カテゴリ: ‘市場イベント情報’

【ご案内】9月15日、当市場で「消費拡大フェア2019」を開催します!!

金曜日, 9月 13th, 2019

皆さま、当市場一大イベント「市民感謝 消費拡大フェア2019」について再度ご案内します!

開催日時は、9月15日(日)あさ7:30~ひる12:00です!!

👇👇👇チラシはこちら👇👇👇
消費拡大フェア2019のチラシ【表】(PDF:約2MB)
消費拡大フェア2019のチラシ【裏】(PDF:約2MB)

昨年はやむなく中止となりましたが、一昨年の会場の様子を少しだけご紹介いたします。

マグロの解体ショーは大迫力!

マグロの即売会も大賑わい!

水産仲卸売場も大盛況!

野菜詰め放題も毎年大好評!

大人気コーナーの「ホタテ釣り」は3歳~小学生までのお子様限定です!

毎年人気の「いかめし」と「すり身汁」です!

親子いちば冷凍庫体験でマイナス50℃を体験!

一見の価値あります!是非ご覧ください!

野菜の彫刻展示・実演では目の前で作業が見られます!

試食販売コーナーも人気です!

移動販売車コーナーもあります!

その他、市場ならではの新鮮な魚介・青果物も盛り沢山です!!!

 

普段は一般のお客様は入場できない市場を、一日限りで大開放いたします。
楽しいイベントも沢山用意されています!
間もなく開場いたします!!

皆様のご来場を心よりお待ちしております!

水産卸が年末に向けて「商品展示会・展示商談会」を開催しました!

月曜日, 9月 9th, 2019

9月3日火曜日、札幌市中央卸売市場の水産卸売業者(曲〆髙橋水産株式会社と丸水札幌中央水産株式会社)が、小売店や流通関係者などを対象にした年末商品の展示会を開催しました。

曲〆髙橋水産株式会社は、テーマを「北洋の海からのご提案」と題し、アメリカ、ロシア産の原料を中心に自信をもってご提案できる商品を取り揃えたのだそうです。

↑ 曲〆髙橋水産株式会社の商品展示会

丸水札幌中央水産株式会社は、「秋冬・年末商材」はもとより、「胆振東部地震復興支援」「MSC(持続可能な漁法で獲られた水産物)、ASC(環境に配慮して操業している養殖業)」などをテーマとしてご提案されたのだそうです。

↑ 丸水札幌中央水産株式会社の展示商談会

卸売業者さんによると、毎年1,000人ほどの関係業者の方が来場するそうです。
会場では、いたるところで熱い商談が行われていました!

↑ 曲〆髙橋水産株式会社の商品展示会場の様子

↑ 丸水札幌中央水産株式会社の展示商談会場の様子

また、会場内にはおいしそうな魅力ある商品が所狭しと並んでいました。

これからの年末商戦が大いに盛り上がることを心から願っています!!

秋の味覚を代表する「秋鮭」が初入荷! 北海道秋鮭食べつくし隊キャンペーンも開催されました!

水曜日, 9月 4th, 2019

①秋鮭初入荷

今年の秋鮭定置網漁の解禁に伴い、9月2日月曜日、当市場に秋鮭が初入荷しました。

今年の初入荷は約17.8トンと、昨年の約12.1トンと比較すると約1.5倍の入荷量となりました。

こちらは、当日入荷した日高沖で獲れた秋鮭「銀聖」です。

「銀聖」とは日高定置漁業者組合のブランド鮭で、日高沖の定置網で水揚げされる秋鮭のうち、厳しい基準を満たした僅か数パーセントだけが「銀聖」と認められるのだそうです。

銀聖として認証された鮭には、認証シールが添付されます。

この日のせり場は、報道機関の方々が大勢取材に来ていたこともあり、いつにも増して活気にあふれていました。

5時45分に開始した初せりも盛況で、大量に並べられた秋鮭が、次々とせり落とされていきました。

②北海道秋鮭食べつくし隊キャンペーン

秋鮭初入荷に合わせて、北海道漁業協同組合連合会(北海道ぎょれん)と当市場水産協議会の主催により、「北海道秋鮭食べつくし隊キャンペーン」が開催されました。

初めに、今年の秋鮭漁の状況や概要について、主催者代表の挨拶がありました。

北海道漁業協同組合連合会 代表理事専務 安田 昌樹様

当市場水産協議会 会長 髙橋 清一郎様

続いて、北海道出身の大食い女王アンジェラ佐藤さんが、昨年に引き続き「北海道秋鮭食べつくし隊」隊長に任命された後、秋鮭いくら丼の試食PRが行われました。

隊長アンジェラ佐藤さんも大盛秋鮭いくら丼でPR!

