Archive for 6月, 2018

「ほべつメロン」と「ようていメロン」初入荷!!!

金曜日, 6月 15th, 2018

6月15日金曜日、さっぽろ祭りで賑わうなか、当市場でも初入荷祭りが続いています。
本日は、「ほべつメロン」と「ようていメロン」が初入荷しました!!!

まずは、JAとまこまい広域より初入荷となった「ほべつメロン」をご紹介します!

初入荷は20ケース、112玉となりました。品種は「ルピアレッド」です。

ほべつメロンは、穂別の初夏の強い日差しと夜の涼しさとの温度差がメロンの熟成を助け、糖度の高い、甘くて柔らかい実ができあがるとのこと。薫り高い糖度、大玉でネットの美しさが特長だそうです。

試食もありました。とろけるような甘さで、あっという間になくなりました・・・

せりにも熱が入ります!!

ご祝儀価格がつきました!!

続きまして、JAようていより初入荷となった「ようていメロン」をご紹介します!

初入荷は10ケース、50玉となりました。こちらも品種は「ルピアレッド」です。

「ようていメロン」は、ミネラル豊富な羊蹄山の伏流水と、山岳地帯特有の日中と夜の寒暖差に育まれ、甘くておいしいメロンとなるのだそうです。

こちらも試食がありました。こちらも本当に”甘い!!!”の一言に尽きますね。

せり場が隣り合っていたこともあり、甘~い香り漂うなか皆さん食べ比べしていたようですが、どちらからも「甘い、甘い」、「いや~、おいしいね~」と聞こえてきました。

さあ、せりが始まりますよ!

こちらもご祝儀価格がつきました。

ルピア系メロンは甘くて日持ちがよく、食べ頃期間が長いのが特徴なので贈り物にも最適とのこと。
道内産のおいしいメロンもだんだん出揃ってきました。皆さんもぜひ食べ比べしてみてはいかが?

JAきょうわの「らいでんスイカ」が初入荷です!!

金曜日, 6月 15th, 2018

6月15日金曜日、JAきょうわの「らいでんスイカ」が初入荷しました。

「らいでんスイカ」は、北海道一の作付規模を誇る共和町の特産品で、非破壊糖度センサーや外検査装置を導入するなど品質の個体差を抑えた、高品質なスイカ作りが行われているそうです。

本日は146箱、292玉の初入荷となりました。生産関係者の方にお話を伺うと、らいでんスイカは、今年は65軒の生産者が作付を行っているそうです。

今年の出来は、「4月の天候不順があったものの、生産者が丹精込めて作った結果、果肉のシャリ感もしっかりあり、糖度も12度はあるおいしいスイカになった。」とのことでした。

試食用の「らいでんスイカ」の登場です!

何ともみずみずしい赤色の果肉です。

私も試食させていただきましたが、とっても甘く、みずみずしく、適度な歯ごたえがあり、とても美味しかったです。

試食も大盛況で、「甘い」「甘いね~」という声が多く聞かれました。

本日は、山本共和町長、きょうわ農業協同組合石田組合長、らいでんスイカ生産組合長尾組合長をはじめ、関係者が多数来場しました。
山本町長からは、らいでんスイカの初せりにあたってご挨拶が行われました。

せりの合図の鐘が鳴って、さあ、せりの開始です!

仲買人の手が上がりました!!

ご祝儀価格が出ました!!!

この日のせり場は、卸売業者さん、仲卸業者さん、小売業者さんのほか、報道関係者の方も多く、いつにも増して活気にあふれていました。

今年の作付面積は、88.1ヘクタールで、お盆頃をピークに9月末までの出荷を予定しているとのこと。生産農家の方が真心込めて作った「らいでんスイカ」を皆さんもぜひご賞味ください!!!

