トピックスTopics

ブログ検索

アーカイブ

カテゴリ: ‘市場からの食の情報’

「令和3年初せり式」が開催されました!

火曜日, 1月 5th, 2021

新年あけましておめでとうございます。
令和3年1月5日(火)、当市場では「初せり式」が行われ、今年の取引が始まりました!

例年は約2,000人が参加する「初せり式」ですが、今年は昨今の新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、ソーシャルディスタンスを守るため、例年より規模を縮小し、場内関係者のみで実施することとしました。

したがって、以下のように会場をカラーコーンで囲い、エリアを限定してそれぞれの間隔を十分確保した上で行いました。

ソーシャルディスタンスを確保

水産物部では午前6時45分ごろより、青果部では午前6時55分ごろより「初せり式」が行われました。

秋元克広 札幌市長の挨拶(水産物部 午前6時45分ごろ)

まず、秋元市長より「昨年は何と言っても新型コロナウイルスの影響が大きい1年であったが、そのような中で、市民の台所を支えていただいていることに深い敬意と感謝を申し上げる。今後も先が見通せない中ではあるものの、出来るだけ早く新型コロナウイルスが終息し、日常を取り戻していきたい。」との挨拶がありました。

髙橋清一郎 水産協議会会長のご挨拶(水産物部 午前6時45分ごろ)
髙橋守 青果部運営協議会会長のご挨拶(青果部 午前6時55分ごろ)

続いて、髙橋水産協議会会長、髙橋青果部運営協議会会長より、それぞれ「昨年は大変な一年であったが、皆で協力して乗り切ることができ、誇りに思う」「新型コロナウイルスとの闘いはまだまだ続くが、これに負けずに、卸売市場の役割を果たしていきたい」といった力強いご挨拶がありました。

ご挨拶ののち、市場恒例の「三本締め」を行いました。

水産物部「三本締め」
青果部「三本締め」

当市場では、引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止のため、取引の方法を変更しています。
水産物部では、現在、「まぐろ」のみがせり取引を行っています。その他の品物は入札取引または相対取引を行っています。

まぐろ①(塩釜産)
まぐろ②(インドネシア産)

青果部では、馬鈴しょ、なす、長なす、キャベツ、白菜、りんご、ごぼう、長いも、長ねぎ、レタス、みかんといった品物に限って、短時間でせり取引を行っています。

りんごのせりの様子①(卸売業者)
りんごのせりの様子②(仲卸業者・売買参加者)
なす
ごぼう
馬鈴しょ
りんご
長ねぎ

今年も、毎週恒例の「来週の入荷見通し」、旬の食材に関する「市場からの食の情報」、食育をテーマとした話題を集めた「食育関連情報」、プレスリリース情報などを掲載した「メディアの市場情報」、当市場で行われたイベントをご紹介する「市場イベント情報」など、様々な情報を発信していきますので、当市場とホームページをよろしくお願いいたします。

札幌市中央卸売市場の「プロが伝える美味しい食べ方」をYouTubeで紹介!(第2弾)

火曜日, 12月 22nd, 2020

札幌市中央卸売市場で働く水産・青果のプロフェッショナルが、普段お店で買うことができる魚、野菜、果物を美味しく食べるためのちょっとしたコツを伝授します!

今回は、
『プロが伝える美味しい食べ方④水産編 刺身のサクの切り方』
『プロが伝える美味しい食べ方⑤野菜編 かぼちゃの豆知識』
『プロが伝える美味しい食べ方⑥果物編 北海道リンゴを楽しもう』
を公開します。

YouTube上の(一社)札幌市中央卸売市場協会のチャンネルにおいて、今後も、「プロが伝える美味しい食べ方」のほか、様々なコンテンツがUPされる予定ですので、ぜひ「チャンネル登録」をお願いします! https://www.youtube.com/channel/UCyw1dXDYwnA9lZRdc9DieCA

「プロが伝える美味しい食べ方④水産編 刺身のサクの切り方」 https://youtu.be/J78nvzXUt8Q

刺身のサクの切り方

「プロが伝える美味しい食べ方⑤野菜編 かぼちゃの豆知識」 https://youtu.be/UzhxfC8yed4

かぼちゃの豆知識

「プロが伝える美味しい食べ方⑥果物編 北海道リンゴを楽しもう」 https://youtu.be/-sVC2xo9zVM

北海道リンゴを楽しもう

※ なお、現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、市場見学等を中止しております。市場見学等の再開については、ホームページでお知らせいたします。

一日限り!蜂屋柿のせりが行われました!