道立総合研究機構「さけます・内水面水産試験場」の秋サケ来遊予測によると、今年は道内全体で不漁だった昨年の約1.3倍が来遊する予測とのことです。

また、北海道ぎょれんさんのホームページでは、美味しい北海道産「秋鮭」を使ったオリジナルレシピの紹介や、フォトコンキャンペーンを開催しているとのこと。「北海道の秋鮭・いくら」と検索し、今が旬の北海道産の天然秋鮭をお楽しみください。

「親子市場見学・料理教室」開催のお知らせ

水曜日, 9月 4th, 2019

当市場で、公益財団法人札幌市学校給食会による「親子市場見学・料理教室」が開催されます。

親子で札幌市民の台所「札幌市中央卸売市場」を見学し、学校給食でも使用されている当市場の新鮮な魚介類と青果物を使って、親子で楽しみながら料理体験学習できる絶好の機会です。

まだ当市場をご覧になったことのない方も、お料理を通じて親子のコミュニケーションを深めたい方も、なんと参加費も無料です!
是非ご参加を検討してみてはいかがでしょうか。

詳細は、【公益財団法人札幌市学校給食会のホームページ】をご確認ください。

1 日時
令和元年10月19日土曜日 9時00分集合~13時30分頃終了予定

2 集合場所
札幌市中央卸売市場管理センター3階多目的室
札幌市中央区北12条西20丁目

3 対象
札幌市内在住の小学校4~6年生とその保護者(児童1名と保護者1名計2名の一組限定)

4 定員 18組36名

5 参加費用 無料

6 持ち物等 エプロン、三角巾(調理時に使用)

7 申込方法 必ず往復はがきで応募してください。(郵送)
・送り先 〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15番地STV北2条ビル6階 公益財団法人札幌市学校給食会
・往信はがきに明記事項
①行事名(親子市場見学・料理教室) ②郵便番号 ③住所 ④電話番号 ⑤参加する保護者・児童の氏名(ふりがな2名分) ⑥保護者・児童の年齢 ⑦性別 ⑧児童の学校名・学年 ⑨駐車場の要・不要(臨時駐車許可証を送りますので必ず記載願います。)
※許可証が無い場合は駐車できません)。
・返信はがきに必ず返信先(ご自分の)郵便番号、住所、氏名を記入してください。

8 応募締切
令和元年10月4日金曜日必着(※なお、応募多数の場合は抽選となります)

9 問合せ先
公益財団法人札幌市学校給食会(電話211-3897 担当:佐藤)

10 その他
当日の模様は、公益財団法人札幌市学校給食会及び当市場ホームページに写真等を掲載させていただきますので、あらかじめご了承ください。

主催 公益財団法人札幌市学校給食会
協賛 札幌市中央卸売市場水産協議会、札幌市中央卸売市場青果部運営協議会

写真は、昨年の料理教室の様子です。

「市民感謝 消費拡大フェア2019」生マグロ解体ショー&即売会について

月曜日, 9月 2nd, 2019

例年、ご好評をいただいています「生マグロ解体ショー&即売会」ですが、詳しい時間をお知らせいたします。

■7:30~即売会
その日、早朝に解体したマグロをパック詰めで販売いたします。
■8:30~解体ショー&模擬せり&即売会
ステージ上でマグロの解体ショーと模擬セリを行います。迫力のあるショーを是非ご覧ください。その後、すぐにパック詰めにし、販売いたします。

その他、お子様に大人気の「ホタテ釣り」、皆さまに好評の「野菜詰め放題」のほか、楽しいイベントを盛りだくさん準備しています!!

👇👇👇チラシはこちら👇👇👇

消費拡大フェア2019のチラシ【表】(PDF:約2MB)
消費拡大フェア2019のチラシ【裏】(PDF:約2MB)

当市場に「子ども食品Gメン」がやってきました!!!

