きいため、夜間に気温が下がると柿が旨味を蓄え、美味しさが増すそうです! とろけるような甘さと柔らかさが特徴です。

たねなし柿①
たねなし柿②

この他にも和歌山県のJA紀北かわかみからの「たねなし柿」などが入荷しています!

「柿が赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、柿には栄養素がたくさん入っています!
中でもビタミンCを多く含んでおり、その量はなんと柿1個でレモン1個とほぼ同じです!これからの時期、風邪の予防にぴったりです。
このほかにも血液をサラサラにしてくれる「ポリフェノール」、生活習慣病の予防に効果的な「βクリプトキサンチン」や「リコピン」が含まれています!

栄養素たっぷり、甘みたっぷりの「柿」のご紹介でした。
これからの時期、店頭で見かけることが多くなると思いますので、お見かけの際はぜひお試しを!

市場関係者の新型コロナウイルスの感染について

月曜日, 10月 26th, 2020

 令和2年10月25日、札幌市中央卸売市場に勤務する市場内事業者の従業員が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。
 当市場においては、マスク着用や手洗いの励行、体調チェックなど、感染防止対策を徹底しておりますので、取扱商品への影響はなく、生鮮食料品の供給体制に問題はありません。

<当該従業員の概要>
〇年代   :30代
〇性別   :男性
〇居住地  :札幌市
〇業務内容 :青果卸売業者における荷物の運搬

<対応状況等>
●当該従業員は、屋外での作業が中心で、勤務場所などの消毒作業を実施済であり、感染防止対策が適切に講じられていることから、取引業務への影響はありません。
●担当保健所に連絡し、市場内の濃厚接触者の有無については確認中です。今後、保健所の指導等により、引き続き、関係者による経過観察を行っていく予定です。
●食品を介しての感染事例は報告されていないことから、今後も、保健所ならびに関係事業者と連携を図り、感染拡大の防止に努めるとともに、引き続き必要な措置を適切に講じながら、食料品の安定供給という使命を全うできる体制を確保していきます。
※感染者及びご家族等への人権尊重、個人情報保護にご配慮をお願いいたします。
※食品そのものにより、新型コロナウイルス感染症に感染したとされる報告はありません。製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理や手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません。(農林水産省ホームページ)

卸売業者からの情報提供はこちら   

中央卸売市場構内等除排雪業務に係る一般競争入札について

土曜日, 10月 24th, 2020

令和2年10月16日付けで中央卸売市場構内等除排雪業務に係る一般競争入札の告示を行いました。

入札告示(PDF:約87KB)
入札説明書(PDF:約119KB)
除雪仕様書(PDF:約85KB)
除排雪機材仕様書(PDF:約21KB)
除雪範囲図(PDF:約184KB)
入札書(PDF:約31KB)
委任状(PDF:約23KB)
質問票(PDF:約40KB)
除雪従業員名簿(PDF:約30KB)
契約書(案)(PDF:約101KB)

お問い合わせ先
 担当:札幌市経済観光局中央卸売市場管理課事務係
 住所:札幌市中央区北12条西20丁目2-1 水産棟4階
 電話:011-611-3111 FAX:011-611-3138

「小学生親子ペア カレー&サラダ&デザート レシピコンテスト」のメニューが市役所地下食堂のフェアメニューに登場!

金曜日, 10月 2nd, 2020

先日、当市場青果部運営協議会によって開催された「札幌のカレー王は誰だ!小学生親子ペア カレー&サラダ&デザート レシピコンテスト」において、3位までに入賞したレシピから選ばれたカレー・サラダ・デザート各1品が、10月2日(金)、札幌市役所地下食堂のフェアメニューとして限定20食1日限りで登場しました!

札幌市役所地下食堂入口①
札幌市役所地下食堂入口②

札幌市役所地下食堂。
市職員はもちろん、市民の方も多く利用される食堂です!

本日のメニューは・・・
とショーケースを見ていると、ありました!

美味しそうにディスプレイされています!

このようなチラシも貼ってくださっていました!

