カテゴリ: ‘市場ブログ’

冬季アジア札幌大会ボランティア「スマイル・サポーターズ」を激励しました!

火曜日, 2月 21st, 2017

2月19日から、ついに冬季アジア札幌大会が開幕し、熱い戦いが始まりました!

 

その大会ボランティア「スマイル・サポーターズ」の皆さんを激励するため、

秋元市長と当市場 青果部運営協議会 勇﨑会長が月寒体育館を訪問しました!

 

大会マスコット「エゾモン」の雪像が見守る中、

秋元市長から激励の言葉が贈られました。

続いて、勇﨑会長より差し入れのバナナが贈呈されました。

記念撮影

最後はバナナを持って、記念撮影!

大会は26日、日曜日まで続きます。寒い中での活動が続きますので、体調に気を付けて、さわやかな笑顔で選手の皆さんへのおもてなしをよろしくお願いします!

さっぽろ食の安全・安心推進協定

金曜日, 2月 17th, 2017

札幌市では、市民・事業者・札幌市の3者が連携・協働して、食の安全・安心の確保に向けて取り組む「安全・安心な食のまち・さっぽろ」を目指して、さまざまな施策を進めています。

札幌市中央卸売市場では、食の安全の確保と消費者との信頼関係の向上を図るため、札幌市と関係事業者(卸売業者、仲卸業者、小売組合及び買出人)との間で「さっぽろ食の安全・安心推進協定」を締結し、協働・連携して、食の安全・安心についての取組を行っています。

協定を締結している事業者は以下のとおりです。
なお、クリックすると各事業者の取組を紹介する札幌市保健所のページに移動します。

【水産物部卸売業者】
曲〆髙橋水産株式会社
丸水札幌中央水産株式会社

【青果部卸売業者】
丸果札幌青果株式会社
札幌ホクレン青果株式会社

【水産物部仲卸業者】
安彦水産株式会社 株式会社サカイ 岡部水産株式会社 大舘水産株式会社
河上水産株式会社 上山水産株式会社 共同水産株式会社 近藤水産株式会社
坂水産株式会社 株式会社イチマル渋谷 株式会社中西商店 中津川水産株式会社
西沢株式会社 株式会社本間水産 本田水産株式会社 大幸水産株式会社
株式会社やまた水産 株式会社一ウ 兼長水産株式会社 丸井水産株式会社
株式会社福田商店 株式会社平田商店 株式会社宮本商店 星野水産株式会社
加藤水産株式会社 まるみ水産株式会社 大協水産株式会社
札幌シーフーズ株式会社

【青果部仲卸業者】
株式会社十丸中川青果 株式会社森哲 株式会社双葉屋 有限会社菅井商店
株式会社石田商店 丸共農産商事株式会社 株式会社本間商店 株式会社池広
株式会社岩崎商店 株式会社上野商店 小野青果株式会社 株式会社北一蔵重商店
株式会社葛西 有限会社南部商店 有限会社増井商店 株式会社森下商店
丸ト青果株式会社 株式会社滑川商店 株式会社神田芳雄商店 株式会社小樽屋
有限会社木内商店 株式会社大谷商店 株式会社辻商店 米内青果株式会社
株式会社本田誠一商店 株式会社伊藤法夫商店

【小売組合】
-水産物部-
札幌水産物商業協同組合 道央水産物商業協同組合
【組合加入店舗】
田中水産株式会社札幌センター 有限会社珍味センター佐々木水産
株式会社すし善 株式会社本間鮮魚店 株式会社山光水産 株式会社東鱗水産
株式会社岩瀬谷商店 株式会社丸一長谷川昇商店 松澤商店 株式会社宮田商店
安田鮮魚店 株式会社ラルズ 有限会社マルキン北海 有限会社カネダイ
光水産株式会社 株式会社やまき木村 株式会社鮮魚かなざわ 宮本水産
株式会社共栄水産 株式会社札幌多田水産 田嶋商店 有限会社千葉水産
有限会社藤富数藤商店 株式会社エスワイエスウイング

-青果部-
札幌青果物商業協同組合 道央青果協同組合 札幌中央青果協同組合
【組合加入店舗】
有限会社岡部商店 有限会社杉原商店 株式会社瀬戸商店

 

ホームページの一時停止のお知らせ

金曜日, 2月 10th, 2017

メンテナンスのため、下記の日時は札幌市中央卸売市場のホームページをご覧いただけません。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【停止日時】
平成29年2月10日(金曜日)17時30分から19時30分まで

しもつ蔵出しみかんキャンペーンが開催されましたブン!!!

