トピックスTopics

ブログ検索

アーカイブ

カテゴリ: ‘市場ブログ’

札幌市中央卸売市場に勤務する市場関係者の新型コロナウイルス感染について

金曜日, 5月 14th, 2021

 札幌市中央卸売市場に勤務する市場内事業者の従業員2名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。
 当市場においては、マスク着用や手洗いの励行、体調チェックなど、感染防止対策を徹底しておりますので、取扱商品への影響はなく、生鮮食料品の供給体制に問題はありません。

<当該従業員①の概要>
陽性確定日:5月11日
年代   :50代
性別   :男性
居住地  :札幌市
業務内容 :場内運搬業務
濃厚接触者:調査中

<当該従業員②の概要>
陽性確定日:5月12日
年代   :50代
性別   :男性
居住地  :札幌市
業務内容 :販売関連業務
濃厚接触者:調査中

<対応状況等>
● 当市場において、市場関係者は感染防止対策を実施しているとともに、既に当該感染者の勤務場所などの消毒作業を実施済みです。
● 今後、保健所の指導等により、引き続き関係者による経過観察を行っていく予定です。
● 食品を介しての感染事例は報告されていないことから、今後も、保健所ならびに関係事業者と連携を図り、感染拡大の防止に努めるとともに、引き続き必要な措置を適切に講じながら、食料品の安定供給という使命を全うできる体制を確保していきます。
※ 感染者及びご家族等への人権尊重、個人情報保護にご配慮をお願いいたします。
※ 現時点のところ、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理や手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません(農林水産省ホームページ)

札幌市中央卸売市場に勤務する市場関係者の新型コロナウイルス感染について

火曜日, 5月 11th, 2021

 札幌市中央卸売市場に勤務する市場内事業者の従業員が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。
 当市場においては、マスク着用や手洗いの励行、体調チェックなど、感染防止対策を徹底しておりますので、取扱商品への影響はなく、生鮮食料品の供給体制に問題はありません。

<当該従業員の概要>
陽性確定日:5月7日
年代   :60代
性別   :男性
居住地  :札幌市
業務内容 :販売関連業務
濃厚接触者:あり

<対応状況等>
● 当市場において、市場関係者は感染防止対策を実施しているとともに、既に当該感染者の勤務場所などの消毒作業を実施済みです。
● 今後、保健所の指導等により、引き続き関係者による経過観察を行っていく予定です。
● 食品を介しての感染事例は報告されていないことから、今後も、保健所ならびに関係事業者と連携を図り、感染拡大の防止に努めるとともに、引き続き必要な措置を適切に講じながら、食料品の安定供給という使命を全うできる体制を確保していきます。
※ 感染者及びご家族等への人権尊重、個人情報保護にご配慮をお願いいたします。
※ 現時点のところ、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理や手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません(農林水産省ホームページ)

JAからつから「唐津みかん」初入荷!

月曜日, 5月 10th, 2021

 令和3年5月8日(土)、JAからつから「唐津みかん」が初入荷となりました。

  JAからつは、ハウスみかんの生産量が日本一の産地です。
 冬が旬のイメージのみかんですが、 ハウスで栽培し、冬の間にみかんを成長させる唐津のみかんは、5月~9月が食べ頃とのこと。

 ハウスの中で徹底的に栽培管理された「唐津みかん」は 、甘みと酸味のバランスが絶妙。
 「この美味しさ、ぜひご賞味ください!」

道内メロン一番乗り!「追分アサヒメロン」

月曜日, 5月 10th, 2021

令和3年5月8日(土)、JAとまこまい広域追分支所から「追分アサヒメロン」が初入荷しました。
「追分アサヒメロン」は、北海道安平町追分地区の特産品の一つで、赤肉系の果肉「ルピアレッド」。

本日は、45ケース271玉の入荷となりました。
入荷量は例年と比べても多め。並んだ姿は壮観ですね~!

