トピックスTopics

ブログ検索

アーカイブ

カテゴリ: ‘市場からの食の情報’

積丹のブランドぶり「鰤宝(しほう)」が入荷しています!

木曜日, 10月 14th, 2021

令和3年10月14日(木)、積丹より「鰤宝」が入荷いたしました。

「鰤宝」とは、東しゃこたん漁協の船上活〆、重さ7kg以上・体脂肪率15%以上の厳選されたぶりだけに付けられるブランド名称です。
前回のぶりの記事はこちらからご覧ください。

選び抜かれた極上ぶり「鰤宝」、是非ご賞味ください。

「アカマンボウ」が入荷していました!

火曜日, 10月 12th, 2021

本日は水産物のご紹介です!
あまり見慣れない「アカマンボウ」という深海魚が入荷していました。

見た目とは裏腹に、脂が程よく乗った白身魚ということで、刺身やフライ、唐揚げ等にすると美味とのことです!

見かける機会は少ないと思いますが、もしもアカマンボウを販売しているお店に遭遇したら、買ってみてはいかがでしょうか。

有田みかん、下津みかん、初入荷です!

月曜日, 10月 11th, 2021

令和3年10月11日(月)、JAありだより「有田みかん」、JAながみねより「下津みかん」 が初入荷いたしました。
※どちらも和歌山県産

そろそろ気温が下がってくる季節です。寒い時期は暖かい家の中でみかんを堪能してみてはいかがでしょうか。

JA羽茂より「おけさ柿」初入荷!

月曜日, 10月 11th, 2021

令和3年10月11日(月)、「おけさ柿」が初入荷いたしました。

おけさ柿は、種がなく、なめらかな口当たりと甘さが特徴の新潟県の特産品で、 種がないことが、越後国に伝わる珍しいことがらを七つ集めた「越後七不思議」についで(八番目)に不思議なことから、別名「八珍柿」ともいわれているそうです。

是非食べてみてください!

サロマ湖産の生牡蠣初入荷!

土曜日, 10月 2nd, 2021

10月2日(土)、サロマ湖産の生牡蠣が初入荷いたしました!

また、厚岸産と仙鳳趾産の牡蠣も並んでいました!

北海道産の新鮮な牡蠣、フライや蒸し焼きはもちろん、寒くなってくるこの時期ならではの牡蠣鍋等で食してみてはいかがでしょうか!

幻の魚「鮭児」!!

土曜日, 10月 2nd, 2021

本日は水産物のご紹介です。
当市場に羅臼産、枝幸産、常呂産の「鮭児」が入荷しました!

羅臼産
枝幸産
常呂産

鮭児は、秋鮭1万匹に1、2匹程度しか獲れないことから、幻の鮭とも呼ばれています。

大きさは秋鮭よりも小さめで、2~3キロの個体が多いです。若くて、産卵の準備に栄養をとられていないため、身にしっかりと脂が乗っていることが特徴です!

希少価値が高く、気軽には買えない高級魚ですが、脂乗り抜群、幻の魚「鮭児」是非一度ご賞味ください!

様々なきのこが入荷しています!

土曜日, 10月 2nd, 2021

本日は4種類のキノコのご紹介!

「きのこの王様」まつたけに、まいたけです!

まつたけ
まいたけ

続いて、ハナイグチにナラタケです!
北海道ではハナイグチは「落葉きのこ」、ナラタケは「ぼりぼり」と呼ばれています。

落葉きのこ
ぼりぼり

まつたけは炊き込みご飯、まいたけは天ぷら、落葉きのことぼりぼりは汁物等にするのがオススメです!
秋の味覚のキノコ類、是非ご賞味ください。

JAびらとりから「まつたけ」が初入荷!

木曜日, 9月 16th, 2021

令和3年9月14日(火)、JAびらとりから「まつたけ」が初入荷いたしました。
※写真は16日のものを使用。

独特の豊かな香りが魅力の「まつたけ」ですが、採取後、日が経つにつれて特徴的な香りが失われやすいため、北海道産の採れたてまつたけをオススメいたします!

土瓶蒸しや松茸ご飯等にして、芳醇な香りを味わいながら食してみてはいかがでしょうか。

新鮮な秋の味覚、続々入荷中!!

木曜日, 9月 16th, 2021

本日は、青果物のご紹介です!
当市場に秋の味覚を代表する食材がどんどん入荷しています。

まずは果物編!

余市産のりんご(品種 あかね)↑

北海道産の千両なし↑

余市・仁木産のぶどう(ナイアガラ)↑

和歌山県産の柿↑

茨城県産の栗↑

続きまして、野菜編!

ニセコ産のじゃかいも(ニセコ曽我男しゃく)↑

茨城県産のさつまいも(鹿嶋特産 紅はるか)↑

北海道産のかぼちゃ↑

食欲の秋にふさわしい食材が揃っております。
「秋の味覚」を存分に堪能し、夏の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

紋別産の「真鱈」が入荷しています!

月曜日, 9月 6th, 2021

本日は、オホーツク海紋別産の真鱈(マダラ)のご紹介です。

魚へんに雪と書く「鱈」は、産卵期を迎える12月~2月頃が旬と言われており、冬のイメージが強い魚ですが、夏~秋の鱈も美味だそうです!

産卵を迎える冬は卵に栄養が取られますが、夏の鱈は卵がない分、身に十分に栄養がいきわたり、写真のようにお腹がパンパンになります。

餌を「鱈腹(たらふく)」食べてパンパンに身が詰まった「鱈」、是非ご賞味ください。