寒くなったこの季節、旬の食材「丸大根」入荷しています

11月に入り、冬の足音が近づいているのを感じる青果の競り場。

これからの季節、煮物に最適な「丸大根」が入荷してきました。

名前のとおり、形が丸いこのダイコン。

もともとは一般的な長いダイコンから、農家の皆さんが改良に改良を重ね、このようなダイコンが出来上がったそうです。

そんなダイコンの発祥は、京都市の聖護院地区。

栽培できる畑の土の層が浅かったことからできた努力の賜物、「聖護院大根」とも呼ばれているのだとか。

「見てごらん。肉質が細かいだろう!柔らかいのに、煮崩れしないのが特徴だよ」とは、仲卸業者さん。

「ダイコン特有の辛味や苦味も無く、甘味をもっていることから煮物に最適、味もしみやすいよ」と、教えていただきました。

今宵(こよい)、熱燗のお供に、旬の食材を使った煮物はどうですか?

Comments are closed.