愛媛のいよかん、いい予感!「いよかん大使」が来場!

2月4日の早朝、愛媛県から「愛媛いよかん大使」とJA全農えひめの関係者の皆さんが来場されました。

 

毎年、収穫時期に合わせて「愛媛いよかん大使」が全国各地をまわり、消費拡大のためのキャンペーン活動を行っています。

「いよかん」は、ミカンとオレンジ類の交配種で、県を代表するかんきつ類のひとつ。明治時代から愛媛県で盛んに栽培されており、名前も愛媛県の旧国名「伊予(いよ)」にちなんでつけられているそうです。

今年の出荷予定数量は約2万7,500トン。例年より少し小玉だそうですが、糖度が高く、甘い仕上がりになっているとのことです。

関係者のあいさつの様子(動画:丸果札幌青果㈱) 

関係者のあいさつの様子(動画:札幌ホクレン青果㈱

キャンペーンのあとの競りでは、威勢の良い掛け声が飛び交っていました。

色よし・味よし・香りよしの「愛媛のいよかん」、ぜひ!

Comments are closed.