札幌市中央卸売市場で使用する電力に係る一般競争入札について

金曜日, 6月 15th, 2018

平成30年6月15日付けで札幌市中央卸売市場で使用する電力に係る一般競争入札の告示を行いました。

入札告示文(PDF:約474KB)
入札説明書(PDF:約179KB)
入札書(Word:約35KB)
契約単価積算内訳書(Excel:約33KB)
委任状(Word:約28KB)
電力供給誓約書(Word:約25KB)
契約書(案)(PDF:約413KB)
質問票(Word:約43KB)
仕様書(PDF:約53KB)

お問い合わせ先
担当:札幌市経済観光局中央卸売市場管理課事務係
住所:札幌市中央区北12条西20丁目2-1 水産棟4階
電話:011-611-3111 FAX:011-611-3138

今が食べ時!太平洋産「時鮭」販売促進キャンペーンが開催されました!!

金曜日, 6月 15th, 2018

6月14日、当市場の水産物部卸売業者である曲〆髙橋水産株式会社(以下「カネシメ」)と丸水札幌中央水産株式会社(以下「マルスイ」)が共同で、今旬を迎えている太平洋産「時鮭」のおいしさを知ってもらい、多くの人にその味を楽しんでもらえるよう、販売促進キャンペーンが開催されました。

キャンペーンイベントでは、太平洋産「時鮭」の試食(刺身・寿司、漬け焼き、塩焼き)や活〆時鮭の解体のほか、せりも行われました。

まずは試食コーナー、お待ちかねの試食開始です。

皆さん、試食の手が止まりません。

試食コーナーでは、魚のプロがおすすめする3品が提供されました。

まずはお刺身。シャリと合わせてお寿司でも振る舞われました。これはうまい!

こちらは漬け焼きです。一日漬け込んでいたそうです。ぜひお試しください!!

お馴染みの塩焼きです。脂がのっています!!間違いないです!!!

中央卸売市場の水産棟には魚のプロが集まりますが、そのプロたちが唸るほどおいしい時鮭でした。

こちらでは、活〆時鮭の解体が始まりました。

手際よくさばかれ・・・

きれいなオレンジ色です。よく脂が乗っているのが分かります。

さあ、鐘が鳴りました。せり開始の合図です。

「カネシメ」のせり場で威勢の良い声が上がると同時に・・・

「マルスイ」でもせりが始まりました。

試食コーナーの前には、関連商品を紹介するコーナーもありました。

時鮭は標準和名では「シロザケ」といいます。
シロザケは、秋になると産卵のために生まれた川に戻ってきます。

こちらは活〆の時鮭です。

川をのぼる前の春から夏にかけ、日本近海で回遊しているところを漁獲されるシロザケは、時期はずれに獲れるため「時鮭(トキシラズ)」と呼ばれています。
シロザケは、産卵のために生まれた川に帰ってくる秋には、体中の栄養が精巣や卵巣に行き渡ってしまっています。

半身になった時鮭もあります。

「時鮭」は、まだ精巣や卵巣が成熟していないため、その分の栄養が身に蓄えられ、脂の乗りが良いのが特徴なのだそうです。

カットされた商品もありました。

市場のプロが自信を持ってお勧めする旬の食材「時鮭」!

太平洋産「時鮭」は今が食べ「時!!!」、みなさんも「時鮭」食べてみませんか?

自然をカブリツケ!JA当麻から「でんすけすいか」が初入荷!!

木曜日, 6月 14th, 2018

6月14日木曜日、JA当麻の「でんすけすいか」が初入荷しました。

「でんすけすいか」は、日持ちが良く、紅赤果肉で抜群の甘味とシャリッとした食感が特徴で、当麻自慢の真っ黒なスイカはその名のとおり“でん!”としたジャンボサイズで、道内外で贈答用としても喜ばれているとのことです。

「でんすけすいか」という命名にあたっては、だれにも親しめる商品名の考えから、先にユニークな演技で人気の高かった喜劇俳優の舞台名「デン助」にあやかったものだそうです。また、当時は水田の転作が始まった時期でもあり、米の代わりに「田を助ける」の転作物「田助」の意味も込められていたそうです。

今年のポスターは「自然をカブリツケ。」がキャッチコピー。

昭和59年に生産を開始した「でんすけすいか」は、今年で35年目を迎える。今年は39戸の生産者さんが徹底した品質管理で丹精込めて生産しています。

今日は235箱、236玉の入荷となりました。生産関係者の方のお話によると「今年は、4月の後半の天候不順により生育が懸念されましたが、生産者の保温管理等の甲斐あって、生育は順調に推移しています。また、仕上がり状態は、糖度も高く、肉質も赤くシャリ感も良好な状態です」とのことでした。

マスコットキャラクターの「でんすけくん」も応援に駆けつけました!

