マダラ

今回、ご紹介するのは「マダラ」です。

「マダラ」は、顎の下にある1本のひげと全身に入った斑(まだら)模様が特徴のお魚。

冷水性で、北海道や東北地方に多く分布しているのだそうです。

写真は北海道積丹産。

口が大きく何でも食べる大食漢として知られ、「たらふく食べる」の「たらふく」は、「鱈腹」の漢字が当てられるほどです。

旬は冬で、「お勧めはやっぱり、タラチリ鍋かな~」とは小売業者さん。

また、身は柔らかく、脂肪も少ないので、鍋もの以外にも塩焼きや昆布しめ、寿司ネタなどに幅広く利用されるのだそうです。

オスの精巣は「たち」や「白子(しらこ)」「雲腸(くもわた)」などと呼ばれ、濃厚な味と栄養価の高さから人気の高い食材です。

卵巣のタラコ(真子)は、煮付けや焼き物すると美味だそうです。

寒いこの時季、「マダラ」お勧めですよ!

Comments are closed.