市場で学ぶ・作る・食べるやさい・くだもの料理教室開催! 第7弾!!!

8月1日(金)、当市場の青果部運営協議会主催の「市場で学ぶ・作る・食べるやさい・くだもの料理教室」が開催されました。今回は18組計36名が参加しました。

なお、この料理教室は、生活習慣病の予防に効果的とされる野菜や果物を、普段の食生活に取り入れていただくことを目的として開催されています。

本日の講師は、札幌ベルエポック製菓調理専門学校の副校長で、料理研究家でもある小笠原登志子先生です。

とても、エネルギッシュな先生で、終始笑顔の絶えない料理教室となりました。では、先生の講義風景です。

先生は以前にも、この親子料理教室の講師をされたことがあり、「子どもたちを講義に集中させるためには、調理しているところを近くで見せながら、さらに調理に参加させるのが一番!」と持論を私に語ってくれました。

そのとおりに、生徒さんにスイカの果実を取るお手伝いをしてもらいましたが、生徒さんはスイカの固さに大苦戦!(汗)

先生と助手さんの連携はとても息が合っていて、生徒さんから「二人のコンビネーションがスゴイ!」とのお褒めの言葉も(笑)

さて、これからは生徒さん達の料理風景です。まずは、「先生も奮闘編!」

カメラでは全て撮影できないほどの先生の運動量です。。。そして、次は「親子で奮闘編!」

冒頭で先生は、「今日の料理は簡単なものだから、なるべく子どもたちだけにやらせてくださいね」と仰っていましたが、手伝わないわけないでしょ!とばかりに親子仲良く調理しております。

そして、「僕たちできるもん編!」です。

では、ここで先生の料理を見てみましょう!なお、こちらにレシピを掲載しております。

左の写真に、「ピーマン器のハンバーグ」、「かぼちゃのツナサラダ」、「コーンおこわ」で、右の写真が「スイカとメロンのソーダかん」です。おいしいのは当たり前、見た目もキレイです!

最後は「いただきます」です。

ありがとうございました。料理もおいしくできたようですね。

次回も機会がありましたら、また参加してくださいね!

Comments are closed.