「PROJECT180」の様子をご紹介します!!

「PROJECT180」とは

「PROJECT180」(プロジェクトワンエイティー)とは、札幌市や札幌商工会議所等が地元企業の魅力発信を目的として実施している事業で、地元企業の周知や学生の職業意識醸成等を相互に高めあうために、長期インターンシップの形で、新事業を学生と企業が180日間本気で取り組むプロジェクトです。
このたび、平成30年5月から9月の期間、当市場の水産部卸売業者である丸水札幌中央水産株式会社(以下、「丸水」)企画部・製品部と北海学園大学経営学部の学生8名で、丸水が提案した2つのプロジェクトに取り組んでいますので、ご紹介します。

「君は魚のプロになれるだろうか・・・?」

一つ目のプロジェクトは、自ら魚の目利きができるようになることで魚への興味・関心を高め、地元水産関連企業に興味のある人材育成を目的として、「君は魚のプロになれるだろうか・・・?」と題する課題に、丸水製品部と学生4名で取り組んでいます。
平成30年6月1日は、15種類のサーモンの食べ比べを行い、産地による味の違いや特徴について検討しました。

魚のプロになるための第一段として、身近な食材の代表である「サーモン」15種類の試食開始です。

ただ単に食べるだけでなく、その違いを感じ取ろうと真剣です。

試食した感想や、それぞれの特徴を書き出しています。

試食を繰り返しては、その違いについて検討しました。魚のプロを目指し、今、スタートを切りました!!

魚の知識習得後は、実際に全国各地のバイヤーを相手に、展示商談会で商談まで行うとのことですので、皆さん頑張ってください!!!

「新商品開発プロジェクト」

二つ目の「新商品開発プロジェクト」は、道内で漁獲が増えている「いわし」・「ぶり」を使った商品開発を行い、その消費拡大を図ることを目的として、丸水企画部と学生4名が取り組んでいます。
平成30年6月1日は、調理法の違う「いわし」・「ぶり」料理3品を作成・試食して、魚の特徴や調理法による違い等について検討を進めました。

今日のメニューは、「いわしと豆腐のハンバーグ」、「ぶりのトマト煮」、「ぶりまんじゅう」の3品です。

ぶりまんじゅうのせいろの蓋を開けると・・・おいしそう!!

料理も完成し、待ちに待った試食です。(みんな、朝5時前から来ていました。)

魚の特徴を考え、目標とする新商品の開発に向け、第一歩を踏み出しました!!!

今後は、マーケット調査や商品開発を行い、最終的には展示商談会で商品の紹介を行うとのことですので、皆さん期待しています!!!

Comments are closed.