トピックスTopics

ブログ検索

アーカイブ

カテゴリ: ‘市場イベント情報’

「市場のおすすめ!魚・野菜・果物 食育セミナー」開催のお知らせ

火曜日, 5月 17th, 2022

札幌中央卸売市場の青果部運営協議会及び水産協議会の主催による「食育セミナー」が開催されます。

「Power of 魚! Power of 野菜! 食べて健康」をテーマに、野菜ソムリエプロ&ハーブインストラクターの大澄かほるさんが、「魚と野菜の魅力」をたっぷりご紹介します。
魚や野菜がどんどん好きになるレシピの公開やミニ試食会の実施、さらにはうれしいお土産も予定しています。
また、第2回開催分(令和4年7日15日(金)開催)では「じゃがいも収穫体験つき」となっています。
参加費は無料ですので、皆様お気軽にご参加ください。

【日時】
第1回 令和4年6月18日(土)10時30分 開始予定
第2回 令和4年7月15日(金)10時30分 開始予定

【会場】
第1回 かでる2・7
第2回 サッポロさとらんど交流館大ホール(予定)
    ※じゃがいも収穫体験つき

【定員】
各80名

【参加費】
無料

【申し込み方法】
お申し込みは食育セミナー案内チラシをご覧のうえ、当該チラシに記載のQRコードからお申し込みいただくか、ハガキまたはFAXに下記の必要事項を記載のうえ、お申し込みください。

【必要事項】
①郵便番号・住所、②お名前、③年齢、④電話番号、⑤お申し込み人数、⑥参加希望日時

★申し込み先
【QRコード】
食育セミナー案内チラシの下部に記載のQRコードから申し込み
(リンク先:外部サイト「アサヒファミリークラブ事務局ホームページ」の食育セミナー申し込みページ)
【ハガキによる郵送】
〒060-0001 札幌市中央区北1条西1丁目 さっぽろ創世スクエア9階
(株)朝日サービス「魚 野菜 果物 食育セミナー係」
【FAX】
011-222-4873

★お問い合わせ先
(株)朝日サービス(TEL 011-231-1254)

2022 市場で学ぶ!作る!食べる!「やさい・くだもの料理教室」の参加者募集

木曜日, 5月 12th, 2022

札幌市中央卸売市場 青果部運営協議会の主催にて、料理教室を開催いたします。

和食・洋食・中華など、多岐にわたる料理の専門家を講師としてお招きし、野菜や果物を活用して、家庭でも手軽においしく食べられる調理法をご紹介する料理教室イベントです。お子さまと一緒に楽しく参加できる親子料理教室や、参加費が無料の教室もあります。
※新型コロナウイルス感染症予防のため、定員を抑えて募集しておりますが、今後の新型コロナウイルス等の影響により各料理教室が急遽中止または延期となる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
※6月4日(土)の教室のみ、会場は「サッポロさとらんど」となります。

お申し込みは募集案内パンフレットをご覧のうえ、希望する料理教室の各締切日までに、下記の青果部運営協議会ホームページの申し込みページからお申込みいただくか、ハガキ、メールまたはFAXに下記の必要事項を記載のうえ、お申込みください。
※9月および10月に実施する料理教室は、7月11日(月)から申し込み受付開始予定

【必要事項】
①郵便番号、②住所、③氏名(ふりがな必須・親子の場合はお子さまの氏名も必須)、④年齢(親子の場合はお子さまの学年も必須)、⑤電話番号、⑥参加希望日、⑦駐車場の要・不要、⑧このイベント開催を知った情報源(HP・エコチル・区民センター等)

★申し込み先
【WEB】
青果部運営協議会ホームページ の
「2022 やさい・くだもの料理教室について」
(外部サイト:青果部運営協議会ホームページへリンク)
【ハガキのよる郵送】
〒060-0012 札幌市中央区北12条西20丁目 札幌みらい中央青果(株)内
青果部運営協議会「やさい・くだもの料理教室」事務局行
【メール】
cooking@seikabu.com
【FAX】
011-631-0023

★お問い合わせ先
青果部運営協議会(TEL 011-641-5440)
(受付時間は水・日曜日を除く9:00~12:00、13:00~16:00)
なお、電話でのお申し込みは受け付けておりません。

