オホーツクから味覚王!「毛ガニ」です

冬期間、真っ白な流氷が海を閉ざしていたオホーツク海。

そんなオホーツクの海も、3月も中旬に入って「春」を感じたせいか、流氷が沖へと去り始め、稚内や幌延など北海道宗谷管内では「毛ガニかご漁」が解禁となりました。

当市場にやってきた「春色」の元気な毛ガニたち

この流氷が岸を離れる「海明け」により、始まるオホーツク海沿岸の毛ガニ漁は、地元の漁師さんの中では本格的な春の訪れを感じるものといわれています。

豊富なプランクトンを運ぶ流氷の下で、たっぷり栄養を蓄えた毛ガニは、実入りが良く、風味豊かでうまみが増しているのが特徴。

また、海水の温度が低いこの時季は、特にミソの味が濃くて美味なんだそう。

北海道の味覚を代表する毛ガニ!「味覚王」なんて呼ぶ人もいます

市場関係者の関心も高く、競りでは注目を浴びていました。

「持ち比べてみて重いものや、お尻が盛り上がったものを選ぶといいよ!」とは、卸売業者さん。

「ボイルもいいけど、お刺身や天ぷらも絶品だよ、殻や抱き身はみそ汁や鉄砲汁だね!」

「ここの毛ガニ、味が濃くて好きなんだよな~」なんて、小売業者さんの声も。

オホーツク海から市場に届いた春の便り。

食べるなら、やっぱり・・・

「今でしょ!」

kai。

Comments are closed.