Archive for 6月, 2013

札幌市中央卸売市場のロゴを大募集!

水曜日, 6月 26th, 2013

※受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

市場関係者で選考の上、平成25年9月22日開催予定の市場開放イベント「消費拡大フェア2013」で発表を予定しています。当選者には事前に連絡いたします。

なお、選考の結果、該当作品がない場合もありますのでご了承ください。

北海道で唯一の中央卸売市場である「札幌市中央卸売市場」の知名度を向上させ、PRしていくためにロゴを募集します。

募集期間は7月1日(月)~8月12日(月)の午前12時までで、日本在住の高校生以上の方であれば、プロ、アマ、個人、団体、グループを問わず、どなたでも応募できます。

採用された方には、当市場の水産協議会及び青果部運営協議会から賞金20万円と市場の旬の食材をプレゼント。

詳細については、募集要領をご覧ください。

募集要領はこちらから(WORD版PDF版

応募用紙はこちら(WORD版PDF版

たくさんのご応募、お待ちしています。

〈応募・問い合わせ先〉

札幌市中央区北12条西20丁目

札幌市経済局中央卸売市場経営支援課

電話011-611-3114 FAX011-611-3138

JAふらの「北の国からメロン」です

火曜日, 6月 25th, 2013

先日の「富良野メロン」に続き、JAふらのから「北の国からメロン」がやってきました。

山部支所からです

北海道富良野地区は、盆地で内陸性気候のため寒暖の差が大きく、良質なメロンを作り出すのにぴったりの土地なのだそう。

広大な土地の中で、生産者の方の愛情をたっぷり受けて育てられたメロンは、口にした皆さんに最高の味わいをもたらしてくれます。

品種は赤肉のルピアレッド。

多くの関係者が見守る中、競りが始まりました。

競りの様子(動画:1.5MB)

「北の国からメロン」、ぜひご賞味ください!

JAようていから「ようていメロン」初入荷!

火曜日, 6月 25th, 2013

6月25日、JAようていから「ようていメロン」が当市場に初入荷しました。

北海道後志支庁管内の南西部に位置するJAようてい地区は、羊蹄山の伏流水が染みわたり、肥沃(ひよく)な大地が広がる農業の一大産地。

羊蹄山麓特有の昼夜の寒暖差が、甘くておいしい「ようていメロン」を育てるのだそうです。

試食にも次々と手が伸びて、あっという間になくなっていました。

卸売業者さんは、試食用メロンの追加も

表皮ギリギリまで果肉が広がっている「ようていメロン」の品種は、赤肉のルピアレッド。

常温で少し置いて、追熟させるのがおいしく食べるポイントなのだそうです。

競りの様子(動画:2.7MB)

「つるがしおれてきて、全体に弾力が感じられるようになったら食べごろだよ!」と、小売業者さんに教えてもらいました。

食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やして食べると、より一層おいしいそうです。

入荷は10月下旬までです。

ぜひ!

「ひまわりの里」北竜町から「ひまわりすいか」入荷しています

火曜日, 6月 25th, 2013

北海道北竜町から「ひまわりすいか」が入荷しています。

北竜町は、ひまわりの作付面積が日本一。

町の花にも指定して、ひまわりを中心とした街づくりを積極的に進めているのだそうで、来月(7月)にはひまわりまつりが開催される予定とのことです。

連日のように道内産のメロンやスイカが入荷になる中、黄色い果肉の小玉スイカが関係者の目をいっそう引いています。

今年は、雪解けの遅れや春先の低温などで昨年より少し遅めの入荷となりましたが、糖度は12度を超え甘みは上々だそう。

みずみずしくて、さわやかな甘さが人気の「ひまわりすいか」。

食べきりサイズで冷蔵庫に入れやすいことも人気を後押ししているのだそう。

ひまわりの里の味を、ぜひ食べてみてください!

