イヌゴチ

kaiです。

朝、競り場を歩いていたら、あまり見かけないお魚を発見!

そのお名前は・・・

「イヌゴチ」です

 

北海道昆布森から来ました

私は「イヌゴチ」を初めて見ましたが、見た目は少し「トクビレ」にも似ているような気がします。

こちらが「トクビレ」。体の断面が八角形に見えることから「ハッカク(八角)」とも呼ばれます

「イヌゴチ」はトクビレ(ハッカク)のお仲間なんだそうで、真正面からは六角形のように見えるということで、ハッカク(八角)に対してロッカク(六角)なんて呼ぶ地域もあるそうです。

北海道沿岸やオホーツク海、ベーリング海などに分布し、水深150~300メートルの砂泥底に生息しているお魚で、大きいもので40センチを超えるものもあるのだとか。

ユニークなお顔に、とっても愛嬌(あいきょう)を感じます

 食べ方は焼いても揚げても美味とのことですが、「やっぱり刺身だよ」と、小売業者さんに教えてもらいました。

市場でもなかなかお目にかかれない「イヌゴチ」。

どんな味がするのか、一度食べてみたいですね。

Comments are closed.