カテゴリ: ‘その他の情報’

札幌市中央卸売市場 における「Twitter」アカウントの運用方針(ソーシャルメディアポリシー)について

土曜日, 5月 27th, 2017

Twitter(ツイッター)による情報発信の目的

札幌市中央卸売市場に関する様々な情報を、より多くの方に拡散・波及させていくことを目的としています。

投稿者・発信内容・発信時間

投稿者 札幌市経済観光局中央卸売市場職員
発信内容 札幌市中央卸売市場ホームページの新着情報を中心に、旬の水産物や青果物、イベント情報等を適時発信します。
発信時間 原則として平日8時45分~17時15分

ただし、上記時間帯以外でも投稿する場合があります。

注意事項

・国・地方公共団体または公共性の高い機関のアカウントを必要に応じてフォローする場合がありますが、それ以外のアカウントについては、原則フォローいたしませんのでご了承ください。

・本アカウントでは、リプライやDM等を通じた個々のご意見等への対応は、原則行いませんので、ご了承ください。回答をお求めの場合は、お手数ですが下記のメールアドレス宛にお送りください。

・本アカウントによる発信は、札幌市中央卸売市場ホームページの新着情報の掲載時刻とは連動しません。また、新着情報のすべてを発信するものではありません。

・本アカウントに対し、公序良俗に反するリプライやDM等を繰り返し行うアカウントは、事前の連絡なく、こちらからブロックすることがありますので、あらかじめご承知おきください。

・本アカウントの運用ポリシーは、事前の連絡なく変更する場合があります。

個人情報の取り扱いについて

・個人情報とは、氏名、住所、生年月日、職業、収入、財産等のように特定の個人を識別することができるものをいいます。

・本アカウントにおいて、上記個人情報を収集・取り扱うことはありません。

 

■お問い合わせ

札幌市経済観光局中央卸売市場経営支援課

電話:011-611-3114  FAX:011-611-3138

組織メールアドレス:webmaster@sapporo-market.gr.jp

札幌市中央卸売市場ツイッターをはじめました!

木曜日, 5月 25th, 2017

札幌市中央卸売市場の公式ツイッターをはじめました!

当ホームページの市場ブログと併せて、北海道産をはじめとする旬の食材の紹介、初入荷などのイベント紹介などをツイートしていきます。

お気軽にアカウントをチェックしてみてください!

 

平成29年度「せり人」登録証交付式を開催しました

金曜日, 4月 28th, 2017

平成29年4月28日金曜日に平成29年度「せり人」登録証交付式を開催しました。

今年度、新規に登録された方は10名(水産7名、青果3名)、更新された方は76名(水産51名、青果25名)の計86名の方に登録証を交付しました。

「せり人」になるには、市場での卸売業務経験はもちろんのこと、筆記試験に合格して初めて「せり人」として登録されます。登録を更新する場合は、口述による試験に合格する必要があります。

登録を受けた「せり人」は、宣誓書に署名をしなければならないことになっています。

「せり人」を代表して宣誓書が読み上げられ「卸売市場法、業務規程及び関係諸法令を遵守し、誠実かつ公正に職務を遂行すること」を宣誓しました。

「せり人」と市場長が、がっちり握手を交わしました。

「せり人」のみなさん、私たちの「豊かで安全・安心な食卓」のために今後ともよろしくお願いします!

ウェブアクセシビリティ取組確認・評価表に基づく取組内容結果

火曜日, 4月 25th, 2017
1 取組内容確認日   2017年3月31日
2 個々のホームぺージ等の取組ポイント数  8/30
(1)継続性         5/16
(2)実現内容の確認と公開  3/8
(3)利用者との協調     0/6
3 個々のホームページ等の取組内容
(1)継続性
   ガイドライン
    :団体として策定した共通のガイドラインを一部活用している
   職員研修
    :過去1年以内にアクセシビリティに関する職員研修を実施、又は参加した
   検証
    :過去3年以内にアクセシビリティに関する検証を実施し問題点を把握していない
   改善
    :過去3年以内に、公開しているページの改善に取り組んでいない
(2)実現内容の確認と公開
   取組の実現内容
    :過去1年以内にアクセシビリティに関する取組内容について取組確認・評価表に
    より確認し結果を各ホームページで公開した
   アクセシビリティの実現内容
    :過去3年以内にアクセシビリティの実現内容について、最新のJIS X 8341-3に
    基づく試験による確認を行っていない
(3)利用者との協調
   利用者の意見収集
    :一般的な意見収集としては取り組んでいるが、アクセシビリティについて積極的
    な意見収集には取り組んでいない
   利用者との協力体制/ユーザー評価
    :アクセシビリティを確保・維持・向上のために、利用者(社会福祉協議会、当事者
    団体、支援団体等を含む)へ協力を求めたことがない
4 次年度以降の取組予定
   次年度に改善の取組又は取組計画を立て、改善を実施する