「ヘルシーで美味しいお魚キャンペーン」のお知らせ!!(2月19日~3月6日)

月曜日, 2月 14th, 2022

札幌市中央卸売市場水産協議会が、2月19日(土)から3月6日(日)までの期間で、『「1,000円分のお魚お買い物券が当たる!!「ヘルシーで美味しいお魚キャンペーン」』を実施します。

■実施内容
 キャンペーン参加店で1,000円(税込み)以上お買上げのお客様を対象に、スピードくじを引いていただきます。「当り」が出たら、その場でお魚お買い物券をプレゼントいたします。

■実施期間
 令和4年2月19日土曜日~3月6日日曜日
 ※スピードくじが無くなり次第終了いたします。

■キャンペーン参加店
 こちら(PDF:165KB)に一覧を掲載しましたので、お近くの参加店をご確認ください。

■お問い合わせ先
 札幌市中央卸売市場水産協議会 電話:011-611-3272

八百屋さんに行こう!!「初売キャンペーン」のお知らせ!!!(1月11日~1月24日)

木曜日, 1月 6th, 2022

当市場青果部運営協議会が、1月11日(火)から1月24日(月)までの期間で、野菜や果物を、普段の食生活にもっと取り入れていただくために、抽選で最高3,000円分のお買物券等が当たる「初売キャンペーン」を実施します!

◆キャンペーン応募の流れ
キャンペーン参加店で税込500円以上お買物をされたお客様は、スマホなどの携帯端末からチラシに記載のQRコードを読み取り、必要事項とお買物をした店舗の「店舗コード」を入力し、応募をしてください。

👉👉👉お買物キャンペーンチラシ👈👈👈(PDF:約2MB)

応募いただいた方の中から抽選で、キャンペーン参加店で使用できる野菜・果物お買物券や特別賞等をプレゼントさせていただきます!

キャンペーン参加店(PDF:約100KB)の一覧を掲載しましたので、お近くのお店をチェックしてみてください。

◆お問い合わせ先
札幌市中央卸売市場青果部運営協議会 TEL:011-641-5440
(受付時間は水・日を除く9:00~12:00、13:00~16:00)

◆注意事項
・当選の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
・お預かりした個人情報は申し込み内容の確認や当キャンペーンに関する事項のみに使用させていただき、第三者へ無断提供することはございません。

「令和4年初せり式」が行われました! 本年もよろしくお願いいたします!!!

水曜日, 1月 5th, 2022

新年あけましておめでとうございます。
令和4年1月5日水曜日、当市場では「初せり式」が行われ、今年の取引が始まりました!

※挨拶時のみ、マスクを外しております。

今年は新型コロナウイルス感染再拡大防止の観点から、昨年に引き続き、参加人数を制限するなど規模を縮小し、感染防止対策を十分行ったうえで開催しました。

水産物部、青果部それぞれにて、市長のあいさつの後、今年1年の商売繁盛を願って、「三本締め」が行われました。
※挨拶時のみ、マスクを外しております。

水産棟、青果棟でそれぞれ初せりが行われました。

水産:本まぐろの初せり
青果:みかんの初せり

今年も、毎週恒例の「来週の入荷見通し」、旬の食材に関する「市場からの食の情報」、食育をテーマとした話題を集めた「食育関連情報」、プレスリリース情報などを掲載した「メディアの市場情報」、当市場で行われたイベントをご紹介する「市場イベント情報」など、様々な情報を発信していきますので、当市場とホームページをよろしくお願いいたします。

令和3年せり納め! 今年もありがとうございました!!!

水曜日, 12月 29th, 2021

令和3年12月29日水曜日、当市場青果部では、今年一年の取引を締めくくる「令和3年せり納め」が開催されました。

今年は、昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染再拡大防止の観点から、コーンで会場を区分けするなど感染防止対策を十分行ったうえで、開催しました。

青果棟の各売り場で、最後のせりが行われ、今年最後のせりとなる「果実」のせりの後、毎年恒例の「せり納め」が行われました。
初めに、青果部卸売会社である札幌みらい中央青果株式会社の髙橋社長からあいさつがありました。

1年間の感謝を込めて、青果部恒例の三本締めによる「手締め」が行われました。

今年も残りわずかとなりましたが、今年一年間、当市場ホームページをご覧いただきありがとうございました。
※新年最初の更新は、1月5日水曜日に行われる「令和4年初せり式」の予定です。こちらも是非ご覧ください!

