これが、あの「南天(なんてん)」!?

青果の競り場で「南天」を見つけました。そう「のど飴」なんかに使われているあの「なんてん」です。

葉は、健胃や解熱、鎮咳(ちんがい)などの作用がある生薬として使用され、食品の防腐にも効果があるのだとか。

さらに、災いや困難を福に転ずるという言い伝えから祝い事には欠かせないものとして。。。。。

また、料理を美しく彩る引き立て役として人気があるのだそうです。

生産地の徳島県上勝町は、「葉っぱの町」と呼ばれ、料理に添えられる”つまもの”の生産が盛んに行なわれており、この「南天」もその一つ。

季節の葉や花などは軽量で扱いやすいことから、おばあちゃんやおじいちゃんが収穫を行なっているのだそうです。

葉っぱが小さく、緑が色鮮やか、葉落ちしないことで人気の上勝町の南天。

料理人からも愛されているのだそうです。

これからは、料理に添えられる引き立て役も気にしてみてくださいね!

Comments are closed.