水曜日, 8月 14th, 2019

8月8日木曜日、当市場に「子ども食品Gメン」がやってきました!!!
これは、7月30日火曜日に行われた札幌市保健所による「さっぽろ子ども食品Gメン体験事業」の2回目にあたるものです。

「食品Gメン」とは、飲食店やスーパー、食品工場などの立入検査や食品の抜き取り検査のほか、食中毒の調査を行ったりするなど、食の安全を守るために日々働いている保健所や保健センターの食品衛生監視員のことです。

「さっぽろ子ども食品Gメン体験」は、市内の小学生とその保護者の方を対象に、食の安全に対する事業者や当市の取組みを学び、食の安全について知識・理解を深めてもらうために、平成23年度から行われています。

午前6時50分、14人の子ども食品Gメンと保護者たちが当市場に到着しました。

当市オリジナル手洗いソング「しろくま忍者の手あらいソング(札幌市HPへ)」でおなじみの「しろくま忍者」が、子ども食品Gメンを出迎え、オリエンテーションが行われました。

オリエンテーションでは、食品Gメン高田係長からの挨拶や、市場協会の鷹さんから市場のお仕事の説明がありました。

写真左が食品Gメン高田係長、右が市場協会の鷹さん

続いて鷹さんの案内で、青果棟のせり場を2階から見学しました。

水産棟の資料室に移動して、市場案内のプロ鷹さんから「せりの手形」(買い手が指の形で希望価格を示す)などの説明が行われました。

資料室では、市場で荷物を載せて走る車ターレットなども見学しました。


1階に移動し、衛生管理のため長靴をオゾン水で洗浄してからマグロ売場を見学しました。

続いて、食品Gメンから食品の温度を測るための放射温度計の使い方の説明を受け、せり場に並んでいる魚の計温を行いました。

白衣に着替えた後、2班に分かれて細菌検査と理化学検査を体験しました。

こちらは細菌検査の様子です。食品Gメンの河内さんから検査の説明がありました。

細菌検査では、食中毒の原因となるような細菌を検査するための検体を培地に塗る体験をしたり、ATP検査機器(ルミテスター)を使用した検査を行いました。

子ども食品Gメンは、まな板や自分の手の汚れ等をルミテスターで調べ、汚れの度合いを示す数値が想像以上に大きかったことに驚いていたようです。

頭皮の汚れをチェックしている子ども食品Gメンもいました!どうだったかな?

こちらは理化学検査の様子です。食品Gメンの石田さんから検査の説明がありました。

理化学検査では、食品添加物(着色料)の検査や、手洗いチェッカーを使って、手洗いをしても汚れが残りやすい部分をチェックしました。

手洗いチェック後、食品Gメンから食中毒予防の基本となる正しい手洗いの方法をしっかりと学びました。

子ども食品Gメンは、検査完了後にそれぞれの検査会場を入れ替え、両方の検査を体験しました。

検査体験後、本日のおさらいのため〇✕クイズを行いました。

参加者全員には、さっぽろ子ども食品Gメン体験事業を体験した証として、しろくま忍者から「食の安全・安心マスター修了証」が授与され、参加者全員で記念撮影を行いました。

参加された子ども食品Gメン達、保護者の皆様お疲れ様でした!

この子供Gメン体験事業は人気が高かったことから、今年は2回実施されました。
6月末で募集は終了していますが、本当に面白い企画だと思いますので、対象の方は、来年ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?

当ページをご覧の皆様、9月15日(日)には、当市場の毎年恒例一大イベント、「市民感謝 消費拡大フェア2019」開催されます。迫力満点の「生マグロ解体ショー&即売会」、お子様限定の「ホタテ釣り」や「野菜詰め放題」のほかにも楽しいイベントが盛りだくさん催されますので、ぜひ遊びにきてください!!!

「さっぽろ子ども食品Gメン体験事業」をご紹介します!!!

月曜日, 8月 5th, 2019

7月30日火曜日、当市場で札幌市保健所による「さっぽろ子ども食品Gメン体験事業」が実施されました。

「食品Gメン」とは、飲食店やスーパー、食品工場などの立入検査や食品の抜き取り検査のほか、食中毒の調査を行ったりするなど、食の安全を守るために日々働いている保健所や保健センターの食品衛生監視員のことです。札幌市には、約70名の食品Gメンがいます。

「さっぽろ子ども食品Gメン体験」は、市内の小学生とその保護者の方を対象に、食品Gメンこと保健所や保健センターの食品衛生監視員のお仕事を通じて、食の安全に対する事業者や当市の取組みを学び、食の安全について知識・理解を深めてもらうために、平成23年度から行われています。

午前6時50分、13人の子ども食品Gメンと保護者たちが当市場に到着しました。

当市オリジナル手洗いソング「しろくま忍者の手あらいソング(札幌市HPへ)」でおなじみの「しろくま忍者」が、子ども食品Gメンを出迎えました。

初めにオリエンテーションがあり、食品Gメン高田係長からの挨拶や、市場協会の鷹さんから市場のお仕事の説明が行われました。

続いて鷹さんの案内で、青果棟のせり場を2階から見学しました。
当日は、「福島県産青果物のトップセールス」が行われており、普段見ることのない活気あるせりや、卸売場で働く人々の様子を覗き込んでいました。