その場で試食もふるまわれました。私も試食しましたが、とっても甘く、シャリシャリした食感でおいしかったです。

周りからも「甘い、甘い」という声が多く聞かれ、次から次へと試食がなくなっていきました。

さあ、いよいよせりが始まります。

せり人の掛け声とともに・・・

一斉に手が上がり・・・

ご祝儀価格が出たようです。

売り場には、でんすけすいかを使ったゼリーや・・・

このようなグッズもありました。

これから8月中旬ごろまで入荷が続きますので、皆さんもぜひ「でんすけすいか」をご賞味ください!!!

一般競争入札等情報

木曜日, 6月 14th, 2018

平成30年度

札幌市中央卸売市場で使用する電力に係る一般競争入札について(6月15日)

報道機関の皆さまへ(太平洋産「時鮭」の販売促進キャンペーンが開催されます)

月曜日, 6月 11th, 2018

当市場の水産物部卸売業者である曲〆髙橋水産株式会社と丸水札幌中央水産株式会社が共同で、今旬を迎えている太平洋産「時鮭」のおいしさを知ってもらい、多くの人にその味を楽しんでもらえるよう、販売促進キャンペーンを開催します。

魚のプロたちが用意したおいしい時鮭の試食や、せりのほか、活〆時鮭の解体の様子もご覧いただけますので、ぜひご来場ください。

取材を希望される場合は、当ホームページのトップページより「報道機関・メディア等のみなさまへ 取材等のご案内」を参照いただき、「取材・撮影等許可申請書」の用紙をダウンロード・ご記入のうえ、6月12日火曜日までにFAX611-3179に送信していただくか、当日管理センター1階守衛室へ提出していただきますようお願いいたします。

キャンペーン日時

日時:平成30年6月14日(木曜日)午前5時40分から

場所:札幌市中央区北12条西20丁目 札幌市中央卸売市場水産棟1階卸売場(曲〆髙橋水産株式会社近海売場)

内容:太平洋産「時鮭」の販売促進に向けたPRを目的として、仲卸業者・小売業者及び取材を希望される報道関係者の皆さまへ時鮭の試食(塩焼き・漬け焼き)を行います。また、時鮭のせりや活〆時鮭の解体も行われます。

その他:当日は管理センター1階守衛室にて「取材の腕章」を受け取り後、入場されますようお願いいたします。
また、駐車場がありませんのでタクシー等での来場をお願いいたします。(通行規制を行っておりますが、取材である旨申し出てください。)
なお、一般の方は、せり場への入場ができませんのでご了承願います。

上記写真は、平成27年6月に行われた時鮭の販売促進キャンペーン時の模様です。

報道機関の皆さまへ(JAきょうわ「らいでんすいか」初せり日時のお知らせ)

月曜日, 6月 11th, 2018

今年のJAきょうわ「らいでんすいか」初せり日時が決まりました。

取材を希望される場合は、当ホームページのトップページより「報道機関・メディア等のみなさまへ 取材等のご案内」を参照いただき、「取材・撮影等許可申請書」の用紙をダウンロード・ご記入のうえ、6月14日木曜日までにFAX611-3179に送信していただくか、当日管理センター1階守衛室へ提出していただきますようお願いいたします。

