Archive for 8月, 2016

消費拡大フェア2016のチラシをご紹介!

火曜日, 8月 30th, 2016

そろそろ夏も終わり、秋の気配ですね。

市場の秋の一大イベントといえば、「消費拡大フェア」があります!

すでにご覧になっている方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はそのチラシの内容をご紹介していきます。

チラシ 見出し

市民のみなさまに感謝の気持ちをこめての開催です。
毎年、約3万人の方にご来場いただいています!

チラシ 開催日時

開催日は、9月18日(日曜)の1日限り!
時間は、朝の7時30分から昼の12時までです。

主なイベントの開催時間はこちらです。
センターヤードについては、
チラシ イベント センターヤード

マグロ低温売場とステージ前広場については、
チラシ イベント マグロ低温売場、ステージ前広場

その他のラインナップは、
チラシ その他のラインナップ

大まかな会場図はこのようになっています。
チラシ 会場図

最後に、念のため札幌市中央卸売市場の住所をお知らせします。
チラシ 住所

地図はこちらです。
チラシ 地図

駐車場はありますが、混雑が予想されますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

それでは、みなさまのお越しを心よりお待ちしております!

チラシ表(リンクあり)
チラシ裏(リンクあり)

赤! 完結編

土曜日, 8月 27th, 2016

3回シリーズの最後は、「赤編」です。

まずは北海道余市産、赤と言えば「デラウェア」ですね!

デラウェア

「デラウエア」は巨峰に次いで多く作られており、価格的にも手頃で身近なブドウとして親しまれてきました。

店頭でも良く見かけますよね。

 

 

次はちょっとめずらしい品種で「甲斐路」です。

甲斐路

日本で栽培可能で、香りが「マスカット」に近いことから、「赤いマスカット」と呼ばれている純粋欧州種です。

皮と果肉は分離しにくく、皮の近くに甘みが強い部分があるので、一度口の中にまるごと入れて、皮を取り出して食べると、より甘みを感じることができます。

糖度は極めて高く18度から、高いもので23度にも達し、非常に甘いのが特徴です。

 

 

続いてはクインニーナ。

クインニーナ

こちらもあまり見かけない品種ですが、それもそのはず、品種登録されたのは平成23年。

登録されてからまだ数年しか経っていない新しい品種で、食味に優れた大粒の赤色ぶどうとして注目されています。

これから人気が出るかもしれません。

要チェックですね!

 

 

何だか似たような色の果物があったので、こちらもおまけでご紹介。

スタークリムソン

こちらはスタークリムソンという洋ナシです。

熟成させるととろけるように甘いそうですよ!

青果棟は、たくさんの種類の果物が入荷しています。

旬のブドウや洋ナシ、たくさん食べてくださいね!

白!

土曜日, 8月 27th, 2016

ブドウ特集の2回目は「白」編です。

まずは北海道余市産の「ポートランド」から!

ポートランド

ニューヨークで生まれた品種で、やや小さめですが、酸味が少なくて糖度が高く、香りも良いですよ。

 

 

次は「シャインマスカット」!

「シャインマスカット」は平成18年に品種登録された、比較的新しい品種の白ブドウです。

マスカットの香りと高い糖度、そして何よりも皮ごと食べられるという特徴があります。

こちらは山梨産のパック入り。

シャインマスカットパック入

袋入りもあります。

シャインマスカット(紙袋)

箱入り娘も見つけました。

箱入りシャインマスカット

 

 

続いては「ロザリオビアンコ」です。

1987年(昭和62年)に品種登録され、露地栽培も可能な大粒高級ブドウとして人気があります。

白ブドウ品種の中では、「シャインマスカット」に並ぶ人気なのだとか。

こちらは山梨産。

山梨県産ロザリオビアンコ

こちらは新潟県産。

新潟県産ロザリオビアンコ

 

 

続いては、「ネオ・マスカット」です。

ネオ・マスカット

酸味は少なめで上品な甘さが特徴で、1房は350~450gくらいと、粒は少し小さめで、ワインにも利用されています。

「マスカット」(正式名称は「マスカット・オブ・アレキサンドリア」)よりも栽培がしやすいことから、同じ「マスカット」でも「ネオ・マスカット」のほうが手頃な価格で購入できます。

次は赤編で、完結を迎えます。

乞うご期待!

黒!

土曜日, 8月 27th, 2016

ここ数日は、朝晩の気温が下がってきて、過ごしやすくなってきましたね。

夜中の寝苦しさからもだいぶ解放されて、早朝、窓を開けるとひんやりとした風が入ってくるようになりました。

そんな本日8月27日はブドウの紹介です。

売場をうろうろしていると、あるわあるわ。

産地も本州から北海道まであちこちから入荷しており、種類もいろいろあって、よりどりみどりです。

種類が多すぎていっぺんに紹介できないので、色で分けることにしました。

今回は「黒」編です。

トップバッターはおなじみ「巨峰」!