資料室に移動して、市場案内のプロ鷹さんから「せりの手形」(買い手が指の形で希望価格を示す)などの説明が行われました。

資料室では、市場で荷物を載せて走る車ターレットなども見学しました。

続いて、水産棟のせり場へ移動し、食品Gメンから食品の温度を測るための放射温度計の使い方の説明を受け、せり場に並んでいる魚の計温を行いました。

白衣に着替えた後、2班に分かれて細菌検査と理化学検査を体験しました。

こちらは細菌検査の様子です。食品Gメンの河内さんから検査の説明がありました。

細菌検査では、食中毒の原因となるような細菌を検査するための検体を培地に塗る体験をしたり、ATP検査機器(ルミテスター)を使用した検査を行いました。

子ども食品Gメンは、まな板や自分の手の汚れ等をルミテスターで調べ、汚れの度合いを示す数値が想像以上に大きかったことに驚いていたようです。

こちらは理化学検査の様子です。食品Gメンの石田さんから検査の説明がありました。

理化学検査では、食品添加物(着色料)の検査や、手洗いチェッカーを使って、手洗いをしても汚れが残りやすい部分をチェックしました。

手洗いチェック後、食品Gメンから食中毒予防の基本となる正しい手洗いの方法をしっかりと学びました。

子ども食品Gメンは、検査完了後にそれぞれの検査会場を入れ替え、両方の検査を体験しました。

検査体験後、本日のおさらいのため〇✕クイズを行いましたが、今日の体験を生かして皆さん正解出来ました。
また、本日取材のため同行していたテレビ局から取材を受けていた子ども食品Gメンもいました。

参加者全員には、さっぽろ子ども食品Gメン体験事業を体験した証として、しろくま忍者から「食の安全・安心マスター修了証」が授与されました!

お世話になったしろくま忍者と記念撮影する子供Gメンもいました!

最後に、参加者全員で記念撮影を行いました。

参加された子ども食品Gメン達、保護者の皆様お疲れ様でした!
この子供Gメン体験事業は人気が高かったことから、今年は8月8日にも第2回目が実施されるそうです。
6月末で募集は終了していますが、本当に面白い企画だと思いますので、対象の方は、来年ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?

当ページをご覧の皆様、9月15日(日)には、当市場の毎年恒例一大イベント、「市民感謝 消費拡大フェア2019」開催されます。迫力満点の「生マグロ解体ショー&即売会」、お子様限定の「ホタテ釣り」や「野菜詰め放題」のほかにも楽しいイベントが盛りだくさん催されますので、ぜひ遊びにきてください!!!

「市民感謝 消費拡大フェア2019」開催日決定!!!

木曜日, 8月 1st, 2019

~市場人の心意気~いちばいちばん

当市場の毎年恒例一大イベント、「市民感謝 消費拡大フェア2019」を開催します!

昨年はやむなく中止となりましたが、市民の皆様への感謝をこめて、1日限りで一般開放する特別なイベントです!
今年の開催日時は、9月15日(日)あさ7:30~ひる12:00です!!

👇👇👇チラシはこちら👇👇👇

消費拡大フェア2019のチラシ【表】(PDF:約2MB)
消費拡大フェア2019のチラシ【裏】(PDF:約2MB)

毎年好評の「生マグロ解体ショー&即売会」、お子様に大人気の「ホタテ釣り」、皆さまに好評の「野菜詰め放題」のほか、楽しいイベントを盛りだくさん準備しています!!

【会場別イベント内容】

◎センターヤード
■ホタテ釣り(お子様500名限定!整理券配布 ※3歳以上小学生以下が対象)
■野菜詰め放題(500名限定!整理券配布 ※参加費300円)
■親子いちば冷凍庫体験(親子60組限定!整理券配布)
■髙橋水産吹奏楽団Klingen ♪ミニコンサート♪
■いかめし・すり身汁販売(各1千食限定)
■道内市町村PRコーナー
■食いだおれ広場(移動販売車も多数!)
■ターレと遊ぼう
■いちばいちばんブース

◎水産棟
■生マグロ解体ショー&即売会(大迫力!!!目の前で大きなマグロを解体!)
■水産棟仲卸売場 水産物販売(この日限り!目利きのおすすめ品!)
■水産・青果試食販売(農協・水産メーカーなど)
■野菜・果物の絵展示(子供たちの作品を鑑賞)
■珍しい野菜の展示&カットフルーツのデモンストレーション
■野菜の彫刻展示・実演
■水仲食堂(水産棟3階)
■食育関係ブース
■食の安全・安心情報発信ブース
■道産魚介類の魅力発信ブース
Fish-1グランプリの紹介ブース
■青果模擬せり(本番さながらの迫力を体験!)
■魚介類を美味しく食べるには?野菜とのマリアージュ
■お魚写真de推理クイズラリー&おさかなマイバッグ作り(おさかな博士集まれ!マイバッグも作れるよ)
■しろくま忍者のクイズ大会
■発泡スチロール芸人「できたくん」ステージショー
■海の生き物に触れてみよう(いろんな海の生き物に触れてみよう!)
その他 白石区マスコットキャラクター「しろっぴー」も応援に来ます!

