「市場のおすすめ!野菜果物食育セミナー」開催!第3弾

当市場の青果部運営協議会が主催する「市場のおすすめ!野菜果物食育セミナー」が2月25日に開催され、120名が参加しました。

このセミナーは、生活習慣病の予防に効果的とされる野菜や果物を摂取することの大切さを再認識し、野菜を多く摂取できるメニューをご紹介することで、野菜や果物を家庭での食生活に取り入れていただくことを目的とし開催されているものです。

今回の講師は、シニア野菜ソムリエ(野菜ソムリエの上級資格)の吉川雅子(きっかわまさこ)先生です。

今回の講演は、〝食育とは?〟〝野菜の色別健康パワーのヒミツ〟〝野菜の持つ栄養素〟について学びました。

そこで「野菜の色別健康パワーのヒミツ」の一部を紹介します。

赤い野菜(トマト、赤ピーマンなど)…活性酸素を除去し、動脈硬化予防や美肌効果がある。

緑の野菜(ホウレンソウ、ピーマンなど)…抗アレルギー、赤血球を作る葉酸が多く含まれる。

黄色い野菜(カボチャ、ニンジンなど)…抗酸化力があり、免疫力強化、心臓疾患の予防効果がある。

白い野菜(タマネギ、ニンニクなど)…血流を良くし、中性脂肪の減少に効果がある。

紫の野菜(ナス、ブルーベリーなど)…視力低下を防ぎ、血管の保護、血行促進に効果がある。

セミナー最後の締めは、吉川先生監修の「青椒肉絲(チンジャオロース)きんぴら」の試食です。

約120gの野菜が摂取できますよ

 

「おいしいね!」って、あちらこちらから…

 野菜の色を気にして調理するのも楽しいですね。

Comments are closed.