踊るお魚?「柳の舞」

水産の競り場で、お腹が黄色味がかったお魚を見つけました。

「柳の舞(ヤナギノマイ)」です。

ちょっと変わった?名前で、なんだかお魚っぽくない感じですね。

メバルやカサゴの仲間で、昔、海底にいる珊瑚(サンゴ)などを「柳(やなぎ)」と呼んでいたそうで、その付近に多く生息していたことが名前の由来なんだとか。。。

他の呼び名は「モヨ」、「モイ」、「ダック」、「ダッコ」などなど。体が黄色いので、「キメバチ」なんて呼ばれることもあるそうです。

北海道の歯舞産

主に東北地方から北海道の日本海、オホーツク海に広く分布しており、一年を通してとれるのだそうです。

「身はプリプリで味も良いから、煮付けがいいよ」と、卸売業者さんに教えてもらいました。

他にも、塩焼きや汁物、刺身なんかもお勧めとのこと。

kai。

Comments are closed.