イシガキダイです

先日、当市場に入荷された「イシガキダイ」を紹介します。

北海道様似町から

「イシガキダイ」は、南方系の暖かい海域に広く生息しているお魚。日本では、主に房総半島の南側から高知沖の暖流付近で多く見かけるそうで、北海道でとれるのは珍しいんだとか。

特徴は、なんといってもこの独特の模様。灰白色の体表に大小の黒斑点が石垣のように見えることが名前の由来なんだそう。

場所によってはトウモリ、コウカメ、コウロウなどと呼ばれ、オスは年を取るにつれ斑点が消滅して口の周りが白っぽくなるため、クチジロなんて呼ぶことも。

この硬くて頑丈なクチバシで、ウニや貝などをかみ砕いて食べるのだそう

岩礁に生息しており、磯釣りでは人気が高いお魚だそうです。。。

弾力のある白身と良質な脂肪分を含んでおり、お刺身はもちろん、焼いても煮ても美味とのこと。

また、カルパッチョなんかにしても合うとのことです。

kai。

Comments are closed.