平成28年度コンプライアンス推進会議 経営層向け研修会が開催されました

木曜日, 3月 2nd, 2017

3月2日木曜日、「平成28年度コンプライアンス推進会議 経営層向け研修会」が、当市場で開催されました。

当市場では、平成26年度より、市場関係事業者のコンプライアンスに対する意識向上のため、「コンプライアンス推進会議」を設立し、研修を実施しています。

講師の田原咲世先生

今回は、北桜労働法務事務所 社会保険労務士 田原咲世先生を講師にお招きして、
『労働時間の短縮と「従業員定着・育成・60歳以降の継続」』をテーマにご講義をいただきました。

100名近くの受講者が、熱心に聴講しました

札幌市中央卸売市場開設運営協議会が開催されました

木曜日, 2月 23rd, 2017

2月23日木曜日、「平成28年度第2回札幌市中央卸売市場開設運営協議会」が、当市場で開催されました。

この協議会は、卸売市場法に基づく市長の附属機関として、市場の開設や業務の運営に関する事項について調査審議を行うものです。
委員の皆さんは、生鮮食料品等の生産、流通、消費などの分野における学識経験を有する方で構成されています。

市場開設運営協議会の様子

議題は、平成29年度札幌市中央卸売市場事業会計予算及び経営展望の策定の中間報告についてでした。

冬季アジア札幌大会ボランティア「スマイル・サポーターズ」を激励しました!

火曜日, 2月 21st, 2017

2月19日から、ついに冬季アジア札幌大会が開幕し、熱い戦いが始まりました!

 

その大会ボランティア「スマイル・サポーターズ」の皆さんを激励するため、

秋元市長と当市場 青果部運営協議会 勇﨑会長が月寒体育館を訪問しました!

 

大会マスコット「エゾモン」の雪像が見守る中、

秋元市長から激励の言葉が贈られました。

続いて、勇﨑会長より差し入れのバナナが贈呈されました。

記念撮影

最後はバナナを持って、記念撮影!

大会は26日、日曜日まで続きます。寒い中での活動が続きますので、体調に気を付けて、さわやかな笑顔で選手の皆さんへのおもてなしをよろしくお願いします!

さっぽろ食の安全・安心推進協定

金曜日, 2月 17th, 2017

札幌市では、市民・事業者・札幌市の3者が連携・協働して、食の安全・安心の確保に向けて取り組む「安全・安心な食のまち・さっぽろ」を目指して、さまざまな施策を進めています。

札幌市中央卸売市場では、食の安全の確保と消費者との信頼関係の向上を図るため、札幌市と関係事業者(卸売業者、仲卸業者、小売組合及び買出人)との間で「さっぽろ食の安全・安心推進協定」を締結し、協働・連携して、食の安全・安心についての取組を行っています。

協定を締結している事業者は以下のとおりです。
なお、クリックすると各事業者の取組を紹介する札幌市保健所のページに移動します。

【水産物部卸売業者】
曲〆髙橋水産株式会社
丸水札幌中央水産株式会社

【青果部卸売業者】
丸果札幌青果株式会社
札幌ホクレン青果株式会社

【水産物部仲卸業者】
安彦水産株式会社 株式会社サカイ 岡部水産株式会社 大舘水産株式会社
河上水産株式会社 上山水産株式会社 共同水産株式会社 近藤水産株式会社
坂水産株式会社 株式会社イチマル渋谷 株式会社中西商店 中津川水産株式会社
西沢株式会社 株式会社本間水産 本田水産株式会社 大幸水産株式会社
株式会社やまた水産 株式会社一ウ 兼長水産株式会社 丸井水産株式会社
株式会社福田商店 株式会社平田商店 株式会社宮本商店 星野水産株式会社
加藤水産株式会社 まるみ水産株式会社 大協水産株式会社
札幌シーフーズ株式会社