日時:平成30年6月15日(金) 午前6時30分~
会場(所在地):中央区北12条西20丁目 中央卸売市場 青果棟卸売場1階 B-9付近
その他:当日は管理センター1階守衛室にて「取材の腕章」を受け取り後、入場されますようお願いいたします。
また、駐車場がありませんのでタクシー等での来場をお願いいたします。(通行規制を行っておりますが、取材である旨申し出てください。)
なお、一般の方は、せり場への入場ができませんのでご了承願います。

写真は昨年のものです。

報道機関の皆さまへ(JA当麻「でんすけすいか」初せり日時のお知らせ)

月曜日, 6月 11th, 2018

今年のJA当麻「でんすけすいか」の初せり日時が決まりました。

取材を希望される場合は、当ホームページのトップページより「報道機関・メディア等のみなさまへ 取材等のご案内」を参照いただき、「取材・撮影等許可申請書」の用紙をダウンロード・ご記入のうえ、6月12日火曜日までにFAX611-3179に送信していただくか、当日管理センター1階守衛室へ提出していただきますようお願いいたします。

日時:平成30年6月14日(木) 午前6時30分~
会場(所在地):中央区北12条西20丁目 中央卸売市場 青果棟卸売場1階 B-9付近
その他:当日は管理センター1階守衛室にて「取材の腕章」を受け取り後、入場されますようお願いいたします。
また、駐車場がありませんのでタクシー等での来場をお願いいたします。(通行規制を行っておりますが、取材である旨申し出てください。)
なお、一般の方は、せり場への入場ができませんのでご了承願います。

写真は昨年のものです。

「PROJECT180」の様子をご紹介します!!

木曜日, 6月 7th, 2018

「PROJECT180」とは

「PROJECT180」(プロジェクトワンエイティー)とは、札幌市や札幌商工会議所等が地元企業の魅力発信を目的として実施している事業で、地元企業の周知や学生の職業意識醸成等を相互に高めあうために、長期インターンシップの形で、新事業を学生と企業が180日間本気で取り組むプロジェクトです。
このたび、平成30年5月から9月の期間、当市場の水産部卸売業者である丸水札幌中央水産株式会社(以下、「丸水」)企画部・製品部と北海学園大学経営学部の学生8名で、丸水が提案した2つのプロジェクトに取り組んでいますので、ご紹介します。

「君は魚のプロになれるだろうか・・・?」

一つ目のプロジェクトは、自ら魚の目利きができるようになることで魚への興味・関心を高め、地元水産関連企業に興味のある人材育成を目的として、「君は魚のプロになれるだろうか・・・?」と題する課題に、丸水製品部と学生4名で取り組んでいます。
平成30年6月1日は、15種類のサーモンの食べ比べを行い、産地による味の違いや特徴について検討しました。

魚のプロになるための第一段として、身近な食材の代表である「サーモン」15種類の試食開始です。

ただ単に食べるだけでなく、その違いを感じ取ろうと真剣です。

試食した感想や、それぞれの特徴を書き出しています。

試食を繰り返しては、その違いについて検討しました。魚のプロを目指し、今、スタートを切りました!!

魚の知識習得後は、実際に全国各地のバイヤーを相手に、展示商談会で商談まで行うとのことですので、皆さん頑張ってください!!!

「新商品開発プロジェクト」

二つ目の「新商品開発プロジェクト」は、道内で漁獲が増えている「いわし」・「ぶり」を使った商品開発を行い、その消費拡大を図ることを目的として、丸水企画部と学生4名が取り組んでいます。
平成30年6月1日は、調理法の違う「いわし」・「ぶり」料理3品を作成・試食して、魚の特徴や調理法による違い等について検討を進めました。

今日のメニューは、「いわしと豆腐のハンバーグ」、「ぶりのトマト煮」、「ぶりまんじゅう」の3品です。

ぶりまんじゅうのせいろの蓋を開けると・・・おいしそう!!

料理も完成し、待ちに待った試食です。(みんな、朝5時前から来ていました。)

魚の特徴を考え、目標とする新商品の開発に向け、第一歩を踏み出しました!!!

今後は、マーケット調査や商品開発を行い、最終的には展示商談会で商品の紹介を行うとのことですので、皆さん期待しています!!!