それでは、気になるフェアメニューの内容をご紹介しましょう。

夏のスタミナキーマカレー

まずはメインのこちら。
コンテストにて見事優勝に輝いた、荒井さん親子チームが考案した「夏のスタミナキーマカレー」です!
コンテスト開催時期が8月だったこともあり、夏にぴったりなキーマカレーです。
キーマカレーの上には「アスパラ」と「ズッキーニ」が夏らしい彩りを加えます。
少し辛めの味付けですが、野菜やゆで卵と一緒に食べると丁度よい加減になり、黙々と食べてしまいました!

さっぱりきゅうりとわかめの酢のものサラダ

続きまして、サラダです。
こちらは、準優勝となった高倉さん親子チームが考案した「さっぱりきゅうりとわかめの酢のものサラダ」です!
料理名の通り、酢が効いたさっぱり風味のサラダです。
「レタス」、「きゅうり」、「わかめ」のほか、「ミニトマト」で彩りを加え、さらに「しらす」、「みょうが」、「白いりごま」も入って栄養満点です!
メインのカレーで辛味を感じた後に、この酸味のあるサラダが良く合います!

イチゴフルーチェのシャーベット

最後はこちらのデザートです。
協議会賞を受賞した伊藤さん親子チーム考案の「イチゴフルーチェのシャーベット」です!
カレーの辛味とサラダの酸味を味わった後に食べたくなるのが「甘味」ですよね。
こちらのデザートは、イチゴフルーチェをシャーベット状にしたものに、贅沢に「イチゴ」が乗っています。
フルーチェはシャーベット状になっていることですっきりとした味わいを楽しむことができました!

今回、親子レシピコンテストについては入場人数制限の関係から取材することはできませんでしたが、参加された皆様のアイデアがこうしてメニューとなりました!
入賞された皆様、おめでとうございます!また、参加された皆様もお疲れさまでした!
こちらの親子レシピコンテストは毎年実施されていますので、レシピに自信のある方や親子で料理を楽しみたい方はぜひ来年以降のご参加をお待ちしています! あなたの考案したレシピが販売メニューになるかもしれませんよ!

【お知らせ】青果部におけるせり取引方法等の変更について(令和2年10月2日)

金曜日, 10月 2nd, 2020

新型コロナウイルス感染防止に係る青果部せり取引方法等について、下記のとおり変更等を行うことといたします。

1 実施期間
  令和2年10月12日(月)より当分の間

2 せり品目追加に伴う販売開始時間と品目等

※その他、漬物野菜については、10月19日(月)頃入荷予定。入荷次第、下記のとおりせり取引を行います。

なお、卸売場に入場の際は、帽子及び標識、マスクもしくはマスクに準ずるもの(タオル等)の着用をお願いいたします。

青果部関係団体あて通知文(PDF:144KB)

水産物部卸売業者によるオンライン展示会のお知らせ!

月曜日, 9月 28th, 2020

当市場水産物部では、例年この時期には卸売業者さんによる年末向けの商品展示会が行われています。
しかし、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、実際に商品を展示しての展示会は中止となってしまいました。

そこで、今年は両卸売業者さんが工夫を凝らしたオンラインによる展示会を開催することとなりました!
それぞれ違った楽しみ方ができますので、ご紹介します。

◎曲〆髙橋水産株式会社 「カネシメEXPO2020」
(外部リンク:https://kaneshime-expo.com/

クリックで詳細表示(PDF:861KB)

まずは曲〆髙橋水産株式会社の「カネシメEXPO2020」です。
例年会場で行われている年末商材の展示会をそのままオンラインで楽しむことができます!
また、今年は一般のお客様にも楽しんでいただけるよう、「いちヴァーチャルVR360°」や「おウチで卸売市場」を実施しています。
普段入ることのできない卸売場の様子をパソコン等から散策することができたり、選りすぐりの魚介のセット商品や年末に向けたおせちなどもインターネットで購入することができます!
商品の内容から市場の雰囲気まで味わうことのできる内容となっていますのでぜひご覧ください!

