オホーツク海から毛ガニ入荷中です!

3月30日水曜日、札幌も朝晩はまだ寒いですが、昼間は暖かくなってきて雪解けもかなり進みました。

本日は、3月15日より「毛ガニかご漁」の解禁とともに、オホーツク海から当市場に多く入荷している毛ガニを紹介いたします。

漁の解禁以降、浜頓別町、雄武町、興部町沙流、稚内市などのオホーツク海沿岸、そのほか根室産などが入荷しており、この3月から6月の間で年間約2,500トンが漁獲されるうちの半分以上の約1,300トンが水揚げされるのだそうです。

オホーツク産毛ガニ

オホーツク産毛ガニ

冬期間、冷たい海の中でたっぷりと餌を食べたこの時期の毛ガニは、身入り、味も抜群に良く、正に旬の味覚なのだそうですよ。

本日せり場で見つけたのは、4㎏の容器に4尾入っている1尾あたり約1㎏のビッグサイズの毛ガニ。

一人ではとても食べきれなさそう・・・。

1尾1㎏のビッグな毛ガニ

1尾1㎏のビッグな毛ガニ

卸売業者さんに聞いてみたところ、売れ筋は、値段が手ごろな4㎏の容器に11尾入っている、1尾あたり360g程度のサイズのものだそうですよ。

お手頃な4㎏11尾入りの毛ガニ

お手頃サイズの4㎏11尾入りの毛ガニ

オホーツク海から入荷する新鮮な毛ガニの入荷は4月中がピークとのこと。

北海道ならではの旬の味覚を、ぜひ、ご賞味ください!

Comments are closed.