コマイ

先日、競り場で「コマイ」を見かけました。

北海道網走産

「コマイ」は、マダラやスケトウダラなどと同じタラ科の仲間で、主にオホーツク海沿岸や根室海峡周辺などに生息しているお魚。

産卵期は1~3月だそうで、1月から2月にかけての厳冬期が最も旬だそうです。

上あごが下あごより突き出ていて、下あごの短いヒゲが特徴です

漢字だと「氷下魚」や「氷魚」。

氷に穴を開けたり、割ったりして氷の下から釣りや定置網で漁獲することから付けられたそうで、この「氷下待ち網漁」は、道東の冬の風物詩なんだとか。

「コマイ」といえば、やっぱり干物。マヨネーズや七味唐辛子など付けて、おつまみとして食べる方も多いのではないでしょうか?

「ほとんどが加工品で出回るけど、鮮魚でも入荷はたまにあるんだよ。煮付けや塩焼きにするとおいしいよ!」と、仲卸業者さんに教えてもらいました。

Comments are closed.