トピックスTopics

ブログ検索

アーカイブ

カテゴリ: ‘その他の情報’

福島県産「モモ」PRが実施されました!

木曜日, 7月 16th, 2020

7月16日(木)、青果部果実売場はピンク色ののぼりやポスターで華やかな雰囲気となっていました!

本日は、福島県より伊達市 須田市長をはじめとした皆様が福島県産の「モモ」をPRするために当市場を訪れました!

2020ミスピーチキャンペーンクルーのお二人も来場されました!
左から、山田 奈菜(やまだ なな)さんと髙橋 亜希(たかはし あき)さんです。

現在、当市場に入荷している品種は、「日川白鳳」と「暁星」です。
これから、お盆にかけて「あかつき」という品種が主流になっていくそうです。
売場にはモモの良い香りが漂っていましたよ!

伊達市 須田市長のご挨拶
JAふくしま未来 数又代表理事組合長のご挨拶

午前7時30分から、せりに先立ち、伊達市 須田市長とJAふくしま未来 数又代表理事組合長からご挨拶がありました。
今年は、春先の天候が良く順調に生育が進んでいるということで、糖度はなんと砂糖の1.5倍もあるのだそうです!

福島県産のモモは、すべて光センサーによって選別されているため、品質や糖度のばらつきがないのが特徴だということです。

せり終了後、ミスピーチキャンペーンクルーのお二人から、モモの贈呈が行われました。
「モモは、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており夏バテ防止にもなります。新型コロナウィルス流行の中、マスク着用などで体が熱くなった時にぜひモモを食べて夏バテを防止してください。」とお話しがありました。

糖度たっぷりの福島県産のモモ、夏バテ防止にぜひご賞味ください!

礼文産真ホッケ「礼𩸽(レイカ)」&刺し網漁「サンマ」が初入荷しました!

木曜日, 7月 16th, 2020

本日は水産物部から初入荷の情報です。

日本最北の離島・礼文島の船泊漁協から、新たにブランド化された真ホッケ「礼𩸽」が初入荷となりました!

こちらのホッケは、礼文島の「礼」と、魚へんに花と書く「𩸽(ほっけ)」を組み合わせて「礼𩸽(レイカ)」と名付けられ、「花の島」とも呼ばれる礼文島にぴったりのブランド名となりました!

売場では、大型モニターによる「礼𩸽」の紹介動画が流れており、多くの方が立ち止まって観ていました。

こちらの「礼𩸽」の特徴ですが、まずはその大きさです。
通常のホッケよりも脂の乗った大型サイズである、700g以上のホッケのみが「礼𩸽」として出荷することができるそうです。
また、完全日網操業・船上選別・即氷締めをしているということで、鮮度を保ったまま出荷されます。
その鮮度を活かして、刺身や塩焼き、礼文発祥のちゃんちゃん焼きなど多様な料理を楽しむことができるということです!
普段、食卓に並ぶことも多いホッケですが、「礼𩸽」をお見かけの際は購入してみてはいかがでしょうか!

また、先日道東沖のサンマ刺し網漁が解禁となったことにより、サンマの初入荷もありました!

ここ数年不漁が続くサンマですが、当市場には本日10.6kg(11ケース)の入荷となりました。
価格は、最高値が1kgあたり40,000円で取引がされました!

サンマも、普段の食卓に欠かせない魚だけに漁獲量の回復を祈るばかりです…。

【お知らせ】青果部におけるせり取引方法等の変更について(令和2年7月10日)

金曜日, 7月 10th, 2020

新型コロナウイルス感染防止に係る青果部せり取引方法等について、下記のとおり変更等を行うことといたします。

                記

1 実施期間
  令和2年7月16日(木)より当分の間

2 せり品目の追加及び取引開始時間

なお、卸売場に入場の際は、帽子及び標識、マスクもしくはマスクに準ずるもの(タオル等)の着用をお願いいたします。

青果部関係団体あて通知文(PDF:141KB)

JAふらの「まっ赤なえくぼ」、JAきょうわ「らいでんメロン」が初入荷!

木曜日, 6月 25th, 2020

6月25日(木)、本日も果実売場は道内果実の初入荷で活気づいていました!

まずはこちら。

JAふらのより、「まっ赤なえくぼ」です!
なんといっても気になるのはそのネーミング。

「このすいかを食べると、おいしさのあまり”えくぼ”ができてしまう」というのが名前の由来だそう。
こちらの「まっ赤なえくぼ」、箱についてもおもしろい工夫がされています。

こちらのかわいらしい箱ですが、蓋を取ると・・・

“まっ赤なえくぼ“ができて、にっこり笑顔が現れました!

本日の初入荷は、43箱43玉でした。
品種は、「紅まくら」という枕型の大玉すいかです。
糖度も高く甘く仕上がっているとのことですので、ご家族などで楽しんでみてはいかがでしょうか!