金曜日, 12月 11th, 2020

令和2年12月11日、JAふくしま未来保原より蜂屋柿が入荷し、51ケースが一日限りで「せり」にかけられました。

柿の取引方法は、今般のコロナウィルス感染防止のため、相対取引(せり人と買受人が価格を協議して決める取引)としていますが、干し柿(あんぽ柿)や「赤樽柿」にも使われる蜂屋柿が650ケースとまとまって入荷することから、業界からの強い要望もあって、感染防止対策を十分行ったうえで、一日限りということでせりを行ったものです。

蜂屋柿というのは、岐阜県美濃加茂市蜂屋町で古くから作られてきたことが名前の由来となった渋柿ですが、現在は福島県で盛んに栽培されています。

また「樽柿」は、密閉した酒樽に渋柿を入れて、残ったアルコール分で渋抜きをしていたことが由来で、特に赤い樽に入れられているものを「赤樽柿」と呼んでいます。

実は来週、現在渋抜き中の「赤樽柿」の渋みが抜けて、甘く美味しくなりましたら、一日限りの「せり」を行う予定ですので、こちらもお楽しみにしていてください。

札幌市中央卸売市場の「プロが伝える美味しい食べ方」をYouTubeで紹介!(第1弾)

火曜日, 12月 1st, 2020

札幌市中央卸売市場で働く水産・青果のプロフェッショナルが、普段お店で買うことができる魚、野菜、果物を美味しく食べるためのちょっとしたコツを伝授します!

今回は、

『プロが伝える美味しい食べ方①水産編 生筋子のほぐし方』
『プロが伝える美味しい食べ方②野菜編 札幌黄を食べよう』
『プロが伝える美味しい食べ方③果物編 ホットフルーツを楽しもう』

を公開します。

YouTube上の(一社)札幌市中央卸売市場協会のチャンネルにおいて、今後も、「プロが伝える美味しい食べ方」のほか、様々なコンテンツがUPされる予定ですので、ぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCyw1dXDYwnA9lZRdc9DieCA

「プロが伝える美味しい食べ方①水産編 生筋子のほぐし方」
https://youtu.be/HT9ASQOusuc

生筋子のほぐし方

「プロが伝える美味しい食べ方②野菜編 札幌黄を食べよう」
https://youtu.be/XUk-0Cm3-RY

コンソメオニオンスープ

「プロが伝える美味しい食べ方③果物編 ホットフルーツを楽しもう」
https://youtu.be/EiofaziGSng

簡単!ホットフルーツ

※ なお、現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、市場見学等を中止しております。市場見学等の再開については、ホームページでお知らせいたします。

「北海道海の恵みプレゼントキャンペーン」のお知らせ!

金曜日, 11月 6th, 2020

11月14日(土)から、札幌市中央卸売市場水産協議会と北海道ぎょれんが共同して、道産魚介類の消費拡大を図るため、「北海道海の恵みプレゼントキャンペーン」を実施します。

クリックで拡大(PDF:約3MB)

今年でなんと10回目を迎える好評のキャンペーンです!

期間中、札幌市内及び近郊のキャンペーン参加鮮魚店にて道産魚を1,000円以上(税込)お買い上げのお客様を対象にスピードくじを実施。

「当り」が出たら、その場で賞品がプレゼントされます。スピードくじがなくなり次第終了します。

店頭のキャンペーンポスターが目印です!
ぜひ、この機会にお近くの「魚屋さん」をご利用ください!

【期間】:令和2年11月14日(土) ~ 令和2年11月30日(月)

【賞品】:ほたて貝柱(冷凍、200g)

【キャンペーン参加店】:店頭ポスターが貼られている札幌市内及び近郊の鮮魚店

キャンペーン参加店(PDF:94KB)

やりいか・はたはたのせりが再開!

月曜日, 11月 2nd, 2020

水産物部では、本日(11月2日)より「やりいか」と「はたはた」のせりが再開いたしました。

せり物品

新型コロナウイルス感染防止のため、せりエリアを設けて、関係者以外の立ち入りを制限した上で実施しています。

曲〆髙橋水産
丸水札幌中央水産
はたはた

「はたはた」は、この時期に北海道ではよく獲れる魚で、検査員さんによると煮付けにすると美味しいそうです。お酒のつまみにも良いそうです。

やりいか

「やりいか」は、その名のとおり槍の穂先のような形をしています。
こちらも、煮物などにすると美味しくいただけるそうです。

これから先、北海道は魚のおいしい時期を迎えます。
お近くの鮮魚店やスーパーのお魚売場で、気になったお魚をぜひご購入してみてください!

さっぽろ青果館で干し大根づくりが行われています!

木曜日, 10月 29th, 2020
さっぽろ青果館

当市場に隣接する「さっぽろ青果館」。
こちらでは青果小売業者が軒を連ね、毎日当市場で仕入れた青果物等を販売しています!

そんな「さっぽろ青果館」の外に、何やら小屋が建っています。

小屋の中には…

中には、たくさんの大根が!!

大根だらけです!!

