赤色に輝くお魚!「キンキ」です

まだまだ寒い日が続きますが、今回ご紹介するのは、寒い時季、特にお勧めのこのお魚。。。

キンキです!

 「キンキ」は、正式には「キチジ」というお名前だそうで、鮮やかに赤味を帯びた体と大きな目と口が特徴のお魚。

地域や大きさによってはメンメ、キンキン、アカジ、キンギョなど、さまざまな呼び名で親しまれています。

北海道では主にオホーツク海側や太平洋側に生息しているのだそうで、回遊はあまりせずに岩礁近くの比較的深いところに定住していることが多いそうです。

きれいに整列しています

くせのない白身の肉質はとっても柔らかく、全体に脂が乗っていて、北海道では言わずと知れた美味の高級魚。

こちらは箱いっぱいに並べられています

煮付けのほか、寿司、刺身、焼き魚、鍋、干物、カルパッチョなどなど、どれもおいしくいただけるのだとか。

「小骨も少ないので、大人から子どもまで食べやすいよ」とは、小売業者さん。

今晩も冷え込みそうです。晩酌のお供にもぜひ!

kai。

Comments are closed.