JAふらのから「富良野メロン」が入荷しました

月曜日, 6月 24th, 2013

早朝、競りの準備や野菜・果物の品定めに慌ただしく関係者が行き交う、青果の競り場。

本日(6月24日)の話題は、急に降り出してまもなくやんだ雨と、JAふらのから「富良野メロン」が初入荷したこと。

「富良野メロン」ののぼりやパネルが、皆さんの目を引きます。

JAふらののメロンは、4つの地区で栽培。

どの地区も、富良野の厳しい気象条件と寒暖の差が甘いメロンを育てるのだとか。

現在出荷されている品種は、「ルピアレッド」。

「富良野レッド」のシールが貼られています。

甘さと、とろけるような果肉が人気のこのメロン。
食べごろは、メロンに弾力を感じ、香りが広がったころで、果肉が柔らかくなり、とろっとした食感を楽しめるのだとか。

多くの関係者が見守る中、競りが始まり、競り人の威勢の良い掛け声が青果の競り場に響きます。

次々と競り落とされ、引き取られていきました。

JAきたそらちから「暑寒メロン」が入荷しました

金曜日, 6月 21st, 2013

寒い日が続いた春先の天候が気になる中、今年も4月末から当市場に入荷し始めた道内産メロン。

本日(6月21日)、ひときわ関係者の目を引くメロンが入荷しました。

それは、JAきたそらちの「暑寒メロン」。

このメロンは、北海道では珍しい青肉メロンなのです。

産地である雨竜町は、暑寒別天売焼尻公園内にある”雨竜沼湿原”の玄関口。

その「暑寒」の名称をとって名付けられた町の特産品だそうです。

日持ちの良さと、さわやかな甘さ、糖度が自慢のこのメロン。

そんなこともあって根強い人気があるのだとか。

一足早くお目見えの赤肉メロンと青肉メロンが当市場にそろい組み。

当市場に本格的なメロンの季節がやってきたようです。

「滑らかな口当たりだ!」、 「糖度も十分だよ~」と、今日の青果棟での話題を独り占めしていました。

関係者が見守る中、次から次へと競り落とされていましたよ。

入荷は、8月ぐらいまでとのこと。ぜひ、ご賞味ください。

札幌市中央卸売市場照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について

木曜日, 6月 20th, 2013

当市場の照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について、ファイルを更新しました。

ファイルはこちら

札幌市中央卸売市場照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について(平成25年6月18日)

当市場の照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について、ファイルを更新しました。

ファイルはこちら

札幌市中央卸売市場照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について(平成25年6月15日)

当市場の照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について、ファイルを更新しました。

ファイルはこちら

札幌市中央卸売市場照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について(平成25年6月12日)

当市場の照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について、ファイルを更新しました。

ファイルはこちら

札幌市中央卸売市場照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について(平成25年6月11日)

当市場の照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について、ファイルを更新しました。

ファイルはこちら

 

札幌市中央卸売市場照明設備改良業務(LED化)に関する質問に対する回答について(平成25年6月8日)

当市場の照明設備改良業務(LED化)に関して、いただいた質問に対する回答をまとめましたので、参考にしてください。

ファイルはこちら

札幌市中央卸売市場照明設備改良業務(LED化)に係る一般競争入札の告示のお知らせ(平成25年5月24日)

平成25年5月24日付けで、札幌市中央卸売市場の照明設備改良業務(LED化)における一般競争入札の告示(5件)を行いました。

① 札幌市告示第1358号 告示文(札幌市中央卸売市場青果棟売場等照明設備改良業務:PDF)

② 札幌市告示第1359号 告示文(札幌市中央卸売市場水産棟売場等照明設備改良業務:PDF)

③ 札幌市告示第1360号 告示文(札幌市中央卸売市場水産棟青果棟事務所等照明設備改良業務:PDF)

④ 札幌市告示第1361号 告示文(札幌市中央卸売市場センターヤード等照明設備改良業務:PDF)

