Archive for 3月, 2015

第10次卸売市場整備基本方針に係る講演会を開催しました!

火曜日, 3月 24th, 2015

平成27年3月24日火曜日、当市場において、第 10 次卸売市場整備基本方針の策定に先立ち、卸売市場に期待される役割や機能、施策のあり方等について、幅広い観点から総合的に検討を行うために設置された「卸売市場流通の再構築に関する検討会」の委員をされている東京聖栄大学食品学科の藤島 廣二先生を講師としてお招きし、講演をしていただきました。

講演タイトルは「第10次基本方針と市場流通の再構築」。
参加者は約100名と、市場関係者の皆さんの関心は大変高く、熱心に講演を聞いていましたよ。

講義の様子

卸売市場の役割としては、集荷・分荷機能、価格形成機能、代金決済機能、情報受発信機能がありますが、そのほかにも、必要とされる人々の全員に開かれた取引システム、出荷側、仕入側双方が納得しうる価格の実現、食生活の豊かさへの寄与の3点が卸売市場の社会的存在意義として挙げられます。

卸売市場を取り巻く環境の変化としては、一般論にはなりますが、高齢化が進むことにより、主要食糧の一人当たり消費量が減少します。
また、生鮮食品の価格が下落傾向にあること、さらに、加工品の増加や輸入食品の増加に伴う市場外流通の拡大により、生鮮食品の安定供給を担う卸売市場への影響が出てきます。

卸売市場流通の問題点としては、市場経由率の低下、卸売市場間の格差の拡大と特定大規模卸売市場への流通の集中、卸売市場数、業者数の減少、利益率の後退による市場流通の衰退が進行していきます。

今後の卸売市場のあり方として、第10次卸売市場基本整備方針で示されることが予想される内容は、多様なビジネスモデルと経営展望を基本とした、関連分野の取り込み、加工業務への進出、小売、外食産業への直接的進出等が例として挙げられます。
これら多様な展開のうち、どれに注力することを決断し、実行していくか、きちんと検討することが重要であるとの説明がありました。

卸売市場を取り巻く環境の変化に対して、現在の問題点を洗い出し、そこからどのような打開策を見出していくのか、それを具体的にどのように実行するのか、今後様々な場面で検討を行い、札幌市中央卸売市場の活性化につなげていこうという決意を新たにすることができた講演となりました。

関連施設を紹介します!

月曜日, 3月 23rd, 2015

札幌市中央卸売市場内には様々な関連施設があります。

関連施設とは、市場関係者の利便性を高めるための飲食店、物品の販売、理容所などの施設のことで、市場内には食堂が4か所、理容所が1か所、売店が5か所あります。

市場関係者が普段食事をしたり、プロ仕様の道具を手に入れたりできる等、様々な形で市場を支えているのです。

理容所

  • 理容のエイト    (青果棟3階:地図A)

食堂

  • 多聞天        (青果棟3階:地図B)
  • みのり食堂      (青果棟3階:地図C)
  • 中華龍(ロン)    (青果棟3階:地図D)
  • 水仲食堂「順路」 (水産棟3階:地図F)

売店

  • セブンイレブン札幌中央卸売市場店 (水産棟3階:地図E)
  • 札幌水産物商業協同組合売店     (水産棟2階:地図G)
  • 札幌市母子寡婦福祉連合会売店    (青果棟1階:地図H)
  • 札幌青果物商業協同組合売店     (青果棟1階:地図I)
  • 道央青果協同組合売店          (青果棟1階:地図J)

各お店が、市場内のどこにあるのかは、こちらの地図をご確認ください。

3Fの見取図

2Fの見取図

1Fの見取図

当市場の水産物部の食堂を紹介いたします!

月曜日, 3月 23rd, 2015

■こんなお店です

水産棟3階にある、定食や丼物、カレーや麺類など、メニューの豊富な食堂です。
どれもボリューム満点ですが、丼ものはハーフサイズもありますので、気軽に利用できますよ。

■お店の基本データ

店名「水仲食堂 順路」
場所 札幌市中央卸売市場水産棟 3階(真ん中あたりです)
TEL 011-644-7188
営業時間 AM4:30~PM1:30
定休日 休市日、日曜日、祝日
座席数 テーブル約100席

