魚食普及のための料理教室を開催しました

9月7日、魚食普及のための料理教室を開催しました。

この料理教室は、(株)北舞水産(ほくぶすいさん)が主催、札幌市中央卸売市場水産協議会が協賛し、市民の皆さんに魚の調理方法や栄養を知っていただき、もっと魚を食べていただくことを目的とし、6月から開催しています。

講師は栄養士の資格を持ち、家庭料理指導や食生活アドバイザーとして活躍されている野村洋子先生です。

今回は21名の皆さんが参加しました。

食材は、北海道を代表する秋の味覚の一つ、サケです。

メニューは「秋サケとチーズの重ね焼き」、「秋サケの酢豚風」、「鶏ゴボウのすりみ汁」。

北海道白糠産のサケを使用しました。

《秋サケとチーズの重ね焼き》
薄切りのサケとチーズを重ねて焼きました。マヨネーズのソースで子どもにも食べやすく。

《秋サケの酢豚風》
サケを揚げ、甘酢あんと絡めました。甘酸っぱい味はご飯のおかずにも。

チーズの重ね焼きに使うためのサケを薄切りにするときには、「切りにくい場合は身を凍らせると良いですよ~」、との先生からのアドバイス。

サケは、皮と身の間の脂肪に生活習慣病予防に効果があると言われるEPA(ドコサヘキサ酸)、DHA(エイコサペンタエン酸)が含まれ、ビタミンB、Dも豊富、また身の赤い色素には抗酸化作用があるとのこと。

当市場の水産売り場にも毎日サケが並んでいます。これから旬を迎える秋サケを、ぜひご家庭でも味わってください。

Comments are closed.