「海の恵みキャンペーン」のお知らせ!!!(11月20日~12月4日)

月曜日, 11月 8th, 2021

当市場水産協議会が、11月20日(土)から12月4日(土)までの期間で、『海産物セットがもらえる!!「海の恵みキャンペーン」』を実施します。
キャンペーンチラシ(PDF:約1MB)

■実施内容
キャンペーン参加店にて1,000円(税込み)以上お買上げのお客様を対象に、スピードくじを引いていただきます。「当り」が出たら、その場で海産物セット( 珍味セット又は生たき帆立貝柱のどちらか)をプレゼントいたします。

■実施期間
令和3年11月20日(土)~12月4日(土)
※スピードくじが無くなり次第終了いたします。

■キャンペーン参加店
参加店一覧(PDF:92KB)を掲載しましたので、お近くの参加店をご確認ください。

■お問い合わせ先
札幌市中央卸売市場水産協議会 電話:011-611-3272

八百屋さんに行こう!!「お買物キャンペーン」のお知らせ!!!(8月1日~8月31日)

火曜日, 8月 10th, 2021

当市場青果部運営協議会が、8月1日から8月31日までの期間で、生活習慣病に効果的とされている野菜や果物を、普段の食生活にもっと取り入れていただくために、抽選で最高3,000円分のお買物券が310名に当たる「お買物キャンペーン」を今年も実施します。

いつもは八百屋さんに行かれない方も、ぜひこの機会に新鮮な野菜・果物をお求めに八百屋さんまでお買い物に出かけてみてはいかがでしょうか?

◆キャンペーン応募の流れ
キャンペーン参加店で税込500円以上お買物をされたお客様は、スマホなどの携帯端末からチラシに記載のQRコードを読み取り、必要事項とお買物をした店舗の「店舗コード」を入力し、応募をしてください。

👉👉👉お買物キャンペーンチラシ👈👈👈(PDF:約2MB)

応募いただいた方の中から抽選で、キャンペーン参加店で使用できる野菜・果物お買物券(S賞3,000分10名様、A賞2,000円分100名様、B賞1,000円分200名様)を合計310名様にプレゼントさせていただきます。
また、特別賞としてから抽選で親子20組を「くるるの杜 じゃがいも収穫体験」にご招待します!※希望者のみ

キャンペーン参加店(PDF:約100KB)の一覧を掲載しましたので、お近くのお店をチェックしてみてください。

◆お問い合わせ先
札幌市中央卸売市場青果部運営協議会 TEL:011-641-5440
(受付時間は水・日を除く9:00~12:00、13:00~16:00)

◆注意事項
・当選の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
・お預かりした個人情報は申し込み内容の確認や当キャンペーンに関する事項のみに使用させていただき、第三者へ無断提供することはございません。

「下津蔵出しみかん」のトップセールスが行われました!

金曜日, 1月 22nd, 2021

令和3年1月22日(金)、当市場青果棟において「下津蔵出しみかん」のトップセールスが行われました!

例年であれば、産地の方々が来場されトップセールスを行っていますが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、リモートにて実施されました。

「下津蔵出しみかん」というのは、和歌山県海南市“下津”地域において、“蔵出し”して出荷された“みかん”のことです。
この“蔵出し”という点が普通のみかんとは異なる部分で、12月ごろに収穫された完熟みかんを、温度・湿度を一定に維持するために設置された木造・土壁の蔵で1か月以上熟成することによって、酸が抜け、糖度の高いまろやかな味になるのだそうです。

みかんを保存するための蔵は、生産する園地ごとにあり、これも普通のみかんの栽培とは異なる点です。

また、この”下津蔵出しみかんシステム“の技術は、2019年2月に農林水産大臣が認定する「日本農業遺産」に認定されました!
※「日本農業遺産」とは…
我が国において重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域(農林水産業システム)を農林水産大臣が認定する制度です。平成31年3月時点で、15地域が認定されています。(農林水産省HPより)