【青果部仲卸業者】
株式会社十丸中川青果 株式会社森哲 株式会社双葉屋 有限会社菅井商店
株式会社石田商店 丸共農産商事株式会社 株式会社本間商店 株式会社池広
株式会社岩崎商店 株式会社上野商店 小野青果株式会社 株式会社北一蔵重商店
株式会社葛西 有限会社南部商店 有限会社増井商店 株式会社森下商店
丸ト青果株式会社 株式会社滑川商店 株式会社神田芳雄商店 株式会社小樽屋
有限会社木内商店 株式会社大谷商店 株式会社辻商店 米内青果株式会社
株式会社本田誠一商店 株式会社伊藤法夫商店

【小売組合】
-水産物部-
札幌水産物商業協同組合 道央水産物商業協同組合
【組合加入店舗】
田中水産株式会社札幌センター 有限会社珍味センター佐々木水産
株式会社すし善 株式会社本間鮮魚店 株式会社山光水産 株式会社東鱗水産
株式会社岩瀬谷商店 株式会社丸一長谷川昇商店 松澤商店 株式会社宮田商店
安田鮮魚店 株式会社ラルズ 有限会社マルキン北海 有限会社カネダイ
光水産株式会社 株式会社やまき木村 株式会社鮮魚かなざわ 宮本水産
株式会社共栄水産 株式会社札幌多田水産 田嶋商店 有限会社千葉水産
有限会社藤富数藤商店 株式会社エスワイエスウイング

-青果部-
札幌青果物商業協同組合 道央青果協同組合 札幌中央青果協同組合
【組合加入店舗】
有限会社岡部商店 有限会社杉原商店 株式会社瀬戸商店

 

ホームページの一時停止のお知らせ

金曜日, 2月 10th, 2017

メンテナンスのため、下記の日時は札幌市中央卸売市場のホームページをご覧いただけません。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【停止日時】
平成29年2月10日(金曜日)17時30分から19時30分まで

ノロウイルス感染予防対策講習会を開催しました

火曜日, 1月 24th, 2017

札幌市内の医療機関から報告される「感染性胃腸炎」の患者数が急増し、ノロウイルスによる食中毒の発生が危惧される状況となっていることを受けて、札幌市では、平成28年11月25日から平成29年3月31日までの間、「ノロウイルス食中毒注意報」が発令されています。

さらに、ノロウイルスによる食中毒が1週間以内に2件発生するなど、さらなる注意喚起が必要な事態が生じたため、平成28年12月27日から平成29年1月9日まで、平成25年度に制度を設けて以来、初めて「ノロウイルス食中毒警報」が発令されました。

このことを受けて、本日1月24日火曜日、当市場において、ノロウイルス感染症や食中毒の予防対策のため、「ノロウイルス感染予防対策講習会」を開催しました。

はじめに、ノロウイルスへの感染予防対策について、当市場の大上管理課長から講義をしていただきました。

講義の様子1

ノロウイルス感染予防対策の必要性と感染者が出た場合の具体的な対処方法、現在実施している対策の内容について説明がありました。

 

次に、保健所食の安全推進課の河波広域食品対策担当課長より、「ノロウイルスから中央卸売市場を守りましょう」という演題で講義をしていただきました。

講義の様子2

ノロウイルスについてわかりやすく書かれたパンフレットにより、ノロウイルスの特徴や、感染してから回復するまでの流れと注意点について説明がありました。

ノロウイルスの予防のポイントとして、手洗いの重要性があげられるのですが、インフルエンザが流行すると、一般的に手洗いを多くするようになるため、結果的にノロウイルスの食中毒が減少するとの話もありました。

それから、過去の食中毒や感染症の実例として、おう吐物等の処理をした際に消毒が不十分だと、ウイルスが乾燥して空中に漂い、感染症を発生させてしまうこともあるため、消毒を適切に行うことが重要であること。

また、感染症の予防対策は、無理なくできる内容を各社で考え、感染者が発生した場合の連絡報告体制を整備し対策を実施していただきたいとの話がありました。

 

講習会は、本日午前の部、午後の部と二回開催し、合計138名の市場関係者が受講されました。

受講者の様子

当市場全体で、今回の講習会を生かして、感染予防対策を徹底していきたいと思います。