皆さまのお越しをぜひお待ちしております!!

【お願い】
当日は早い時間から大変な混雑が予想されます。
駐車場収容台数には限りがございますので、公共交通機関をご利用ください。

【問い合わせ先】
札幌市中央卸売市場イベント事業実行委員会事務局
(一般社団法人札幌市中央卸売市場協会内)
TEL:011-611-3176 (8:00~16:00) ※水・日を除く

【参考】
一昨年の様子は下記リンクからご覧ください。

消費拡大フェア2017の様子①
消費拡大フェア2017の様子②
消費拡大フェア2017の様子③

くだもの王国 福島県の青果物トップセールスが行われました!

木曜日, 8月 1st, 2019

7月30日火曜日、くだもの王国 福島県より井出副知事をはじめ、JA福島関係者が当市場を訪れ、福島県産の「もも」を中心とした「福島県青果物」のトップセールスが行われました。

2019ミスピーチキャンペーンクルーも来場し、福島県産ももの試食PRが行われました。

7時30分、当初は内堀知事がお越しになる予定が、急遽井出副知事に変更となりましたが、福島県産青果物のPR挨拶が行われました。

福島県副知事 井出 孝利 様のPR挨拶の様子

また、菅野JA福島五連会長と、2019ミスピーチの関根さんからも、「もも」をはじめとした福島県産青果物のPR挨拶が行われました。

JA福島五連会長 菅野 孝志 様のPR挨拶の様子

2019ミスピーチキャンペーンクルー 関根 優花 様のPR挨拶の様子

井出副知事、菅野JA福島五連会長、ミスピーチのほか、駆け付けた報道陣も見守るなか、福島県産の「もも」がせりにかけられ、次々と落札されていきました。

せりの後、卸売会社への表敬訪問が行われました。

記念撮影の様子

福島県産ももの主力品種である「あかつき」もこれから旬を迎えますので、皆さまも是非ご賞味ください!!!

八百屋さんに行こう!!「お買物キャンペーン」のお知らせ!!!(8月1日~8月31日)

木曜日, 7月 25th, 2019

当市場青果部運営協議会が、8月1日から8月31日までの期間で、生活習慣病に効果的とされている野菜や果物を、普段の食生活にもっと取り入れていただくために、抽選で最高3,000円分のお買物券が310名に当たる「お買物キャンペーン」を実施します。

いつもは八百屋さんに行かれない方も、ぜひこの機会に新鮮な野菜・果物をお求めに八百屋さんまでお買い物に出かけてみてはいかがでしょうか?

◆応募当選の流れ
キャンペーン参加店で税込500円以上お買物をされたお客様に、「お買物キャンペーン応募はがき」を配布させていただきます。

👉👉👉お買物キャンペーンチラシ👈👈👈(PDF:約738KB)

応募はがきに必要事項を記入し、キャンペーン参加店にご持参、または郵送していただくと、キャンペーン参加店で使用できる野菜・果物お買物券(S賞3,000分10名様、A賞2,000円分100名様、B賞1,000円分200名様)を抽選で合計310名様にプレゼントさせていただきます。
また、当選されなかった方々の中から抽選で20組40名様を「札幌市民の台所・札幌市場と朝食ツアー」にご招待します!

キャンペーン参加店(PDF:約60KB)の一覧を掲載しましたので、「やおやさんガイドMAP」を参考にお近くのお店をチェックしてみてください。

◆お問い合わせ先
札幌市中央卸売市場青果部運営協議会 TEL:011-641-5440
(受付時間は水・日を除く9:00~12:00、13:00~16:00)

◆注意事項
・応募はがきが無くなり次第、配布終了とさせていただきます。
・応募はがきの配布は一度のお買物につき1枚までですが、実施期間中に複数回500円以上お買い上げいただいた場合は、その都度応募はがきを配布させていただきます。
・当選の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
・お預かりした個人情報は申し込み内容の確認や当キャンペーンに関する事項のみに使用させていただき、第三者へ無断提供することはございません。
・提出された応募はがきは返却されません。