◎丸水札幌中央水産株式会社 「新しい展示会(YouTubeによる展示会)」

(外部リンクhttps://www.youtube.com/playlistlist=PL723PPV2TRXT7L8ud7JRuC2EOTJe0rLTP

クリックで詳細表示(PDF:572KB)

続きまして、丸水札幌中央水産株式会社の「新しい展示会」です。
こちらは、動画閲覧サイト「YouTube」を用いた展示会です。
丸水札幌中央水産株式会社の公式YouTubeチャンネルにおいて、YouTuberのお二人と個性溢れる各メーカー担当者さんによる年末に向けたイチオシ商品を紹介しています!
商品カテゴリごとに複数の動画に分かれており、また動画の概要欄から各メーカーの紹介部分に飛ぶことができるので、全ての動画を視聴するも良し、お目当ての商材・メーカーの動画を視聴するも良しの内容となっています!
こちらも、一般のお客様も閲覧することが可能ですので、ぜひどのような商品が販売されているのかチェックしてみてください!

新型コロナウイルスの影響によりさまざまなイベントが開催中止を余儀なくされている中、当市場の卸売業者さんは「市場の流通を止めてはならない」という思いで、さまざまな工夫を凝らした企画を行っています。
今回紹介した展示会は、市場での取引を行っている業者の方はもちろん、普段はなかなか足を運ぶことのない一般のお客様も中央卸売市場を身近に感じることができる内容となっていますので、ぜひご覧いただければと思います!

「市場のおすすめ!魚 野菜 果物食育セミナー」が開催されました!

火曜日, 9月 15th, 2020

9月15日(火)、当市場の青果部運営協議会と水産協議会が主催する「市場のおすすめ!魚 野菜 果物食育セミナー」が、札幌エルプラザにて開催されました!

クリックで拡大(PDF:423KB)

セミナー会場では、十分な換気や健康状態チェック表の記載、入場時の検温を行い、新型コロナウイルス感染対策を講じて行われました。

セミナーの開催に先立ち、青果部運営協議会 星田消費対策委員長及び水産協議会 広瀬魚食普及委員長からご挨拶がありました。

青果部運営協議会 星田消費対策委員長のご挨拶
水産協議会 広瀬魚食普及委員長のご挨拶

こちらの食育セミナー、新型コロナウイルス禍の中ですが、約600名の方の応募がありました!すごい人気ですね!
今回は、その中から抽選で選ばれた約50名の方を対象に行われました。 プログラムは以下のとおりです。

クリックで拡大(PDF:349KB)

さて、今回も講師を務めていただいたのは、野菜ソムリエプロ&ハーブインストラクターの大澄かほる先生です!

大澄かほる先生

魚や野菜に関するものすごくためになるお話を、わかりやすい資料とともに説明していただきました。

豪華景品の数々!

また、こちらの豪華景品が当たる「おたのしみクイズ」も開催され、会場は盛り上がりました!

ほうれん草1束何gかお分かりですか?

中でも、「スタッフの方が持っている野菜の重量はいくらでしょう?」という問題は、筆者は全く見当がつきませんでした。。。
ピタリ賞は出なかったものの、なんと10g差のニアピン賞を出している方がいました!すごいです!

セミナーの後は、お待ちかねのミニ試食会です。

右上から時計回りに、「焼茸のマリネ」、「鮭と長いものフィッシュ&チップス&トマトソース」、「リンゴのコンポート甘酒風味」

今回は、「焼茸のマリネ」、「リンゴのコンポート甘酒風味」、「鮭と長いものフィッシュ&チップス&トマトソース」が提供されました!

「焼茸のマリネ」は、茸の風味を残しつつ、マリネの酸味も効いており、ほどよいバランスで美味しかったです!
「リンゴのコンポート甘酒風味」は、甘酒を使用することによって、コンポート自体の甘さは控えられているのだそうです。甘酒とリンゴの風味が意外とマッチしていました!
「鮭と長いものフィッシュ&チップス&トマトソース」は、あえてタルタルソースではなく、ケチャップを使ったトマトソースでしたが、これがまた非常に合います!ピリ辛風味だったのですが、辛さの正体は豆板醤なのだそう。オリーブオイルやバジルを混ぜ合わせることで、中華っぽくなくイタリアン風に仕上がるのだそうです。ビールとともに食べたい一品です。
レシピを掲載いたしますので、ぜひ作ってみてください!