続きましてこちら。

JAきょうわより、「らいでんメロン」です!
これまで「らいでんすいか」や「らいでんジュニア西瓜」と、JAきょうわの”らいでん”シリーズを紹介してきましたが、本日はメロンです!

北海道を代表するメロンのひとつです。
名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

JAきょうわの方に色々とお話を伺いました。
「らいでんメロン」の栽培にあたっては土壌へのこだわりがあるそうです。

みなさん、「らいでんメロン」はネギとの混植栽培を行っているということをご存知でしたか?
そうです、あの野菜の「ネギ」です。

どういった利点があるのかというと、ネギの根の周囲には、シェードモナス菌という菌が生息しており、これがメロンの根に対して病害を与えるフザリウム菌という菌を減らす働きをするのだそうです。
簡単に言えば、「ネギがメロンを病気から守ってくれている」ということですね。
このネギとの混植は、「らいでんすいか」の栽培でも取り入れているのだそうです。

そのほかにも、メロンは高温度の土壌を好むため、発酵させた温度の高い土壌づくりにこだわっているのだそうです。
本日の初入荷は「ルピアレッド」という品種ですが、同じ生産者の方でも「ルピアレッド」の生産が終了した後に、再度土壌を作って別の品種を生産されるのだそう。
生産者の方のこだわりが、おいしい野菜や果実を作っているのですね。

本日は、173箱の初入荷となりました。
例年よりも多いとのことです!

ご祝儀価格もつきました!

本日入荷の「ルピアレッド」のほか、「レッドティアラ」、「レッド113」、「レッド01」、青肉種の「クラウン」と品種をつないで、なんと11月上旬まで入荷するとのことです!

今年もおいしく仕上がった「らいでんメロン」、ぜひご賞味ください!

【お知らせ】青果部におけるせり取引時間及び売場の変更について(令和2年6月25日)

木曜日, 6月 25th, 2020

新型コロナウイルス感染防止に係る青果部せり取引時間及び売場について、下記のとおり変更等を行うことといたします。

                   記

1 実施期間
  令和2年7月2日(木)より当分の間

2 せり取引変更時間及び品目

なお、卸売場に入場の際は、帽子及び標識、マスクもしくはマスクに準ずるもの(タオル等)の着用をお願いいたします。

青果部関係団体あて通知文(PDF:143KB)

新たに誕生した「ふらのすいか」の初入荷です!

月曜日, 6月 22nd, 2020

6月22日(月)、本日もすいかの初入荷がありました!

JAふらのより「ふらのすいか」です!

初めてご覧になる方も多いかもしれません。
と言いますのも、今までJAふらの内に4つあったすいか部会が今年から1つに統合されたことにより、新たに「ふらのすいか」として出荷されることとなったとのことです!

本日は67箱の初入荷。

時期としては、これまでJAふらのより入荷していたすいかと同時期の初入荷となりました。
部会統合により、大玉すいかについては30戸ほどの生産者の方々によって生産されているとのことです。

すいか売場には道内・道外産すいかが出揃いました!
午前6時30分、せり開始。
ご祝儀価格もつきました!

本日より、青果部ではせり時間及び売場が変更となりました。
すいかについては、午前6時30分より、すいか売場にてせりが行われました。

「ふらのすいか」は、9月中旬ごろまで入荷が続くということですので、これから来たる夏に向けてぜひご賞味ください!

また、道内産メロンについても本日から南側低温売場にてせりが行われています。
発声をするせり人との距離をカラーコーンで確保し、ソーシャルディスタンスを保ってせりが行われていました。

スイカが続々と入荷しています!

金曜日, 6月 19th, 2020

少し肌寒い日が続いておりますが、当市場ではスイカの初入荷が続いています!

まずは、6月18日(木)にJAふらのより「黒小玉すいか」、JAきたそらちより「マダーボール」が初入荷となりました!

こちらはJAふらのから入荷した「黒小玉すいか」です。 読んで字のごとく、黒い小玉すいかです!

「黒小玉すいか」は、「北の国から」で有名な富良野市麓郷(ろくごう)地区で生産されています。

産地の方がいらっしゃったので、お話を聞いたところ、「5月の気温が低かったものの、6月前半は好天に恵まれ、例年通りの時期に出荷ができた」とのこと。
19戸の生産者の方々がビニールハウス栽培を行っているそうです。

今回の初入荷は、10箱でした。
お盆くらいまでの入荷になるとのことでしたので、見かけた際はぜひお手に取ってみてください!

こちらは、JAきたそらちより入荷した「マダーボール」です!
特徴は、なんといってもこのラグビーボールのような形状です。 

ちなみに、マダーボールの”マダー“というのは、「茜」という意味だそうで、スイカの赤い果肉を表しているのですね!

