市場へ見学に来ました(8月23日)

厳しい残暑が一息ついた8月23日、北海道北広島市立大曲中学校1年生の生徒さん11名が、市場に足を運んでくれました。

札幌の施設を見学する「札幌研修学習」授業の一環として、生徒さんがたくさんの施設候補の中から当市場を選んでくれたのだそうで、「市場には初めて来ました。普段食べている身近な魚や野菜のことを聞いてみたいです。」とは、ある生徒さん。

また、同行された先生は、「通っている中学校から市場までの利用する公共交通機関やその料金なども生徒だけで調べたんですよ。」と、ほほ笑みながら教えてくれました。

競りは終わっていましたので、ビデオで・・・ 

展示室では、水産と青果の競りの違いや市場の歴史を勉強しました。

熱心にメモを取りながら、説明を真剣に聞いていました

「魚は何種類くらい扱っているのですか?」、「市場に会社は何社くらい入ってるのですか?」、「今、一番どんなお魚が売れていますか?」などと、質問していましたよ。

この道具、見たことないね~

帰り際、みんなを代表してあいさつしてくれた生徒さんは、「魚や野菜のことを教えていただきありがとうございました。とても勉強になりました。」と、笑顔で話してくれました。

Comments are closed.