クリックで拡大(PDF:約1MB)

最後に、協賛各社から提供いただいた協賛品のお土産をいただいて、セミナーは終了となります。

こちらの食育セミナー、今年度は10/16(金)、10/30(金)にも開催予定とのことです!
残念ながら、すでに申込は締め切られていますので気になる方はまた来年度の開催案内をお待ちください!

今年も秋鮭が入荷しています!

木曜日, 9月 3rd, 2020

まだまだ残暑は続いていますが、9月に入り当市場では秋物の入荷が始まっています!
水産物部では、定置網漁の解禁に伴い、9月1日(火)より秋鮭が入荷しています!

鱗が輝いています

1日の初入荷は、十勝の大樹漁港にて水揚げされた秋鮭でした!

ブランド鮭「銀聖」の堂々たるご尊顔

また、9月3日(木)には日高沖で獲れたブランド鮭「銀聖」が入荷しました!
日高沖産であり、原漁の鮮度を維持したもので、重量が3.5kg以上であるなど、厳格な基準をクリアしたものだけが「銀聖」を冠することができるのだそうです。

秋鮭は、オスとメスに分けて卸売されます。 また、若干メスの方が高値で取引されます。なぜなら、産卵を控えた秋鮭のメスにはたくさんの筋子が入っているからなのです!

オス

こちらがオスの鮭。

メス

こちらがメスの鮭。素人にはぱっと見で違いがわかりません・・・。

卸売場にはずらりと秋鮭の入った発砲箱が並びました!

入札中

現在、当市場では「サケ」は入札取引が行われています。
開札時間までに、仲卸業者さんたちはサケの産地や状態などを見て、スマートフォンなどで電子入札を行います。

開札後

午前5時45分、電鈴が鳴り開札時間となります。
落札者の番号が書かれた紙を卸売業者さんが貼っていき、仲卸業者さんがそれを確認します。
「うわ~ダメだった!」、「いくらで落とした?」などと盛り上がります。

ところで、先ほどから「秋鮭」と記載していますが、「秋鮭」というのはサケの正式な種類ではありません。正確には、「白鮭」です。

そもそも、サケにはたくさん種類があるのですが、いくつご存知でしょうか?
白鮭、紅鮭、銀鮭、アトランティックサーモン、トラウトサーモン・・・
このあたりは聞いたことがあるでしょうか。
意外と知られていない事実ですが、これらのうち日本近海で獲れるのはほぼ「白鮭」だけなのだそうです!
また、この「白鮭」は獲れる季節によってその呼び名が変わります。
産卵のために川に遡上する前の9月ごろから獲れるものを「秋鮭」や「秋味」、春~初夏に獲れる脂の乗ったものを「時しらず」や「時鮭」と呼びます。
普段何気なく食べている食材も、いろいろ調べてみると意外な事実に気づくこともあります。

これから旬を迎える「秋鮭」ですが、塩焼き、ちゃんちゃん焼き、ムニエルやフライなど様々な料理で楽しむことができますので是非ご賞味ください!

「サンマ」のせりが再開しました!

月曜日, 8月 31st, 2020

水産物部では、新型コロナウイルスの影響により取引方法を変更(せり取引から入札又は相対取引に変更)しておりましたが、本日(8月31日(月))より、「サンマ」についてせり取引を再開することといたしました。

カラーコーンでせりエリアを確保し、せりエリアに入ることのできる者を制限して行われました。
また、せり人はマスク及びフェイスシールドを着用するなど、十分な感染症対策を講じて行われました。

こちらは、曲〆髙橋水産株式会社のせりの様子です。

こちらは、丸水札幌中央水産株式会社のせりの様子です。

本日せりにかけられたのは両社あわせて29山54箱でした。
両社とも、せり人が威勢の良い掛け声で久しぶりのせりを盛り上げました!

現在、水産物部では「本まぐろ」と「サンマ」のせりを再開しています。
今後も、新型コロナウイルスの感染状況等を注視しながら取引方法を検討していきます。