市場へ見学に来ました(7月19日)

晴天に恵まれ、絶好の見学日和(?)だった7月19日、札幌市立石山南小学校の5年生、41名が当市場に見学にいらっしゃいました。

石山南小学校では、5年生の授業で食料の生産や流通について学ぶのだそうで、毎年この時期に足を運んでくれています。

みんなそろって「よろしくお願いしま~す!」と、元気良くあいさつ。

ビデオ説明の後、施設内を見学して周りました。

「向こう端まで約250メートル。」と、聞いてビックリ!

すでに競りは終わっていましたが、水産の競り場でヒラメの活〆作業を見学することができました。「活〆」は、生きている状態で血を抜いたり、腐敗しやすい部位を取り除くなどして鮮度を保つ処理のこと。

手際良く作業する卸売業者さんの姿に、「カッコイイ~」なんて声も・・・

 

当市場キャラクターのスタンプ。来場記念に・・・

また、水産と青果の競り場を見た後に、市場内の廃棄物集積所も見学。

使用済みの発泡スチロールがこんなに薄く・・・

最後には、青果部の仲卸業者さんのお店を見学です。

藏

仲卸業者の株式会社北一藏重商店さんです!

「北一藏重商店」は、今年の夕張メロンの初競りで2玉100万円という一番の高値で競り落とした仲卸業者さん。

それを聞いたみんなは、「え~?高~い!!」と、とてもびっくりしていました。ある生徒さんは「どうしてそんなに高く買ったのですか??」なんて質問も。。。

引率された先生は、「とても楽しかったです。来年もよろしくお願いします!」と、にこやかに話してくれました。

Comments are closed.