「境港の本マグロ」初入荷!

6月4日、鳥取県の境港から「本マグロ」が当市場に入荷しました。

境港は、マグロの水揚げ量が全国一にもなったことのある日本有数の漁港です。

また、漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげる氏の出身地としても知られ、妖怪をテーマとした「水木しげるロード」や「水木しげる記念館」、「妖怪神社」などを整備して、「さかなと鬼太郎のまち」をキャッチフレーズにまちづくりを進めているそうです。

境港 天然本まぐろの表示

「本マグロ」の正式名称は「クロマグロ」。

「クロマグロ」は、マグロの中でも最高級の味を持つと言われており、魚体の色とその希少価値から「黒いダイヤ」と呼ばれることもあるのだとか。

境港などの山陰地方では、輝くような赤身を例えて「海の赤いダイヤ」なんて呼ぶことも。。。

とっても脂が乗っていますね!

日本人は古くからマグロを食べる習慣があったそうで、おすし屋さんでも「トロ」や「赤身」など「マグロ」」に人気が集中するのだとか。。。

マグロは、とっても高タンパクなお魚で栄養もたっぷり。特にトロの部分(脂質)には、コレステロールを減らして血液をサラサラにする効果のあるEPA(エイコサペンタエン酸)や脳の働きを活発にするDHA(ドコサヘキサエン酸)などが多く含まれています。

そんなことで、中性脂肪が気になる方や育ち盛りのお子さんには、ぜひ食べていただきたいです。

この中にたっくさんの栄養が・・・ でも食べすぎには注意してください!

これから当市場への入荷が多くなるとのことですので、楽しみですね!

kai。

Comments are closed.