北海道ニセコの山から秋の便り、落葉キノコが入荷しています

「日が昇るのが遅くなって、暗くなったね!」との、あいさつから始まる青果の競り場。

日に日に朝の気温も下がり、秋の気配を少しずつ感じる中、北海道ニセコから落葉キノコが入荷してきました。

北海道や秋田県などでは「ラクヨウ(落葉キノコ)」と呼ばれ、秋の味覚の一つとして親しまれているキノコです。

正式なお名前は「ハナイグチ」。紛らわしい毒キノコは知られておらず、味もよいことからキノコ狩りの対象として人気があるそうです。

今年は、暖かい日が続いたことから入荷は少し遅れ気味だそうですが、最低気温が10℃を下回るこれからがシーズン到来なのだとか。

出始めということもあって、ちょっとお高めですが。。。。

 

「おみそ汁や大根おろしあえ。鍋料理の具としてもいいよ!」とは、仲卸業者さん。

ぜひ秋の味覚を味わってみてください!

Comments are closed.