■店長おすすめのメニュー

1 北海海鮮丼

北海海鮮丼

サラダ、あら汁がついてなんと800円! 店長がその日市場で仕入れたものを使って作るので、日によって刺身が違うんですよ。
写真を撮らせていただいた時は、マグロ、サーモン、ニシン、タイ、ホタテ、ホッキ、タコ、 甘えび、赤貝、ずわいがに、イクラ、とびっこでした!
このラインナップでこの値段は、お値打ち感がありますよね。

2 日替弁当

日替弁当

魚やお肉を使ってのメインのおかずに加えて、バリエーション豊富なおかずが入ったお弁当です。
なんとお刺身までついております。
ボリュームもたっぷりですよ。

■本日のおすすめメニュー

日替わりで、バリエーション豊富なメニューを提供しています。
取材当日のメニュー、どちらもおいしそうですね!

1 クロガレイの煮つけ定食
2 ビビンバ丼


■そのほか定番のメニュー

1 あんかけ焼きそば
定番メニューの中で人気ナンバーワンのメニューなのだそうですよ。
あんかけの具にはえび、ホタテ、 イカなどのがたっぷり入っています!

2 丼もの  かつ丼、中華丼、豚丼、天丼
特に天丼のボリュームは圧巻です。
1本まんまのアナゴ、えびに加えて、大葉、のりの天ぷらと野菜のかき揚げがのっています。

3 日替わりカレー
カレーのメニューは毎日変わります。
毎日カレーでも飽きさせませんよ!

月曜 カレーうどん  火曜 エビフライカレー  水曜 ハンバーグカレー
木曜 ギョーザカレー  金曜 オムカレー  土曜 野菜カレー

4 ラーメン、そば、うどん
ラーメンは味噌、塩、しょうゆ味を取り揃えております。

どのメニューも、毎日市場で働く食のプロに満足していただけるような味と値段です。
この看板が目印ですよ!

看板

見学者の方も自由にご利用できますので、市場に見学に来られる際は、ぜひ、ご来店ください!

 

「平成26年度第5回札幌市中央卸売市場活性化ビジョン推進委員会」を開催しました

月曜日, 3月 23rd, 2015

3月23日月曜日、「平成26年度第5回札幌市中央卸売市場活性化ビジョン推進委員会」を開催しました。

この委員会は、平成23年に市場事業者が主体となって策定した「札幌市中央卸売市場活性化ビジョン」の推進と進捗管理を行うために、定期的に開催しているものです。
今回は本委員会の構成組織である各検討会議において、平成26年度に実施した取組内容について報告がありました。

推進委員会の様子

来年度の取組項目については、各検討会議ごとに具体的な項目を設定し、その内容は4月ごろに行われる予定の、来年度の第1回委員会において報告される予定です。
来年度以降も、本委員会が市場の活性化に向けた大きな役割を担うことが期待されています。

道内産アスパラガスが入荷しました!

月曜日, 3月 23rd, 2015

最近は気温が10℃を超える日もあり、めっきり春らしくなってきました。

そんな中、当市場においては、待ちに待った道内産のアスパラガスが入荷となりました。

春の息吹を感じてしまいます

この穂先は、フランスでは「マドモアゼルの指先」と呼ばれているそうです、ステキ!

せり場には、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスの2種類がありましたので、卸売業者さんに話を聞いてみました。

卸売業者さん「ホワイトアスパラは遮光栽培といって、日光が当たらないように栽培しているだけで、グリーンアスパラと味は変わらないんですよ」

ホワイトアスパラガスのほうが高価なのは、栽培に手間がかかるためなんですね。

アスパラガスでいっぱい!左下に紫色のアスパラガスも!!!

とってもキレイな色合い! 値段は若干お高めです

ちなみに紫色のアスパラガスは、緑色の品種に比べてビタミンCや糖分が多く含まれ、紫色をひきだすアントシアニンが10倍ほど多く含まれているとのこと。

しかし、ゆですぎるとアントシアニンの色素が抜けて、緑色になってしまうので、加熱時間を短くしたり、レモン汁で紫色を定着させるなどの工夫が必要のようです。

初物とあって、せりにも力が入ります!

道外産、外国産のアスパラガスも入荷されていましたが、やはり道内産は産地からの輸送距離が短く、新鮮なため、アスパラガスのせりだけでこの人だかりです!