ひと昔前には、一般家庭の軒先等でも見かけることがありましたが、最近はあまり目にすることのなくなってしまった「干し大根」です!

この時期、さっぽろ青果館横のスペースでこのように小屋を建てて干し大根を作って販売をしています。
知る人ぞ知る秋の風物詩として、取材に行った際にも多くのお客さんが訪れていました!

綺麗に並べられた大根たち

こちらの「干し大根」ですが、約20年以上前から行っており、たくあん等の漬物を作りたいもののなかなか家庭で干し大根を作るのが難しい方などから、毎年約4,000本の注文があるそうです!!
お客さんから注文を受けてから大根を干しはじめ、1週間~10日ほどでちょうどよい出来になるとのこと。

吊るしバージョン

ところで、このように紐で吊るされている大根と、

棚に並べられたバージョン

このように棚に並べて干されている大根があるのですが、 お話を伺った永野商店の永野社長によると、紐で吊るして干したものは紐の痕がついてしまったり、紐を結ぶのが大変とのことで、昨年ごろから棚に並べて干す方法を思いついたのだそうです!

立派な干し大根です!

棚で干した大根を見せていただきましたが、しっかりと水分が抜けて、ちょうどよい柔らかさのきれいな干し大根ができていました!
また、良い干し大根を作るためには、ある程度の風通しが必要なのだそうです。
そのため、風があまり吹かない時にはこちらの扇風機で風を当ててやるのだそうです。

秘密兵器

今年は大根も良い品が入っており、良い干し大根が作れそうだということです!
11月中旬ごろまで行っているとのことですので、気になる方はぜひ足を運んでみてください!

大根のほかにも、当市場ではこの時期にはいろいろな漬物野菜が卸売場に並んでいます。

大球キャベツ

まずはこちらの「大球キャベツ」。ご存知の方も多いかもしれませんが、大きいもので直径50cm、重さは20kgほどにもなる巨大キャベツです!

iPhoneとの比較

スマートフォンを置いてみましたが、この大きさ。
主に漬物や業務用として使われることが多いのですが、生産者の方は年々減少傾向にあるとのことです。

丸だいこん①
丸だいこん②

こちらは丸だいこんです。丸々としていて蕪(かぶ)のような形です。

赤かぶ①
赤かぶ②

赤かぶです。売場でも一段と目を引く赤さ。

ポリ袋入り大根
葉付き大根

その他にも、ポリ袋入りの大根、葉付き大根などたくさんの漬物野菜が入荷しています!

新型コロナウイルスの流行によって外出が難しい今、ご家庭で漬物を漬けてみてはいかがでしょうか?

柿が入荷しています!

火曜日, 10月 27th, 2020

10月も終盤となり、朝晩の冷え込みが強まってきた札幌市内です。
当市場の卸売場もだいぶ寒くなってきました。

そんな中、当市場では秋を代表する果実の「柿」が入荷しています!

秋の果物「柿」

さて、柿には「甘柿」と「渋柿」があることはご存知でしょうか。
農林水産省のホームページによると、柿の渋みのもとは水溶性タンニンと呼ばれる物質によるもので、渋柿の場合はこれが口の中で溶けることで渋みを感じるのだそうです。
甘柿も、幼果のときには渋みがあるものの、収穫時になるとタンニンが「水溶性」から「不溶性」へ変化することにより、渋みがなくなるのだそうです。
また、渋柿はアルコールや炭酸ガスを使って処理(渋抜きと言います)することによって、タンニンが「不溶性」に変化し、甘くなります。

日本全国でたくさんの品種の柿が生産されており、ブランド化されているものも数多くあります。 その中から、当市場に入荷しているブランド柿をご紹介します。

まずは、新潟県佐渡地区で生産されている「おけさ柿」です。 

JA羽茂のおけさ柿
JA佐渡のおけさ柿
JA越後中央のおけさ柿

JA羽茂、JA佐渡、JA越後中央からそれぞれ出荷されています。
こちらの「おけさ柿」ですが、例年は産地の皆様が来場しトップセールスを行っていますが、今年はコロナウイルスの影響により、リモートによるトップセールスが行われました!

リモートトップセールス
JA越後中央 経営管理委員会会長 髙橋 七郎様のご挨拶
JA佐渡 常務理事 松井 和幸様のご挨拶
JA羽茂 代表理事組合長 本間 晧様のご挨拶
全農新潟県本部 県本部長 安藤 稔様のご挨拶

産地関係者の方々より、ご挨拶がありました。

今年の「おけさ柿」については、夏の高温により若干の着色遅れがあったものの、台風等の被害もなかったため着果・肥大は問題なく、昨年を上回る出荷量となっているとのことです!

