市場へ見学に来ました(5月31日)

5月31日には北海道の本別町から、北海道立農業大学校の生徒の皆さん20名が当市場へ見学にいらっしゃいました。

農業大学校は、学校教育法に基づく専修学校として位置付けられており、農業実習を中心とした実践的教育を行っているそうです。

引率の先生は、「生産した野菜や果物がどのように消費者に届くのか知るため、授業の一環として市場見学に来ました。」と、教えてくれました。

ほとんどの生徒さんが、ご実家で農業をされているそうです。

競り場を見た後、卸売業者の丸果札幌青果㈱さんから、「最近の市場の動向」や「消費者が求める商品」などについての講義がありました。

説明を真剣に聞いていました

講義の後には、「競りで値段を示す指の動き(手形)はどういう風にやるのですか」、「今後、注目される農作物は何ですか?」などなど、多くの質問が。。。

最後に代表してあいさつをした生徒さんは、「今日は市場のことを教えていただきありがとうございました。これから、北海道の農業を盛り上げていきたいと思います!」と、力強く話してくれました。

ぜひ、皆さんが丹精込めて育てた農作物を、当市場に出荷してくださいね!

Comments are closed.