北一藏重商店さんが「夕張メロン」の出前授業を行いました!

「夕張メロン」の初せりで大いに賑わった5月22日からはや2週間。

当市場仲卸業者の株式会社 北一藏重商店の渡会さんと藏重さんが、6月3日に札幌市立石山南小学校で「夕張メロン」の出前授業を行いました。

講師役は主に渡会さんが担当されました。

皆さん、最初は緊張した様子。真剣なまなざしでスタートです!

はじめに札幌市中央市場はどのような場所なのか、藏重商店の仲卸業務とはどのような仕事なのかをお話ししました。

さて、次はクイズです!夕張メロンが作られている夕張は北海道のどこにあるでしょう?

それぞれ4年生の皆さんに手を挙げてもらいました。

すると③が一番多く手があがりましたが。。。正解は②! 残念!!!

次のクイズは、ホンモノの夕張メロンはどれでしょう?

3種類の形の違う果物を皆さんに手に触れてもらい、予想してもらいました。

答えを先に言ってしまうと、上写真の渡会さんが手に持っているのが夕張メロン、その下の緑色の濃い、たわら型のものがカンロ(ウリ科)、その隣の小さな球体の形のものが摘果メロン(成熟する前に摘果されたメロンのこと)です。

指で叩いたり、香りを嗅いだり、見比べたり、隣のお友達と相談したりと、いろいろな方法で予想をたてていますよ。

さあ、皆さんに手を挙げてもらうと、一番香りの良かったカンロにたくさんの手が挙がりました。。。残念!!!

でも、香りで選ぶというのは、良いセンスをしています!

次にデジタル糖度計で夕張メロンの糖度を測ってみます。

まずは糖度計の仕組みを説明し、その後、夕張メロンの果肉を糖度計に乗せて計測します。

普通のメロンは14~15度あれば、甘いメロンと言えるのですが、果たして果たして。。。

写真では糖度を全く確認できませんね。。。(汗)

な、なんと19度!!! さすが夕張メロンです。 数字にすると余計甘さが伝わってきます!

さあ、今度は「夕張メロンクイズ」! おいしそうなクイズです。

メロンに関する意外な知識がたくさんありましたので、ちょっとご紹介します。

 

Q.世界で一番メロンが作られている国はどこでしょう?

①    中国 ②日本 ③アメリカ

正解は①の中国。日本は世界で21位です。

 

Q.日本でメロンが一番作られている地域はどこでしょう?

①    北海道 ②熊本 ③茨城

正解は③茨城。北海道は全国2位で、もう少しがんばれば1位になれるかも。

 

Q.メロンを漢字で書くと??①甜瓜 ②甘焦 ③鳳梨

正解は①!! ②はバナナ、③は何とパイナップル! ずいぶんとリッチテイストなネーミングです。

最後に、藏重商店さんから皆さんに夕張メロンピュアゼリーが一人一人に配られました。

授業に参加してくれたお礼と、夕張メロンをより好きになってくれますようにという願いを込めてとのこと。

とっても素敵な皆さんの笑顔で、最後は締めくくりました。

藏重商店さんのお二方、そして生徒の皆さん、お疲れ様でした!

Comments are closed.