カワハギ!

水産の競り場を歩いていたら、とってもひょうきん(?)な顔のお魚を発見!

「カワハギ」というお魚です。

口をとがらせたお顔は、とっても愛嬌(あいきょう)がありますね

全身ザラザラとした皮膚で覆われているこの「カワハギ」は、漢字で「皮剥」。

調理する時などに皮を簡単に剥がすことができることから、そう名づけられたんだとか。

「カワハギ」という呼び名も場所によってさまざまで、「ハゲ」「ハギ」「バクチ」「マルハゲ」「メンボウ」「メイボ」「キュウロッポ」「ゲバチロ」などなど。

当市場には、最近、北海道島牧産や岩内産などの入荷が多いとのことです。

こちらは北海道せたな産

身は脂肪が少なく、歯ざわりも良いとのことで、「最近はフグの代用品としても重宝されるんだよ」とは卸売業者さん。

味にクセもないので、刺身のほか、お鍋や煮付けなどどんな料理にでも合うとのことです。

特に、肝が大変美味なんだとか。

この「つぶらな瞳」を見ていると、なんだか癒されるのは私だけでしょうか?

機会があれば、ぜひ。

kai。

Comments are closed.