熊本県からクリの王様がやって来ました

熊本県からやって来たクリの王様といわれる「利平栗(りへいぐり)」。

果肉が黄色で、甘みがあり、大粒なのが特徴だそうです。

見てのとおり、王様の風格漂うこの重量感

1940年(昭和15年)に、大粒の「和栗」と「天津甘栗」を掛け合わせて開発されたこのクリ。

作り出した土田健吉氏の家名「利平治」から「利平栗」と名付けられたとか。
その後、戦争の影響もあって、一時は1本になった木が、全国各地に広まっていったのだそうです。
発祥の地である岐阜県山県市には、石碑もあるのだそう。

最近、知名度もアップして人気上昇中なのだとか

この「王様」、管理が難しいこともあって、生産量が少なく、希少価値の高いものなのだそうです。
そんな歴史ロマンを想い浮かべながら、ぜひクリの王様「利平栗」は、いかがでしょうか?

競り場には、小売業者さん向けの試食品がありましたよ

Comments are closed.