産地の安平町追分の豊かな自然環境のもと、1月上旬から種を蒔き、適切な温度管理のもと、 約4か月かけて 糖度の高いメロンを生み出しているとのことです。
※コロナ禍の影響で試食はありません。当然の処置ですが、非常に残念・・・

常温(18℃~20℃位)にて追熟させ、ツルの先端部がしおれてきたら食べごろの目安となります。
食べる前に2時間ほど冷蔵庫で冷やすと、いっそう美味しく食べられるとのことです。

せり人からせり参加者に対してソーシャルディスタンスを保つようアナウンスした後、いよいよせりがスタートしました。

ご祝儀価格がつきました!!
上品で豊かな味わいの「追分アサヒメロン」、是非ともご賞味ください!

今後も、続々と道内産メロンの入荷が続きますので、どうぞご期待ください。

令和3年度「せり人」登録証交付式を開催しました!

金曜日, 4月 30th, 2021

令和3年4月28日水曜日、令和3年度「せり人」登録証交付式を開催しました。

今年、新規に登録された方13名(水産9名、青果4名)、更新された方64名(水産38名、青果26名)の計77名の方に登録証を交付しました。

「せり人」は、市場における集荷・販売業務に直接携わる現場担当者で、卸売価格の形成や市場の信用等に影響するところも大きいので、取扱物品の専門的な知識経験はもとより、市場における「せり人」の公共的使命の自覚と出荷者・買受人双方の信頼を確保するとともに、潔白で正直な資質が強く求められます。

新たに「せり人」になるためには、3年以上の市場での卸売業務経験を積んだうえ、筆記試験に合格する必要があります。また、登録を更新する場合でも、口述試験に合格する必要があります。

「せり人」を代表して、「卸売市場法、業務規程及び関係諸法令を遵守し、誠実かつ公正に職務を遂行すること」を宣誓しました。

当市場では、市場で働くひとりひとりが誇りをもち、市場の社会的使命や消費者等へ約束したいことを伝えるために「いちばいちばん宣言」を策定しております。
「せり人」のみなさん、「いちば」が「いちばん」であり続けるために、今後ともよろしくお願いします!

【お知らせ】水産物部における取引方法等の変更期間延長について(令和3年4月28日)

金曜日, 4月 30th, 2021

水産物部においては、新型コロナウイルス感染防止対策として、これまで卸売市場でのマスク等着用の義務化や取引方法の変更(せり取引を入札又は相対取引へ変更)などの対策を講じてきたところです。
 現在、市内の感染状況や本市感染症対策本部の方針などを踏まえて、「まぐろ」のみせり取引を行っていましたが、5月8日(土)をもって取引方法の変更期間が終了することから、今後の取引方法等について水産物部関係団体と協議を行いました。
 つきましては、市内の新規感染者数が増加傾向にあり、変異株も確認されるなど予断を許さない状況にあることなどから、引き続き感染リスクを下げる手立てを徹底したうえで、現行の取引方法を下記のとおり延長することといたします。

1 取引方法変更の期間延長
現行の取引方法(「まぐろ」はせり取引、それ以外は入札又は相対取引) を、5月10日(月)から5月29日(土)まで延長することとする。
※ただし、感染の状況によっては期間を短縮もしくは再延長する場合があります。

2 その他(詳細は下記「水産物部関係団体あて通知文」を参照)
(1)密集・密接状態を避けるため、指定された以外の者はせり開始から終了まで、まぐろ売場への入場を禁止します。
(2)卸売業者、仲卸業者、売買参加者等は卸売場に入場する場合は、帽子及び標識、マスクを着用してください。

・水産物部関係団体あて通知文(PDF:346KB)

感染者等が発生した場合の開設者への連絡について(PDF:80KB)

【お知らせ】青果部における取引方法等の変更について(令和3年4月28日)

金曜日, 4月 30th, 2021

青果部においては、新型コロナウイルス感染防止に係る取引方法等について、市内の感染状況等を踏まえ、令和2年6月1日より段階的に一部品目についてせり取引を再開しております。
 つきましては、安全・安心な生鮮食料品を安定供給するという市場機能の維持と当市場が感染媒介の場所となることを防止するため、青果部の取引方法について、下記のとおり変更することといたします。

1 取引方法の変更について
 令和3年5月1日(土)から5月31日(月)までの間、せり開始時刻及びせり品目を下記のとおりとする。
 なお、5月からせり売を予定していた大根、にら、山菜及びブロッコリーは、引き続き相対取引とする。