こちらは福島産。

福島産巨峰

こちらは山梨産。

山梨産巨峰

どちらも種無しです。

「巨峰」は日本人が好むブドウとして、現在日本で最も多く生産されており、全体の約35%を占めています。

 

 

次は「ピオーネ」!

こちらは岡山県産です。こちらも種無しで、「巨峰」と同じくらい人気があるそうですよ。

P1060695-m

「ピオーネ」は粒が非常に大きく食べ応えがありますよね。

「ピオーネ」の香りはマスカットに似ているのですが、巨峰とマスカットの交配種だからなのだそうです。

特徴としては、風味良く、果汁も多くて、糖度は16度以上になり、強い甘さとそれを支える酸味を持っています。

 

 

続いてちょっと変わり種なのが、「マスカット・ベリーA」です。

ちょっと粒が小さめで、色もブルーベリーのような青紫色をしています。

P1060706-m

現在国内で生産される赤ワイン向けブドウ品種としては、この「マスカット・ベリーA」が最も多く作られているのだそうです。

このぶどうで作られたワインはイチゴのような香りと渋みがまろやかなのが特徴なのだそうですよ。

平成25年に「マスカット・ベリーA」は、ワイン用のブドウ品種として、国際ブドウ・ワイン機構(OIV)により登録認定されました。

国際ブドウ・ワイン機構とは、ぶどうの栽培・ワイン造りに関する問題に取り組むフランスの政府機関のことです。

EUでは、国際ブドウ・ワイン機構が登録認定したぶどうの品種だけがワインのラベルに表示できることとなっていて、国内では、2010年に認定された「甲州」に次いで2番目。

日本固有のブドウ品種として世界のワインに表示できるのは、この2種類だけなのだそうです。

赤ワイン向けの用途も多いのですが、もちろんそのまま食べてもとても甘く、酸味もしっかりして味も濃厚なのだそうです。

 

 

ところで、ブドウの皮って、むきにくいですよね。

簡単に皮をむく方法を教えちゃいます。

用意するのは爪楊枝。

実を外した時にできる穴に爪楊枝を入れて、皮と実の間の隙間に差し込んでくるくるっと回すと、皮が綺麗に簡単に取れますよ!

YouTubeに動画もありましたよ。

簡単なので、ぜひお試しください!

 

今回はここまで。

次回は「白」編です!

もうすぐきのこの季節です

火曜日, 8月 23rd, 2016

このところ、台風が立て続けにやってきて、札幌も不安定な天気が続いています。

本日8月23日火曜日、青果棟を歩いていると、何やらおいしそうな匂いがしてきました。

匂いのする方へ行ってみると・・・。

キムチ鍋試食

キムチ鍋の試食をしておりました。

試食コーナー

今回は、きのこをたっぷりと使ったキムチ鍋を提案する企画で、きのこメーカーさんと調味料メーカーさんのコラボレーションなのだそうです。

試食で使ったきのこは、白いブナシメジ(商品名はブナピー)、エリンギの二種類です。

きのこたっぷりキムチ鍋パネル

きのこ以外の具材には、白菜、豚肉、ニラがおすすめなのだそうです。

調理方法は簡単で、具材を適当な大きさに切って鍋に加え、鍋つゆを加えて煮るだけです。

また、きのこは90%が水分なので、低カロリーでヘルシーにいただけます。

秋の味覚、きのこをたっぷり使ったキムチ鍋、これからの季節にぜひお試しください!

 

市場で学ぶ・作る・食べる やさい・くだもの料理教室開催!!!

土曜日, 8月 20th, 2016

8月20日(土)、本市場恒例の青果部運営協議会主催「やさい・くだもの料理教室」が開催されました。

001

今回の講師は、ヨーロッパ文化・イタリア料理研究家の「池亀エルマンナ」先生です。

002

また、今回の料理教室では、補助としてご主人も参加されました。

013

やさいやくだものを使って、料理をおいしくするポイントなどを教えていただきながら、楽しく進められました。

今回の料理は、

006

ほうれん草のキッシュ

007

ガスパッチョ(冷製スープ)

008

マチェドニア(デザート)です。

レシピはこちらです。

皆さんも講師の先生と一緒に調理を行いました。

 

014015

これからも今回の料理をヒントにどんどん家庭で実践してみてください。

とても楽しい料理教室、どうもありがとうございました。

サッポロスイカ初入荷!!!