水曜日, 2月 8th, 2017

さて、昨年11月に和歌山県から「ありだみかんキャンペーン隊」が来場されたのは、記憶に新しいことと思いますが、今回はその和歌山県から「しもつ蔵出しみかんキャンペーン隊」が来場されました。

02

キャンペーン隊の皆さんが着ているのは、平安衣装だそうです。

関西の市場では、年内は「ありだみかん」、年明けは「しもつ蔵出しみかん」と言われるほど人気のあるみかんです。

そして、キャンペーン隊の皆さんは毎年この時期に、京都から札幌までキャンペーン活動を行います。

04

試食にはたくさんの人々が集まりました。

「蔵出しみかん」と言えば、この市場ブログをご覧の皆さんはもうご存じかと思いますが、年末に細心の注意を払って収穫したみかんを、木造土壁の貯蔵庫で、「糖度」と「酸味」のバランスが良くなるまで貯蔵し、年明け以降の食味が向上した頃に一つ一つ厳選して出荷されるみかんです。蔵で貯蔵することにより、酸味が適度に抜けるらしいですよ。

試食した皆さんも「深イイ味!」、「うま味が出てるね~」など賞賛の声ばかり!

そして、皆さんにおなじみのこの方も来場されました。

06

「紀伊国屋ぶんちゃん」だブン!

JAながみねのイメージキャラクターとして、もう5年以上活躍されている「紀伊国屋ぶんちゃん」です!

以前に当市場に来場された時には、市場の搬送用の乗り物である「ターレ」に試乗したり、せり台に上がったりとちょっぴりやんちゃ?な「紀伊国屋ぶんちゃん」です。

ぜひ、皆さんも「紀伊国屋ぶんちゃん」のブログやツイッターをご覧ください。ブンブン、ブンブン言っていますよ(笑)

01

JAながみねの皆さんからあいさつがありました。「ぶんちゃん」目立ちますね~。

さて、今年の「しもつ蔵出しみかん」の出来を関係者の方に聞いてみました。

すると、今年は干ばつや秋の雨が多く、栽培は難しかったそうですが、生産者の皆さんの努力が実り、例年通りの甘くておいしいみかんになったとのこと。

今年も「しもつ蔵出しみかん」を楽しめそうですね!

05

いわば、「みかんの芸術品」

安全・安心を基本に、幅広い分野で優れた県産品を“和歌山らしさ”、“和歌山ならでは”の視点で推奨する「プレミア和歌山」にも選定された「しもつ蔵出しみかん」!

新鮮さを売りにする青果物が多い中、蔵の中で熟成させるという、まさに”プレミア”な存在です。

皆さんもぜひご賞味ください!!!

いい予感! 愛媛いよかんキャンペーン開催!!!

土曜日, 2月 4th, 2017
06

今年も可愛らしい愛媛いよかん大使が来てくれました!

いよかん大使は1月30日から2月6日まで、大阪、神戸、東京、札幌の各都市を巡り、市役所や市場への訪問、デパートや量販店での宣伝販売を行っています。

05

場内の小売業者さんなどに、キャンペーングッズを配布していました。

もともとは「愛媛みかん大使」に選出された4名が、この時期は愛媛いよかん大使として活動するそうです。

何でもみかん大使の活動は、今年で58回目となり、とても歴史のあるものとなっています。

ちなみに、本年度のみかん大使には93名の応募があったようですが、そのうち2名は男性だったそうです。

本当に愛媛の方はみかんが大好きなんですね(笑)

01

愛媛県には愛がある! ステキなフレーズですよね!!!

さて、当市場にももちろん入荷のあるいよかんですが、今年の出来を関係者の方に聞いてみました。

すると、いよかんの生育期である昨年の秋頃は、温度が高く、雨も多かったため、とても条件が良かったようです。

そのため、酸味と甘さのバランスのとれた、食べやすい味に仕上がっているようですよ!

04

「伊予柑神社」の宮司さんのイラストがカワイイですね!