2 遵守事項等について
 (1)市場内では、マスクを着用(マスク等をアゴにかけることは不可とする)し、咳エチケット、手洗い、消毒にご協力をお願いします。また、卸売場へ入場をする際は、必ず指定された帽子及び標識を着用してください。
 (2)食品の汚染防止のため、素手で直に生鮮食料品に触れないようお願いします。
 (3)卸売場での試食を禁止します。店舗等での試食については、慎重に判断していただき、提供される場合は、衛生上の細心の注意を払ってください。
 (4)入場前には各社において検温を済ませてください。発熱、せきなどの症状がある方は、入場させず、休ませるなどの対応をお願いいたします。

青果部関係団体あて通知文(PDF:365KB)

感染者等が発生した場合の開設者への連絡について(PDF:80KB)

【お知らせ】青果部における取引方法等の変更について(令和3年4月9日)

金曜日, 4月 9th, 2021

 青果部においては、新型コロナウイルス感染防止に係る取引方法等について、市内の感染状況等を踏まえ、6月1日より段階的に一部品目についてせり取引を再開しております。
 つきましては、安全・安心な生鮮食料品を安定供給するという市場機能の維持と当市場が感染媒介の場所となることを防止するため、青果部の取引方法について、下記のとおり変更することといたします。

1 取引方法の変更について
 令和3年4月12日(月)から6月29日(火)までの間、せり開始時刻及びせり品目を下記のとおりとする。

2 遵守事項等について
 (1)市場内では、マスクもしくはマスクに準ずるもの(タオル等)を着用(マスク等をアゴにかけることは不可とする)し、咳エチケット、手洗い、消毒にご協力をお願いします。また、卸売場へ入場をする際は、必ず指定された帽子及び標識を着用してください。
 (2)食品の汚染防止のため、素手で直に生鮮食料品に触れないようお願いします。
 (3)店舗等での試食については、慎重に判断していただき、提供される場合は、衛生上の細心の注意を払ってください。
 (4)発熱、せきなどの症状がある方は、入場させず、休ませるなどの対応をお願いいたします。

青果部関係団体あて通知文(PDF:77KB)

感染者等が発生した場合の開設者への連絡について(PDF:80KB)

春の訪れ(果実編)

水曜日, 3月 31st, 2021

水産物編野菜編に引き続き、最後は果実編をお送りします!

この時期、果実売場で大きく目を引くのが柑橘類です。

文字通り柑橘類の山。

一様に高く積まれたこれらの段ボールは、すべて「中晩柑」と言われる柑橘類です。
中晩柑とは、1月~5月ごろに収穫・出荷される、温州みかん以外の柑橘類の総称です。

これらの中晩柑は、本当に種類が豊富で、大きさも味もさまざまです。
当市場にもたくさんの種類が入荷しており、売場に行く度に違う種類を見かけることができて楽しいです。
そんな中晩柑の一部を紹介します。

おしゃれな箱詰め。
肥後ぽんかん

こちらは「ポンカン」です。温州みかんより少し大きいくらいでしょうか。
私も今年食べてみましたが、甘みが濃縮されていてジュースのような味わいでした!
熊本県から入荷していました。

温州みかんとオレンジの交配によって生まれた清見タンゴール。

こちらは「清見タンゴール」です。「清見オレンジ」と言った方がなじみ深いかもしれません。こちらも果汁と甘みがたっぷり詰まっています。
この「清見」を親にもつ柑橘類は数多く、「不知火」、「せとか」、「はるみ」などがあります。
愛媛県から入荷していました。

和製グレープフルーツとも言われるジューシーオレンジ。

こちらは「ジューシーオレンジ」です。
この品種は、生産者や出荷団体によってさまざまな呼び名がつけられており、熊本県(JA熊本果実連)から入荷しているこちらは「ジューシーオレンジ」ですが、ほかにも「河内晩柑」、「美生柑」、「宇和ゴールド」、「愛南ゴールド」、「夏文旦」などと呼ばれています。
前述の「ポンカン」や「清見タンゴール」に比べると、爽やかな甘みが特長です。