金曜日, 8月 12th, 2016

8月12日サッポロスイカ初入荷です。

私の世代は手稲山口スイカと言っていたのではないかと・・・・

001003

見事なスイカです。

002

糖度は12度以上と甘くてとてもみずみずしいスイカです。

006

本日は511箱の入荷で、9月下旬まで入荷するそうです。

早速せりが行われ次々と競り落とされていきました。

スイカレディさんもPRに一役買っていました。

005

皆さんも地元のスイカを是非ご賞味ください。

子ども食品Gメン&しろくま忍者現る!

水曜日, 8月 10th, 2016

7月28日、当市場にて、札幌市保健所による「子ども食品Gメン体験」が開催されました。

食品Gメン(食品衛生監視員)とは、飲食店やスーパー、食品工場などの立入検査や食品の抜き取り検査のほか、食中毒の検査を行ったりするなど、食の安全を守るために日々働いている人のことで、札幌市には約70名いるとのことです。

その仕事の体験をするために、夏休み中の小学生の親子10組20名が来場しました。

28072802.5

白衣と長靴の姿になり、あっという間に子どもGメンに大変身!

28072804.5

まずは、青果棟の売場を見学。
ちょうどメロンのせりが行われていました。

28072806.5

続いて、資料室でせりの手形(買い手が指の形で希望価格を示す)のことや、市場で使われている車(通称:モートラ)などについて学びました。

28072808.5

食品の温度を測るための、放射温度計の準備をして、いざ、水産棟の売場へ!
マグロについて説明を聞いた後・・・。

28072810.5

マグロの解体を間近で見学!
豪快な包丁さばきに興奮しつつ、温度もしっかり測ります。

28072812.5

マグロに続いて、カニも測定。
他にもたくさんの魚介類の温度を測っていました。

28072814.5

水産の仲卸売場を通り、仲卸業者さんへの質問タイム。
朝起きる時間を聞いて、みんなびっくり。尊敬のまなざしが送られました!

28072816.5

検査室に移動して、細菌検査です。
カニのむき身の中に、食中毒の原因となるような細菌がいるかどうかを検査するために、検体を培地に塗る作業を体験しました。

28072818.5

次に、ATP測定器を使った汚れの測定です。
綿棒でこすって測定器に入れると、汚れが数値で表示されます。みんな、検査室内の汚れのありそうなところを探し回って、いろいろな結果を楽しんでいました。

28072820.5

続いて、手の汚れをチェック。
手洗い前と後で、汚れの数値が大きく違うことに納得。また、手洗い後も汚れが残りやすい部分があることもわかりました。

28072822.5

最後に、手洗いソングでおなじみに「しろくま忍者」による食の安全・安心クイズで今日のおさらいをし、ひとりひとりに食の安全・安心マスター修了証が授与されました。

参加したみんなは、夏休みの自由研究はもうバッチリですね!

親子でお魚調理教室を開催!!

金曜日, 8月 5th, 2016

8月5日夏休みのこの時期に、本市場の水産協議会魚食普及委員会、コープさっぽろ及び北海道ぎょれんの共催で小学生とその親の参加による「親子でお魚調理教室」が開催されました。

13

この教室では魚のおろし方を教わり、その調理技術の継承を促すとともに、ひいては地元の魚の消費拡大を図ることを目的に行われました。

さっそく、調理実習の模様をお伝えします。

100最初に、講師から魚のさばき方について教わります。

それでは、魚をおろし始めます。

200

まずは、ウロコ取りからです。

300400

初めは手伝ってもらいながらも、だんだん慣れてくると・・・

500

一人でおろすことができるようになってきました。

600

最後には三枚におろすことができました。

今日、覚えた技でお家でも魚料理に挑戦してくださいね。

色鮮やか!ハナサキガニ入荷しています。

金曜日, 8月 5th, 2016

連日札幌でも最高気温が30℃前後となり、夏まっさかりですね。

本日8月5日は、今が旬のハナサキガニを紹介いたします。

一番の特徴はやはり、真夏の太陽のように鮮やかな真っ赤な色ですよね。

ハナサキガニ

根室産ハナサキガニ

 

元々は、黒っぽい色をしているのですが、茹でると、花が咲いたように鮮やかな赤色になることから、「花咲がに」という名前になったそうです。

また、名前は「カニ」ですが、本来は「ヤドカリ」の仲間なのだそうですよ。

茹でたハナサキガニは、そのままでも大変おいしいそうですが、ぶつ切りにしたものをみそ味仕立ての汁にした「鉄砲汁」もおいしいそうです。

流通量が「毛ガニ」や「タラバガニ」に比べると少ないため、一部では「幻のカニ」などと呼ばれているようですが、卸売業者さんによると、7月中旬からハナサキガニの漁が始まり、当市場には8月いっぱいまで入荷する予定とのことです。

お盆休みのごちそうに、「ハナサキガニ」をぜひ、ご賞味ください!