とろ~りと甘い!「あんぽ柿」入荷しています

10月から、和歌山県の「たねなし」、新潟県の「おけさ」、山形県の「庄内」と、生産者をはじめ関係者の皆さんがトップセールスで来場して、青果の競り場を盛り上げてくれた「柿」。

今、干し柿の一種「あんぽ柿」が、当市場に入荷しています。

島根県産の「いずもあんぽ(西条柿)」

この「あんぽ柿」は、渋柿を薫蒸して、乾燥させる独特の製法で作られたもの。

一般に干したのみの柿は、乾燥すると黒く、硬くなり、時間が経つと糖分の白い粉を吹くのだそうです。

山梨県産の「あんぽ柿」

この柿は、果肉がゼリー状で柔らかいのが特徴。とろ~りとした甘みは、なんとも後味がすっきりしているのだとか。

新潟県産の「アンポ干柿」
これから「あんぽ柿」の出荷は、最盛期を迎えるとのことで、生産者の皆さんは柿の収穫が終わっても大忙しなのだそうです。
各地の特産品にもなっている「あんぽ柿」。
産地によって原料となる柿の種類に違いがあるそうですので、ぜひ食べ比べてみてはどうでしょう。

Comments are closed.