料理教室を開催しました!

9月21日、サケを使った料理教室を開催しました。

この料理教室は、㈱北舞水産(ほくぶすいさん)が主催、札幌市中央卸売市場水産協議会が協賛し、市民の皆さんに魚の調理方法や栄養を知っていただき、もっと魚を食べていただくことを目的として開催しています。

講師は栄養士の資格を持ち、家庭料理指導や食生活アドバイザーとして活躍されている野村洋子先生です。

北海道えりも産です

皮付きのサケを参加者の皆さんに切っていただきました。

皮を下にして、斜めに削ぐように切っていきます。

薄く切るのはなかなか大変ですが、上手にサケをさばく方もたくさんいました。「皮を最初に切り除いてしまってから薄切りにしても良いですよ」との先生のお話。

メニューは・・・

「秋サケの酢豚風」

サケを甘酸っぱい味付けで野菜と炒め、トロミをつけて酢豚風にしました。

一口大に切ったサケに塩・こしょうをし、片栗粉を薄くつけて揚げます。身の半分が隠れる位の油で焼いても結構です。

野菜を炒めます。※ニンジンは先にゆでるか、電子レンジで加熱すると炒めやすいです。

味付けをし、サケを入れ水溶き片栗粉でトロミをつけます。

サケの身をくずさないように混ぜてくださいね。

トロミがついたら出来上がり!

酢が効いていて夏で疲れた体も元気になりそうな一品ですね。

他にも・・・

「秋サケとチーズの重ね焼き」

サケの薄切りとチーズや野菜を重ねて焼きました。料理教室では、ご飯を一緒に盛りつけてワンプレートにしています。

「鶏ゴボウのすりみ汁」

しょうゆと塩でだし汁の味を調え、鶏ゴボウのすりみと長ネギを加えています。

旬のサケを、いろいろな献立で調理しました。

もちろん塩焼きでも十分おいしい秋サケですが、たまにはこんなお料理もいかがでしょう(^o^)

Comments are closed.