小売業者さんに話を聞いてみると、「早速食べてみたけど、今年のアスパラもとってもおいしかったよ。」とのこと。

卸売業者さんによると、まだ出始めのため、これからもっとおいしくなるとのことでした。

最初はお菓子の箱かと思ってしまいました。。。

ちなみにこちらは、当市場における平成26年のアスパラガス取扱高第2位のメキシコ産のものです。

メキシコ産アスパラガスの箱がなかなかユニークでしたので、かなり脱線してしまいますが、他のユニークな箱も紹介してしまいます!

(左側写真)kabochaって。。。

どちらも外国産のカボチャです。左側がニュージーランド産、右側がメキシコ産です。

箱の中の野菜と全く関係のなさそうなイラストが描かれているのが、外国産の特徴かもしれません。。。

私はこういうフレーズものが大好きです。

こちらは道外産のものになりますが、とにかくパンチが効いていますね(笑)

 

ということで、最後はアスパラガスとは全く違う話題になってしまいましたが、これからも道内産の初物がいろいろと入荷されます。

随時ご紹介していきたいと思いますので、ご期待ください!

調理実習室の利用者を募集しています!

木曜日, 3月 19th, 2015

札幌市中央卸売市場では、一般の方や市場外の企業向けに調理実習室を貸し出ししています。
市内で調理実習室をお探しの方、まずはお気軽にお問い合わせください。
事前の見学も可能です。

調理実習室のご案内(pdf:約720KB)

資料一括ダウンロード(pdf:約1.8MB、調理実習室のご案内、当市場までの地図、調理実習室終了時チェックリスト、札幌市中央卸売市場調理実習室使用要領、調理実習室使用指定申請書)

■概要

  • 住所 札幌市中央区北12条西20丁目2-1 札幌市中央卸売市場 管理センター2F 参考:当市場までの地図(pdf:約1MB)
  • 最大収容人数 48名
  • 面積 112.8㎡ / 縦9.4m・横12.0m
  • 調理台 9台 (IHクッキングヒーター〈3口〉・オーブンレンジ、ロースター付/車いす対応調理台有)
  • 付帯設備(無料) プレゼンテーションミラー1台・モニター2台(DVDプレイヤー・マイク付)・冷凍冷蔵庫1台・調理道具一式・食器一式・丸イス

調理実習室の見取図

■使用料

  • 1日 15,552円(税込)※8:00~17:00
  • 半日  7,776円(税込)※〈午前〉8:00~12:00 〈午後〉13:00~17:00
  • 時間延長 1,944円/1時間毎(税込)
  • ※小中高生及び大学生が授業の一環として使用する場合は、使用料金の全額を免除することができます。

■オプションサービス(調理実習室と合わせて、下記サービスもご利用いただけます)

  • 市場見学ができます。 ※要予約(10名様以上の場合は市場ガイド付き)
  • 多目的室(管理センター3階、定員48名、プロジェクター完備)が無料でご利用いただけます。 ※要予約

■利用に際して

  • ご来場には公共交通機関のご利用をお願いしておりますが、時間帯や台数によっては駐車場がご利用できますので申込時にご予約下さい。(無断駐車はできません)
  • 調理実習室内で飲酒はできません。
  • ごみはすべてお持ち帰り下さい。
  • 次のご利用者の為に、使用前と同じ状態になるよう片付け・清掃をお願いいたします。
  • 市場内でのお買物はできません。
  • 講師をお探しの場合は、ご相談ください。
  • 調理室内での販売等の営業行為や、寄付の募集はできません。

■活用事例

  • 町内会・同好会等の料理教室
  • お菓子作り教室・漬物づくり教室
  • 市場見学と調理実習を合わせての体験学習(授業・講義の一環としてもご利用いただけます。)
  • 料理番組の収録、料理の写真撮影スタジオ

■申込方法

  1. 【仮予約】お電話にて空き状況をお問い合わせ下さい。ご利用日の4ヶ月前から受付いたします。なお、事前に申し込みをいただければ、下見することができます。
  2. 【申し込み】調理実習室使用指定申請書(Word:36.0KB)」を、札幌市中央卸売市場協会へ郵送又は御持参下さい。
  3. 【お支払い】札幌市より「調理実習室使用許可書」と「使用料納入通知書」が郵送されましたら、ご利用日の前日までに使用料をお支払い下さい。なお、使用料のお支払い後はキャンセルができませんのでご注意下さい。

■当日のご利用方法

  1. 調理実習室は、管理センターの2Fです。管理センター1F受付にて「調理実習室使用許可書」を提示し、ご利用下さい。
  2. 使用後は、調理器具をすべて元の場所に戻して「調理実習室終了時チェックリスト(pdf:1.1MB)」を基に、清掃をお願いいたします。
  3. 管理センター1F受付にて終了の報告と「調理室終了時チェックリスト」の提出をお願いいたします。

■参考

■お問い合わせ先

  • 一般社団法人札幌市中央卸売市場協会
  • 電話011-611-3176 FAX011-611-3179

調理実習室の様子

 

 

仲卸業者さんが「トマト品評会」を開催しました!