ホームページで調べてみると、「いい予感」にかけて、受験シーズンに合格祈願で配布されることもあるとか。

皆さんもいよかんを食べて、いい予感に浸ってみてはいかがでしょうか?

16

最後に、丸果札幌青果の勇﨑社長(写真左)、札幌ホクレン青果の髙橋社長(写真右)がいよかん大使からいよかんの贈呈を受けました。

いよかん大使の皆さん、本当にお疲れ様でした!

報道機関の皆さまへ(しもつ蔵出しみかんキャンペーンの開催日時のお知らせ)

金曜日, 2月 3rd, 2017

しもつ蔵出しみかんキャンペーンを開催します。

    1. 日時
      平成29年2月8日水曜日 午前7時30分
    2. 会場
      札幌市中央区北12条西20丁目 札幌市中央卸売市場青果棟1階卸売場(B-10付近)
    3. その他
      一般の方は競り場への入場はできません。
      報道関係者の方は、当日、管理センター1階守衛室にて「取材・撮影等許可申請書」の提出と合わせ、「取材の名札」を受け取り入場してください。
      駐車スペースがありませんので、タクシー等で来場してください。通行規制を行っている場所から入場できます。

07

10

写真は昨年のものです

報道機関の皆さまへ(愛媛いよかんキャンペーン開催日時のお知らせ)

火曜日, 1月 31st, 2017

愛媛いよかんキャンペーンを開催します。

  1. 日時
    平成29年2月4日土曜日
    キャンペーン:午前7時10分
    挨拶:午前7時30分(丸果札幌青果㈱)、午前7時35分(札幌ホクレン青果㈱)
    せり開始:挨拶終了後
  2. 会場
    札幌市中央区北12条西20丁目 札幌市中央卸売市場青果棟1階卸売場(B-10付近)
  3. その他
    一般の方は競り場への入場はできません。
    報道関係者の方は、当日、管理センター1階守衛室にて「取材・撮影等許可申請書」の提出と合わせ、「取材の名札」を受け取り入場してください。
    駐車スペースがありませんので、タクシー等で来場してください。通行規制を行っている場所から入場できます。

iyokan2

iyokan1

写真は昨年のものです

宮城県青果物「札幌市場試食PR」が開催されました!!!

金曜日, 1月 27th, 2017

1月27日、当市場の青果部せり場は、いつになく盛り上がっています!

IMG_3926

それは、なぜかと言いますと・・・、

宮城県、JA全農みやぎ、宮城県園芸作物ブランド化推進協議会の共催で、宮城県青果物「札幌市場試食PR」が開催されたからです。

0102

宮城県の秋冬野菜は、近年札幌圏域での人気が高まっており、札幌市内店舗で試食販売会を行うことで、葉物類の販売促進を図っているとのこと。

昨年に引き続き、当市場でも試食販売会が行われました。

ちなみに、写真左のハッピに描かれている「サイボーグ009」は、宮城県登米市出身の漫画家である石ノ森章太郎さんの代表作です!

06

まずは、産地代表者様のごあいさつがありました。

皆さまの宮城県産野菜に懸ける熱い想いが伝わってきました。

さて、試食タイムです。試食のスープもアツアツでしたよ!

03

まずは、「ちぢみゆき菜」と「曲がりねぎ」が入ったスープ。

「ちぢみゆき菜」と「曲がりねぎ」のダシが濃い~~です!

そして、この二つの具の歯ごたえも最高ですね。

05

みんな、野菜スープでホッカホカです!すごい熱気!!!

ちなみに、「曲がりねぎ」はなぜ曲がっているのか、ご存じですか?

かいつまんで言いますと、ねぎがある程度まで育ったら、ねぎを寝かせ、土を盛るということ。

そうすると、ねぎは寝たままではなく、太陽に向かって育とうとするので、曲がって育ちます。

この曲がった部分にストレスがかかり、甘く、歯ごたえも柔らかくなるということ。不思議ですよね~。

04

次が「ちぢみほうれんそう」のおひたしです。

先ほども出てきた”ちぢみ”。私も今日その意味を知りました(汗)

卸売業者さんによると、”寒締め”という栽培方法と関係しているとか。

08

こちらは「旬太」くん! テンションがとても高いです(笑)

冬に出回る多くのほうれんそうは、トンネル栽培といって、低温から守る栽培方法が多いのですが、”寒締め”栽培は、冬の寒さや霜にあえて触れさせるということ。

そうすると、ほうれんそうは寒さから身を守るため、葉の面積をちぢめて肉厚になり、凍結を防ぐため、水分を減らして糖度を蓄えるのだそうです。

すると、糖度は10度以上と果実並みの高さになることもあるとか。

この甘さは、ほうれんそうが苦手な子どもたちも全然食べられるかもしません!?

