JAふらのから「ヒグマのごちそう」入荷しました

昨日、6月「最後?」の道内産青果初入荷「らいでんメロン登場!!」なんて言っていた”dai&tanuたち?”ですが、本日(6月30日)本当の6月最後、市場に顔を見せてくれたのは、この「ヒグマのごちそう」(スイカ)です。

JAふらの山部地区から、スイカの上に乗った”ちょっとこわもて?のクマさん”が青果の競り場を和ませてくれました。

もともとは、「山部西瓜(スイカ)」の名称だったとのことですが、収穫時期になるとクマさんが山から下りてきて食べられることをヒントに、インパクトのある「ヒグマのごちそう」に。

市場に入荷するスイカの中でも、「すぐに覚えられる!」と、好評のようです。

「もう入荷したんだ!」「早いね!」なんて、会話が聞かれた青果の競り場。市場の皆さんの知名度は上々のようです。

JAピンネからは、赤と緑が鮮やかな箱の「マドンナ」というスイカも入荷していましたよ。

今、青果の競り場は、さまざまなデザインや色鮮やかな箱、そしてインパクトのあるネーミングのスイカやメロンが発見できますよ。

reo。

Comments are closed.