実は、八朔(8月1日)の頃はまだ食べ頃ではないというのは有名な話。

こちらは「八朔」です。
爽やかな香りと少しの苦みと酸味が特長。発見されたのは江戸時代と、古くから日本人になじみの深い柑橘類です。
和歌山県から入荷していました。

大玉果実。これよりも大きい「晩白柚(ばんぺいゆ)」というのもあります。

こちらは「パール柑」です。
かなり大玉の果実で、名前のごとく真珠のような見た目。文旦のような爽やかな甘みが特長です。
熊本県から入荷していました。

選び抜かれたデコポンたち。

最後はこちらの「デコポン」です。
見た目はすこしいびつですが、その甘みと食味は良い意味で期待を裏切ります。
なお、品種名は「不知火」です。「デコポン」というのはJA熊本果実連の商標登録であり、一定の糖度と酸度を満たし、系統団体から出荷されたものだけが「デコポン」を名乗ることができます。

このように、柑橘類は時期や産地でいろいろな種類があります。
甘みが強いものから、酸味が強いもの、香りが良いものなど、ご自身の好みに合わせてご購入してみてください。

続きまして、この時期に多く入荷している、いちご類を紹介します。
卸売場にはいちごの良い香りが漂っています。
こちらも、産地や出荷団体によってさまざまな名前がつけられ、そのパッケージも可愛らしいものばかりですのでご覧ください。

思わず「もういっこ」食べたくなるおいしさ。
おいしさに思わず「にこにこ」。

宮城県からは、「もういっこ」と「にこにこベリー」です。

東日本を代表するいちご「とちおとめ」。

福島県からは、「とちおとめ」。

3月になってもおいしいことから「やよいひめ」。

群馬県からは、「やよいひめ」。

2018年デビューの新顔、「いちごさん」。
贈答用にもおすすめな白いちご「淡雪」。

佐賀県からは、「いちごさん」と白いちごの「淡雪」です。

くまモンも恋する「恋みのり」。

熊本県からは、くまモンと「恋みのり」。

あかい・まるい・おおきい・うまいでおなじみの「あまおう」。

福岡県からは、「あまおう」です。

どうでしょう。どれもスーパーや八百屋さんで見かけることが多いと思いますので、食べ比べてみてはいかがでしょうか。

以上、春の旬の果実類をご紹介しましたが、この他に早くもこんなものが入荷していました。

すいかの名産地。

熊本県産の「すいか」です!
北海道もここ数日はかなり暖かい日が続いていますが、熊本県では早くもすいかが出荷されているのですね。日本は広い。

水産物編、野菜編、果実編と、3回にわたり当市場に入荷している旬の食材をご紹介いたしました。

今年度の更新もこれで最後となります。最後までご覧いただきありがとうございました。
来年度も、旬の食材や市場の情報をお届けいたしますので、ぜひ当市場ホームページをご覧ください!

ウェブアクセシビリティ方針取組確認・評価結果

火曜日, 3月 30th, 2021

1 取組内容確認日  2021年3月29日

2 個々のホームページ等の取組ポイント数 16/30
(1)継続性 12/16
(2)実現内容の確認と公開 4/8
(3)利用者との協調 0/6

3 個々のホームページ等の取組内容
(1)継続性
ガイドライン:団体として策定した共通のガイドラインを一部活用している
職員研修:毎年アクセシビリティに関する職員研修を実施、又は参加しており、来年度以降も継続する予定である
検証:過去2年以内にアクセシビリティに関する検証を実施し問題点を把握した
改善:公開しているページの改善に毎年取り組んでおり、来年度以降も実施する予定である
(2)実現内容の確認と公開
取組の実現内容:毎年アクセシビリティに関する取り組み内容について取組確認・評価表により確認し、結果をホームページで公開しており、来年度以降も実施する予定である
アクセシビリティの実現内容:過去3年以内にアクセシビリティの実現内容について、最新のJIS X 8341-3に基づく試験による確認を行っていない
(3)利用者との協調
利用者の意見収集:一般的な意見収集としては取り組んでいるが、アクセシビリティについて積極的な意見収集には取り組んでいない
利用者との協力体制/ユーザー評価:アクセシビリティを確保・維持・向上のために、利用者(社会福祉協議会、当事者団体、支援団体等を含む)へ協力を求めたことがない