和歌山しもつ蔵出しみかんキャンペーンが開催されました!!


1月27日土曜日、当市場に和歌山県から「しもつ蔵出しみかんキャンペーン隊」が来場されました。

キャンペーン隊の皆さんは、お揃いのはっぴや平安衣装を身にまとい、はっぴの背中面には「本貯蔵蔵出ししもつみかん」と記載されていました。

「しもつ蔵出しみかん」は、12月に収穫した完熟みかんを土壁作りの蔵の中で貯蔵し、糖や酸味のバランスが良くなるまでじっくり熟成させたみかんです。

貯蔵庫の木箱の中で静かに熟成されたみかんは、「蔵出し」の名前がつけられ、優れた和歌山県産品として「プレミア和歌山」にも認定されています。

「もぎたて」そのままの品質を保持するため、育った環境の園地毎に土壁作りの貯蔵庫があり、貯蔵中は庫内の空気の入れ替えや貯蔵箱の差し替え、品質チェックを毎日行うそうです。

JAながみねのしもつみかんキャラクター「文ちゃん」も会場を盛り上げてくれました。

実際に試食させていただきましたが、甘みと酸味のバランスが絶妙でとってもおいしかったです。

海南市副市長の伊藤明雄さん(写真右)とJAながみね下津柑橘部会常務理事の中下英昭さん(写真右から二人目)からごあいさつをいただきました。

「昨年は、台風に続き、低温や長雨が重なりましたが、生産者の方々のたゆまぬ努力により、今年のしもつ蔵出しみかんは、近年にないほど味が良い」とのことです。

「しもつ蔵出しみかん」は、これから2月末頃まで入荷される予定ですので、みなさんもぜひご賞味ください!!

Comments are closed.