水曜日, 3月 18th, 2015
クリックすると画像が大きくなります
さて、上の新聞記事は、青果物の流通販売に着目し、最新の情報を提供している「農経新聞」の3月16日付の記事です。
記事の内容は、当市場仲卸業者の株式会社 北一藏重商店さんが、3月10日(火)まで開催した「トマト品評会」に関するものです。
ということで、藏重商店の渡会さんにお話を聞いてみました。

渡会さん「北海道ではあまり知られていないブランド品種を、小売業者さんに試食も交えて紹介したいということと、トマトは俳句でいう夏の季語なんですが、実は一番おいしい季節は春だということで、今回の品評会を開催することにしました」

当市場では、トマトは5月から10月くらいまでは道内産のものが多く入荷され、その他の期間は道外産のトマトがほとんどを占めます。
したがって、この時期は、いろいろな品種がある道外産トマトを楽しむチャンスかもしれません。
なお、今回出展された全35種のトマトのうち、約3分の1ほどが札幌の八百屋さんなどでもお目にかかれるようです。

では、独断と偏見で3種類のトマトをご紹介したいと思います。

黄色もカラフルでいいですよね!
最初は、当市場でもほぼ一年を通して入荷している「アイコ」です。(品評会のものは少し高級品のようです)
名前の由来は、皇太子殿下のご息女である「愛子さま」であるとか。

市場でもこのように目にしますし、スーパーでもおなじみですね

形は丸というよりは長楕円形で、果肉が厚くて、ゼリーが少ないミニトマトです。
ミニトマトが流行るきっかけになったのは、アイコの影響が大きいとも卸売業者さんがおっしゃっていました。
ちなみにこの品評会では、渡会さんが各トマトの糖度を計り、その値も紹介しています。
なお、アイコの糖度は9.7度でした!(ミニトマトの平均の糖度は6~7度です)

ピ、ピンボケではありません そのまばゆい輝きゆえです。。。

次は今回一番高い糖度を計測した「超特選ミニトマト」です。その糖度は何と14.5度!

みかんの糖度が大体10~14度ですので、ある意味、果実と野菜の垣根を越えたと言っても過言ではない。。。言い過ぎですかね(汗)

その糖度の秘密は、日光が多く入るよう計算されたクラウンメロンの温室で作られたということですから、作り方もぜいたくです!

小売業者さんに試食も提供していました!

「塩トマト」を皆さんは知っていますか?

塩を含んだ海岸の干拓地などでトマトを育てると、トマトが水分を吸い上げられない分(浸透圧の関係とか?)、うま味が濃縮されたものができるということ。

仲卸業者さんによると、ただ甘いだけではなく、コクやうま味もあるんだそうです。

ちなみに、糖度はこの大きさで10.7度。熊本県の八代地域が発祥のようです。

そして、この「塩トマト」に目をつけたのが、東北大震災で総面積の約半分が海水につかってしまったという宮城県岩沼市です。

トマトは塩分が多い土壌でも育ち、なおかつ塩トマトとして味が濃くなるということで、市は塩トマトの栽培を復興策の一つに掲げました。

近頃、リコピンなどで栄養面でも注目を浴びていますが、こういう特徴もあるのだなと思わず感心してしまいました。

 

では、そんなトマトのスゴイところが詰まった、「トマトってこんなにすご~い!!」(藏重商店製)をご紹介して、今回の特集を終わりにしたいと思います。

八百屋さんやスーパーでどれくらいの種類のトマトに出会えるかわかりませんが、もし、見かけたらぜひご賞味ください!

トマトの奥深さに心打たれるかも!!!

画面をクリックすると、画像が大きくなります!