09

最後は「仙台いちご」です。

言わずと知れた、「もういっこ」や「とちおとめ」が有名ですよね。

試食した小売業者さんも、「こりゃあ、バッチリだ!」などとても満足した様子でした。

10

テレビ局の取材の方も見えていて、このPRは大成功といったところですね。

本日1月27日は、イオン桑園店、コープさっぽろ/LUCY(ルーシー)で、夜6時まで試食PRを行っているようです。

もし、このブログを見た方はぜひ行ってみてください。

宮城県の底力を体験できるに違いありません!!!

ノロウイルス感染予防対策講習会を開催しました

火曜日, 1月 24th, 2017

札幌市内の医療機関から報告される「感染性胃腸炎」の患者数が急増し、ノロウイルスによる食中毒の発生が危惧される状況となっていることを受けて、札幌市では、平成28年11月25日から平成29年3月31日までの間、「ノロウイルス食中毒注意報」が発令されています。

さらに、ノロウイルスによる食中毒が1週間以内に2件発生するなど、さらなる注意喚起が必要な事態が生じたため、平成28年12月27日から平成29年1月9日まで、平成25年度に制度を設けて以来、初めて「ノロウイルス食中毒警報」が発令されました。

このことを受けて、本日1月24日火曜日、当市場において、ノロウイルス感染症や食中毒の予防対策のため、「ノロウイルス感染予防対策講習会」を開催しました。

はじめに、ノロウイルスへの感染予防対策について、当市場の大上管理課長から講義をしていただきました。

講義の様子1

ノロウイルス感染予防対策の必要性と感染者が出た場合の具体的な対処方法、現在実施している対策の内容について説明がありました。

 

次に、保健所食の安全推進課の河波広域食品対策担当課長より、「ノロウイルスから中央卸売市場を守りましょう」という演題で講義をしていただきました。

講義の様子2

ノロウイルスについてわかりやすく書かれたパンフレットにより、ノロウイルスの特徴や、感染してから回復するまでの流れと注意点について説明がありました。

ノロウイルスの予防のポイントとして、手洗いの重要性があげられるのですが、インフルエンザが流行すると、一般的に手洗いを多くするようになるため、結果的にノロウイルスの食中毒が減少するとの話もありました。

それから、過去の食中毒や感染症の実例として、おう吐物等の処理をした際に消毒が不十分だと、ウイルスが乾燥して空中に漂い、感染症を発生させてしまうこともあるため、消毒を適切に行うことが重要であること。

また、感染症の予防対策は、無理なくできる内容を各社で考え、感染者が発生した場合の連絡報告体制を整備し対策を実施していただきたいとの話がありました。

 

講習会は、本日午前の部、午後の部と二回開催し、合計138名の市場関係者が受講されました。

受講者の様子

当市場全体で、今回の講習会を生かして、感染予防対策を徹底していきたいと思います。

旬のニシン入荷しています!

月曜日, 1月 23rd, 2017

1月23日の札幌は、冷え込みが厳しい上に、昨日から降った雪が多く積もりました。

そんな中、当市場の水産棟には春を告げる魚、「ニシン」が入荷しています。

日本の各地で「春告魚(はるつげうお)」と呼ばれている魚の種類は、地域によって異なるそうですが、ニシンは、産卵期の春に多く漁獲されることから、北海道で「春告魚」と呼ばれています。

こちらは、本日入荷していた浜中産のニシン。

浜中産ニシン

こちらは石狩産(オス)です。

石狩産ニシン

先日、私も近所で売っていたニシンの刺身を買って食べましたが、脂がのっていてとってもおいしかったですよ!

薬味にショウガとねぎを添えると、さらに味が引き立ちますね。

ご飯のお供にも、お酒にもぴったりです!

 

入荷のピークは2月なのだそうですよ。

他にも塩焼や煮付けなど、家庭で簡単に、おいしくいただけます。

ぜひ、ご賞味ください!