料理教室を開催しました!

11月16日、カキを使った料理教室が当市場で開催され、20名の皆さんが参加しました。

この料理教室は、(株)北舞水産(ほくぶすいさん)が主催。当市場の水産協議会が協賛し、魚介類の取り扱い方や家庭向けの調理方法を紹介し、もっと気軽にお魚を食べていただくことを目的として行なっています。

講師は、栄養士の資格を持ち、家庭料理指導や食生活アドバイザーとして活躍されている野村洋子先生です。

メニューは、「カキのみそグラタン」と「カキのピカタ」です。(レシピはこちら

「カキのピカタ」の作り方をご紹介します。

今回は、北海道サロマ産の殻むきカキを使いました

最初にカキの下処理をします。

パックから出したカキにかたくり粉をまぶして軽く混ぜ、10分程度置いた後、水洗いをし、臭みや汚れを取り除きます。

カキは皿に並べてラップをかけて、電子レンジ(500ワット)で50秒ほど加熱し火を通します。

次に、衣を作ります。

このレシピのポイントは、「ふっくらと焼くことです」とは、野村先生。

ふっくらとした衣を作るためには、卵白を固めに泡立てるのがコツ。塩を少し入れると早く泡立つとのことですよ。

乾いたボールで泡立てます

さらに卵黄を加えよく混ぜ、小麦粉を加えて、卵白の泡をつぶさないように混ぜます。

カキの水分をしっかり取り、お好みでコショウをふります。

カキに小麦粉、衣を順にまぶし、形を整えながらフライパンでゆっくりと焼きます。

片面を焼いたら裏返します。

カキは火が通っているので、衣が焼けたら出来上がりです。

ふんわりと柔らかい食感のピカタです

お好みでケチャップやソースをなどを添えてください。

寒くなるこれからが濃厚で旨みの増すカキ、ぜひご賞味くださいね!

Comments are closed.