「北海道きのこ品評会」が開催されました!!

11月6日月曜日、当市場会議室で第14回北海道きのこ品評会が開催されました。

「きのこ」を審査する様子です。

この品評会は、北海道きのこ生産・消費振興会の主催で、北海道のきのこ生産者の技術の向上と安定したきのこ生産体制の構築並びに良質で安全・安心な道産きのこの消費拡大を目的として毎年開催されています。
参加資格は北海道内で栽培きのこを生産している生産者で、出品部門は原木生しいたけ、菌床生しいたけ、その他のきのこ、参考出品の4つの部門に分かれています。

原木生しいたけ

菌床生しいたけ

しいたけ以外のきのこも出品されていました。

なめこ(原木栽培)

たもぎたけ

なめこ(菌床栽培)

えのきたけ

まいたけ

きくらげ

今年は全部で103点のきのこが出品されていて、審査はきのこの粒ぞろい、水分、鮮度、色調、形状などを総合的に審査するとのことです。

この品評会に出品されたきのこは、明日(11月7日10:00~16:00)、札幌駅前地下歩行空間「チ・カ・ホ」北3条交差点広場(西)で開催される「第6回北海道きのこフェスティバル」にも展示され、同フェスティバルでは、きのこ・山菜等の産地直売会も行われるそうです。

お時間の都合のつく方は、ぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか!!

Comments are closed.