ところでこちらの「おけさ柿」、品種は「刀根早生」と「平核無(ひらたねなし)」という2種類があります。
本日入荷していたものは「刀根早生」、11月上旬には「平核無」が出荷ピークを迎えます。
ここで問題ですが、「刀根早生」と「平核無」は甘柿でしょうか?渋柿でしょうか?

甘柿?渋柿?

答えは「渋柿」です!
そのため、炭酸ガスやアルコールによって渋抜きをして出荷されていますので、食べる時には甘い柿となっています!
種が無く、まろやかな甘さが特徴です。

続いて、山形県で生産されている「庄内柿」です!

庄内柿①

こちらも、品種は「刀根早生」と「平核無」が中心です。

庄内柿②

箱に「産地脱渋」と書かれているため、こちらも「渋柿」です。
山形県は昼夜の寒暖差が大きいため、夜間に気温が下がると柿が旨味を蓄え、美味しさが増すそうです! とろけるような甘さと柔らかさが特徴です。

たねなし柿①
たねなし柿②

この他にも和歌山県のJA紀北かわかみからの「たねなし柿」などが入荷しています!

「柿が赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、柿には栄養素がたくさん入っています!
中でもビタミンCを多く含んでおり、その量はなんと柿1個でレモン1個とほぼ同じです!これからの時期、風邪の予防にぴったりです。
このほかにも血液をサラサラにしてくれる「ポリフェノール」、生活習慣病の予防に効果的な「βクリプトキサンチン」や「リコピン」が含まれています!

栄養素たっぷり、甘みたっぷりの「柿」のご紹介でした。
これからの時期、店頭で見かけることが多くなると思いますので、お見かけの際はぜひお試しを!

八百屋さんに行こう!!「お買物キャンペーン」のお知らせ!!!(8月1日~8月31日)

水曜日, 8月 12th, 2020

当市場青果部運営協議会が、8月1日から8月31日までの期間で、生活習慣病に効果的とされている野菜や果物を、普段の食生活にもっと取り入れていただくために、抽選で最高3,000円分のお買物券が310名に当たる「お買物キャンペーン」を今年も実施します。

いつもは八百屋さんに行かれない方も、ぜひこの機会に新鮮な野菜・果物をお求めに八百屋さんまでお買い物に出かけてみてはいかがでしょうか?

◆キャンペーン応募の流れ
キャンペーン参加店で税込500円以上お買物をされたお客様は、スマホなどの携帯端末からチラシに記載のQRコードを読み取り、必要事項とお買物をした店舗の「店舗コード」を入力し、応募をしてください。

👉👉👉お買物キャンペーンチラシ👈👈👈(PDF:約2MB)

応募いただいた方の中から抽選で、キャンペーン参加店で使用できる野菜・果物お買物券(S賞3,000分10名様、A賞2,000円分100名様、B賞1,000円分200名様)を合計310名様にプレゼントさせていただきます。
また、当選されなかった方々の中から抽選で20組40名様を「札幌市民の台所・札幌市場と朝食ツアー」にご招待します!
※「札幌市民の台所・札幌市場と朝食ツアー」につきましては、コロナウイルス感染症の状況により、日時の変更等が生じる場合がございます。あらかじめご了承願います。

キャンペーン参加店(PDF:約71KB)の一覧を掲載しましたので、お近くのお店をチェックしてみてください。

◆お問い合わせ先
札幌市中央卸売市場青果部運営協議会 TEL:011-641-5440
(受付時間は水・日を除く9:00~12:00、13:00~16:00)

◆注意事項
・当選の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
・お預かりした個人情報は申し込み内容の確認や当キャンペーンに関する事項のみに使用させていただき、第三者へ無断提供することはございません。

令和2年「夕張メロン」の初せりを行いました!

月曜日, 5月 25th, 2020

令和2年のJA夕張市「夕張メロン」は、昨年より1日遅い本日5月25日に初入荷となり、初せりが行われました。

現在、青果部においては新型コロナウイルス感染拡大防止のため、せり取引を中止しておりますが、北海道を代表するブランドである夕張メロンの初入荷に合わせ、市場関係者等と協議の結果、本日1日限りでせり取引を行うことといたしました。

なお、せり場では感染拡大防止のため、カラーコーンで十分な距離を設けることとし、入場者全員のマスク着用を義務付けるなど十分な感染予防対策をいたしました。

さて、本日の初入荷は、124ケース554玉となりました。
今年は天候が安定しない状況の中でしたが、生産者の方々の努力によりハウス施設のビニール被覆作業や苗床の管理も順調に進められた結果、遅れなく順調に生育されたとのことでした。

午前7時、開始のベルとともにせりが行われました。

こちらは、上位落札者に贈呈される時計入りのパネルです。

本年の夕張メロンは、生産者103名により作付けされ、計画面積220ヘクタール、販売計画は3,800トンを予定しているとのことです。

今後も北海道の果実等の初入荷が続きますので、随時情報をお届けします!