「姫」の名のつく美しい魚

水産の売り場を歩いていると一瞬目の前が真っ白に。

何事かと思ったら、銀色に光り輝く美しい魚のせいだとわかりました。


ということで、今日は「姫」の名のつく美しい魚「ヒメマス(姫鱒)」のご紹介です。
見てください!この眩いばかりの銀色。まるで宝石です。

 


ヒメマスはサケ科の魚なので、身の色はきれいなサーモンピンク。

味はサケ科の中で一番とも言われています。
今回、ご紹介しているのは屈斜路湖産。今後は支笏湖産や洞爺湖産も出てくる予定です。


見た目美し、身もきれい、味も最高!

ヒメマスをぜひご賞味ください。

 

=TJ=

Comments are closed.