海南市下津地域は、みかんの祖となる橘が植えられたことから、日本のみかん発祥の地ともいわれているそうです。

さて、トップセールスでは、卸売場に設置されたモニターにおいて、「下津蔵出しみかん」の紹介動画と、神出(じんで)海南市長及び地域ブランド推進会議会長の岡畑様からのご挨拶が放映されました。

神出 海南市長のご挨拶
岡畑会長のご挨拶

神出市長からは、「昨年より糖度が高く、酸度が低くなっており、バランスの取れた味わいに仕上がっている。ぜひ下津の蔵出しみかんを食べてほしい」とのご挨拶がありました。
岡畑会長からは、「今年は3,300トンと、前年比150%の生産を予定している。大きな天候不順もなく、ビタミン・糖度が例年以上の仕上がりになっている」とのご挨拶がありました。

卸売場では、例年であれば産地の方が着用される平安装束を、卸売会社の社員さんが着用して、試食用のみかんを配っていました!

午前7時30分からせりが行われ、約80ケースが次々と競り落とされました!

新型コロナウイルス禍でなかなか外出することが困難な昨今ですが、暖かいおうちで甘~い「蔵出しみかん」を味わってみてはいかがでしょうか!

「令和3年初せり式」が開催されました!

火曜日, 1月 5th, 2021

新年あけましておめでとうございます。
令和3年1月5日(火)、当市場では「初せり式」が行われ、今年の取引が始まりました!

例年は約2,000人が参加する「初せり式」ですが、今年は昨今の新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、ソーシャルディスタンスを守るため、例年より規模を縮小し、場内関係者のみで実施することとしました。

したがって、以下のように会場をカラーコーンで囲い、エリアを限定してそれぞれの間隔を十分確保した上で行いました。

ソーシャルディスタンスを確保

水産物部では午前6時45分ごろより、青果部では午前6時55分ごろより「初せり式」が行われました。

秋元克広 札幌市長の挨拶(水産物部 午前6時45分ごろ)

まず、秋元市長より「昨年は何と言っても新型コロナウイルスの影響が大きい1年であったが、そのような中で、市民の台所を支えていただいていることに深い敬意と感謝を申し上げる。今後も先が見通せない中ではあるものの、出来るだけ早く新型コロナウイルスが終息し、日常を取り戻していきたい。」との挨拶がありました。

髙橋清一郎 水産協議会会長のご挨拶(水産物部 午前6時45分ごろ)
髙橋守 青果部運営協議会会長のご挨拶(青果部 午前6時55分ごろ)

続いて、髙橋水産協議会会長、髙橋青果部運営協議会会長より、それぞれ「昨年は大変な一年であったが、皆で協力して乗り切ることができ、誇りに思う」「新型コロナウイルスとの闘いはまだまだ続くが、これに負けずに、卸売市場の役割を果たしていきたい」といった力強いご挨拶がありました。

ご挨拶ののち、市場恒例の「三本締め」を行いました。

水産物部「三本締め」
青果部「三本締め」

当市場では、引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止のため、取引の方法を変更しています。
水産物部では、現在、「まぐろ」のみがせり取引を行っています。その他の品物は入札取引または相対取引を行っています。

まぐろ①(塩釜産)
まぐろ②(インドネシア産)

青果部では、馬鈴しょ、なす、長なす、キャベツ、白菜、りんご、ごぼう、長いも、長ねぎ、レタス、みかんといった品物に限って、短時間でせり取引を行っています。

りんごのせりの様子①(卸売業者)
りんごのせりの様子②(仲卸業者・売買参加者)
なす
ごぼう
馬鈴しょ
りんご
長ねぎ

今年も、毎週恒例の「来週の入荷見通し」、旬の食材に関する「市場からの食の情報」、食育をテーマとした話題を集めた「食育関連情報」、プレスリリース情報などを掲載した「メディアの市場情報」、当市場で行われたイベントをご紹介する「市場イベント情報」など、様々な情報を発信していきますので、当市場とホームページをよろしくお願いいたします。