⑤ 札幌市告示第1362号 告示文(札幌市中央卸売市場立体駐車場照明設備改良業務:PDF)

入札説明書、仕様書などは当市場の管理課管理係にてお渡ししております。

なお、入札参加資格については、登録業種、LED化による電力量の一定以上の削減、照明設備の現地調査会への参加等の条件を設けております。

条件の詳細については告示文をご参照ください。

お問い合わせ先

担当:札幌市経済局中央卸売市場管理課管理係

住所:札幌市中央区北12条西20丁目2-1

電話:011-611-3111 FAX:011-611-3138

報道機関の皆さまへ(JAきたそらち「暑寒メロン」初競り日時のお知らせ)

木曜日, 6月 20th, 2013

北海道では珍しい、とても貴重な青い果肉のメロン、「暑寒メロン」の初競り日時が決まりました。

この「暑寒メロン」は、湿原で有名な雨竜町で生産されている青肉メロン。糖度が高く、さっぱりとした甘さと日持ちするのが特徴で、町の特産品の一つとなっています。昨年は当市場で10万円の値を付けたものです。

取材を希望される場合は、当ホームページのトップページ「報道機関・メディア等のみなさまへ 取材等のご案内」を参照いただき、「取材・撮影等許可申請書」の用紙をダウンロードの上、ご記入いただき、管理センター守衛室へ提出されますようお願いいたします。

日時:平成25年6月21日(金) 午前6時40分~(時間が変更となる場合がございます)

会場(所在地):中央区北12条西20丁目 中央卸売市場 青果棟卸売場1階 札幌ホクレン青果果実部卸売場 B-10付近

その他:生産者の皆さんが来場予定です。当日は管理センター1階守衛室にて「取材・撮影等許可申請書」をご提出いただき、「取材の名札」を受取って入場されますようお願いいたします。また、駐車場のスペースがありませんのでタクシー等での来場をお願いいたします。(通行規制を行っている場所より入場できます)

写真は昨年のものです。

なお、一般の方の競り場へのご入場はできませんのでご了承願います。

「わが家で楽しめる漬梅教室」開催!

火曜日, 6月 18th, 2013

平成25年6月16日に当市場の青果部運営協議会主催の「わが家で楽しめる漬梅教室」が開催され、49人が参加しました。

この教室は、生活習慣病予防に効果的とされる野菜・果物を普段の食生活に取り入れることを目的として、当市場で開催される「市場で学ぶ・作る・食べる やさい・くだもの料理教室」の中の一つとなっています。

当日は、南高梅(なんこううめ)で有名な「和歌山県みなべ町」から、南高梅の生産者の皆さんを講師にお招きし、梅酒や梅干しなどの作り方を丁寧にわかりやすく教えていただきました。

「梅」は、クエン酸(疲労回復)、β-カロチン(目に良い)、ビタミンE(血流改善)、ソルビートル(便秘予防)といった栄養成分が豊富に含まれているほか、血糖値や血圧上昇を抑制する作用があります。中でも抗酸化能(活性酵素を消去する力)は野菜・果物のなかでもトップクラスということで健康志向に沿った食材とのことです。

暑い夏には、ぴったりの「梅」を食材とした料理や飲み物を、ご家庭でもいかがですか?

 

 

 

メロンやスイカにも負けないぞ!「追分カンロ」です!

火曜日, 6月 18th, 2013

6月18日、JAとまこまい広域から、「追分カンロ」が当市場に初入荷です。

「追分カンロ」は、北海道安平町追分地区の特産品。豊かな香りとさっぱりとした甘みが人気です。

同じ日に入荷した「らいでんスイカ」にも負けないくらい、甘い香りを青果棟にもたらしていましたよ。

試食した小売業者さんたちは、「おっ甘いね!」、「メロンやスイカに負けてないね~」なんて言いながら、笑顔で口に運んでいました。

「追分からの贈り物」、ぜひ味わってみてください!