 

ヤリイカ入荷中です

月曜日, 3月 16th, 2015

3月16日月曜日、本日はヤリイカを紹介いたします。
こちらは本日入荷していた松前産。

松前産ヤリイカ

こちらは寿都産です。

寿都産ヤリイカ

青森県からの入荷も多くありますよ。

青森県産ヤリイカ

ヤリイカの名前は、胴体が細長く円錐形で、その姿形が槍の穂に似ていることに由来するようです。
寿命は約1年で、早春から産卵期に入り、各地の沿岸に集まってきます。
そして春に産卵を終え一生を終えます。
現在は、その産卵期に入ったヤリイカが漁獲されているそうです。

ヤリイカは、加熱しても身が柔らかいのが特徴で、天ぷらやフライ、バター焼きなどがおすすめなのだそうです。
また、卵を抱えたメスは、そのまま卵と一緒に煮つけにするのもおいしいそうですよ。
もちろん、新鮮なものは寿司ネタや刺身としておいしくいただけます。

これから道内物も入荷が増え、5月くらいまでは楽しめそうです。
ぜひ、ご賞味ください!

市場見学と料理教室を開催しました

金曜日, 3月 13th, 2015

3月13日、魚食普及委員会と当市場売買参加者の生活協同組合コープさっぽろが連携し、市場見学と料理講習を開催しました。

市場のしくみを説明後に、市場水産棟を見学していただきました。この日の午前の回では、市場のベテラン説明員に水産・青果のせりの様子や仕組みについて説明を受けました。

次に料理講習に移ります。道央水産物商業協同組合、金澤専務理事に講師をお願いし、タラ、サバを使用し三枚おろしを習得していただきます。タラの解体中です。鱗(ウロコ)は、包丁・たわし等を尾から頭に向けて軽く動かし取り除きます。また、血合いはスプーンを使い取り除きます。この下処理を丁寧に行うと臭みがなくおいしくいただけます。さらに、湯通し(身の色が少し変わるくらいの温度)で生臭さを消すことも忘にずにとのこと。あらっ!オスだと思ったらメスでした・・・・サケと違い、タラは顔で見分けるのは難しいそうです。

サバの三枚おろし中です。身おろしのポイントは、背びれと腹びれの上に軽く包丁を入れておくこと。(隠し包丁)そして、背骨に包丁がカリカリとあたっていることを感じながら包丁の刃元から刃先まで全体を使い水平に引くと上手におろせるそうです。包丁をノコギリのように押したり引いたり動かすと身がボロボロになってしまいますのでご注意を!

いよいよ、皆さんの調理開始です。各テーブルのベテランスタッフの説明も丁寧で、調理が進むにつれ身おろしが上達しております。

市販の「ムニエルの粉」や「味噌煮のたれ」等、便利な調味料もありますので時間も節約しながら簡単に出来上がりますよ。もうすぐ完成です。サバの味噌煮の香ばしさが、たまりません。この時間帯が、苦しぃ~!

そして、皆さんの完成品がこちら。タラのムニエル、サバの味噌煮と、金澤講師に作っていただいた「タラのあら汁」。そして、熱々の白いご飯・・・炭水化物抜きダイエット中の方、ごめんなさい。

お待ちかねの、お食事タイムです。本日は、春がもうすぐと思った矢先の雪の中を11名の方が参加していただきました。たいへんお疲れ様でした。(ち)

見学につきましては、1名からでも朝5時から夕方4時まで(市場の休市日を除く)可能ですので、ご希望の方は一般社団法人札幌市中央卸売市場協会 電話番号011-611-3176(受付時間7:45~16:15)へお申し込みください。

「ヘルシーで美味しいお魚キャンペーン」のお知らせ!

金曜日, 3月 6th, 2015

3月10日(火)から、当市場の水産協議会が主催し、鮮魚店での魚介類の消費拡大に向けて「ヘルシーで美味しいお魚キャンペーン」を開催します。

キャンペーン参加店で1,000円(税込み)以上ご購入の方に、その場でスピードくじをお引きいただきます。「当たり」が出たら、その場で賞品をプレゼント。スピードくじが無くなり次第、終了いたします。

ぜひ、この機会に鮮魚店をご利用ください!!

詳しくは、こちらのポスターをご覧ください。

期間 :2015年3月10日(火)~3月24日(火)

キャンペーン参加店 :店頭にポスターの貼ってある札幌市内及び近郊の鮮魚店

賞品 :「甘口たらこ」と「紅鮭切身」のセット

キャンペーンのお問い合わせは、札幌市中央卸売市場水産協議会

011-611-3272まで。