水産の料理教室を開催!9月は「サケ」です。

気温が30度を超え、日差しがまぶしく感じられた9月14日、当市場で水産の料理教室が開催されました。

この料理教室は、㈱北舞水産(ほくぶすいさん)が主催、札幌市中央卸売市場水産協議会が協賛し、市民の皆さんに魚の調理方法や栄養を知っていただき、もっと魚を食べていただくことを目的として6月から開催。

取り上げる食材も「その時の旬のものを」ということで、6月のカレイ、7月のスルメイカ、8月のサンマに続いて、9月はサケです。

講師は栄養士の資格を持ち、家庭料理指導や食生活アドバイザーとして活躍されている野村洋子先生

9月の2回目は、24名の皆さんが参加して、4名ずつ6班に分かれて調理。進め方も、班によって‘始める前に担当する料理や役割分担を決める’、‘全員で一つずつ料理を作っていく’など、さまざまです。

北海道の白糠町でとれたサケを使い、「秋サケとチーズの重ね焼き」、「秋サケの酢豚風」、「鶏ゴボウのすりみ汁」を作りました。

レシピを確認しながら、みんなで協力して・・・

北舞水産の皆さんや水産協議会の方もお手伝い

 皆さん、 調理の合間に食器や調理器具を洗うなど、手際よく進めていましたよ。

「秋サケとチーズの重ね焼き」。先生もびっくりするほどの素晴らしい出来栄えです

「帰ったら早速作ってみよう」、なんて声も聞かれ、笑顔のランチタイムとなりました。

これから旬を迎える「秋サケ」をぜひ!

kai。

Comments are closed.