こちらは、8箱の初入荷となりました。

続きまして、6月19日(金)には、JAきょうわより「らいでんジュニア西瓜」の初入荷がありました!

こちらは、先日ご紹介した「らいでんすいか」を、家庭用冷蔵庫でも保存できるようにと開発された小玉種です。
「らいでんすいか」を家庭でも楽しめるという、良いとこ取りの品です!

産地はJAきょうわです。お馴染みの法被に袖を通した産地の方々。

初入荷は、73箱285玉となりました。
今年の出来ですが、「低温が続き、生育に遅れがあったが、品質・糖度とも問題なく、例年通りの出来栄え。」とのことでした。

こちらも、お盆ごろまで出荷されるとのことです!

産地や品種によってもさまざまなスイカ、ぜひ食べ比べてみてください!

【お知らせ】青果部におけるせり取引時間及び売場の変更について(令和2年6月19日)

金曜日, 6月 19th, 2020

新型コロナウイルス感染防止に係る青果部せり取引時間及び売場について、下記のとおり変更等を行うことといたします。

                   記

1 実施期間
  令和2年6月22日(月)より当分の間

2 せり取引変更時間及び品目

なお、卸売場に入場の際は、帽子及び標識、マスクもしくはマスクに準ずるもの(タオル等)の着用をお願いいたします。

青果部関係団体あて通知文(PDF:141KB)

「新北海道スタイル安心宣言」について

金曜日, 6月 19th, 2020

札幌市では、北海道の定める「新北海道スタイル安心宣言」を市有施設に掲示することとしておりますので、当市場においても管理センター入口に掲示しました。

当市場では、卸売場でのマスク等の着用や取引方法の変更などの感染防止対策をとりながら、安全安心な生鮮食料品を市民のみなさまに安定的に供給し続けています。

なお、札幌市の取組は、下記リンクよりご覧いただけます。

札幌市ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」
http://www.city.sapporo.jp/kinkyu_202002.html

「プチすいか」、「暑寒メロン」、「ようていメロン」初入荷です!

火曜日, 6月 16th, 2020

まだまだ初入荷ラッシュは続きます。

本日は、JAふらのより「プチすいか」、JAきたそらちより「暑寒メロン」、JAようていより「ようていメロン」が初入荷となりました!

順にご紹介しましょう。

まずは、こちらの「プチすいか」です!
なんとも可愛らしいネーミングですが、その名のとおり通常のすいかよりも小さめサイズの「小玉すいか」です。

JAふらのからの出荷ということで、背景の富良野の風景がなんとも爽やかです。

本日は秀品5玉が4箱、秀品4玉が9箱の計13箱がせりにかけられました。

こちらの「プチすいか」、小さいからといって侮ってはいけません。甘みは通常のすいかと同等、むしろ小さく果肉が詰まっている分、より甘みを感じられるそうです!
冷蔵庫でも保存しやすいサイズであることから、大変人気が高いそうですよ。

ちなみに、今年から箱のデザインが変わったそうです。
本日入荷した品種は「ひとりじめ」。ぜひ、「ひとりじめ」してみてはいかがでしょうか?

続いてはこちら。

暑寒別岳のふもと、雨竜町で育てられた「暑寒メロン」です!

こちらは、北海道産メロンの中でも珍しい「青肉メロン」です。
昨年購入して食べたという同僚によると、「青肉といっても青臭さは全くなく、果汁たっぷり甘みたっぷりでとろけるような美味しさだった」ということでした!
どんな味なのか、とても気になりますね…!

本日は秀品4玉9箱、秀品5玉1箱の計10箱の入荷です。

ご祝儀価格もつきました!

濃厚な甘みが特徴の赤肉メロンも良いですが、たまには爽やかな甘みが特徴の青肉メロンもいかがでしょうか?

最後はこちらです。

「ようていメロン」です!
こちらは、北海道の名峰・羊蹄山のミネラル豊富な伏流水と寒暖差のある気候でじっくりと育てられたメロンです。

「高原の風と水と心のメッセージ」。素敵なキャッチフレーズです。

産地の方に、「今年の仕上がりはいかがですか?」とお尋ねしたところ、自信たっぷり「良いです!」と一言。
出荷時点での最高糖度は17.8度と、非常に甘く仕上がっているとのことでした!

本日は、ニセコ町で生産された46箱がせりにかけられました。

本日の初入荷の品種はすべて「ルピアレッド」で、今後は、「レッド113」、「ティアラ」、「おくり姫」、「羊蹄レッド」、「レッド113F」と順に生産されていくとのことです。また、青肉種の「ニセコグリーン」もあるということです。

新型コロナウイルスの感染拡大によりイベント等の中止が相次いでいますが、道内各地では生産者の方々がおいしい野菜や果実を作り続けてくださっています。 お買い物の際は、ぜひ産地などに注目をしてみてください!